任侠野郎の作品情報・感想・評価

「任侠野郎」に投稿された感想・評価

この映画で涙出そうになったのは、俺がおかしいからなのか?
風来坊

風来坊の感想・評価

3.5
慕っていた親分の仇を討つため、たった一人で敵対の組に乗り込み敵の組長の命を獲った伝説の極道と呼ばれる柴田源治は長い服役生活を終え、世話になった姐さんの葬式に出向くがそれがきっかけで田舎町の温泉施設を巡る利権争いの渦に巻き込まれていく…。蛭子能収主演の硬派な任侠アクション。

蛭子さんに極道は似合わないという声がありますが、そもそも「カッコいい蛭子さんを撮ろう」という企画コンセプトで製作側もギャップを狙っての事なので、そこにケチをつけたら始まらないと思います(笑)
ストーリーは堅気になった男が再び極道の抗争に身を置くという任侠物の定番ですが、そこに意外性のキャスティングで新鮮さが出ていて狙いがハマった感じです。蛭子さんが好きな競艇ネタもあって面白い。

蛭子さんはやっぱり蛭子さんなんですが…「うぇーい」とか叫び声にはちょっとゲンナリしちゃいますが…目が据わった演技はなかなか迫力がありました。いつもじゃないですが所々はカッコいい。実際は動きがもっさりしているのをスローモーションの殺陣で誤魔化してはいたものの、逆に迫力が出ていたし吹き替え無しでよく頑張っていたなと思います。演技全体はやっぱり残念…。

意外性を狙ったキャスティングは蛭子さんだけでなく、女組長の役でトリンドル玲奈さんが出演しています。演技は…うーん…ですがこちらも新鮮な感じで良かった。肌が白いので着物がよく似合っていました。その他、個性豊かなキャスティングで源治若い頃を演じた千鳥の大悟さんのぎらついた感じは良い。佐藤二郎さんはこういう変態チックな役は安定感抜群。あと冒頭の微動だにしない猫がスゲエ(゜ロ゜)

槁本マナミさんがお色気担当で出演しているが、彼女よりも元NGT48の北原里英さんの方が色気がありました。更におバカな女の子を好演していて、「なになに~」で退場は最後までおバカで演技と演出が見事でした。物語が進むに連れ蛭子さん達に違和感は無くなって来ましたが、中尾明慶さんがどうも空回りしている印象で最後まで違和感…。

源治が何年服役していたのか知らないが、他があまり変わっていないのに源治だけ若い頃と変わりすぎはツッコンじゃいけないのかな(笑)
ストーリーは大した事ないけど任侠物の古臭さ人間臭さと仁義のツボを抑えていて悪くないです。エンドロール後に補足がありますが、それは本編でやらなくてはいけないのでは?エンドロール観ない人も居るので…。

スゴく酷評されている本作ですがギャップの狙いは良かったし、時間も短いしサクッっと観れて良いし、三味線の音色が流れるなかのクライマックスのかちこみシーンは迫力がありました。キワモノですが企画ものとして個人的には楽しめました。
蛭子さんは何やっても蛭子さんだから、なんか笑えてくる上に演技が下手すぎるので映画全体が劇に見える。任侠映画なんてなおさら非現実的だから、演技が上手くないと崩れていくから無理矢理蛭子さんにやらせているように見える。
丼

丼の感想・評価

1.8
観終わった後に熟読した蛭子さんのウィキペディアが面白かった。キャストは豪華
Iri17

Iri17の感想・評価

1.0
うーん、これは今まで観た映画の中でもかなりダメな方かもしれない。
気に入らない点を言ったら永遠に書き続けられるくらい全ての面においてつまらなかった。蛭子さんの棒読みキツい…

唯一良かった点は、意外に千鳥の大悟の演技が素晴らしかったのと、安定の佐藤二朗ですね。
こわいもん見たさで見てみた笑。
kurasaki

kurasakiの感想・評価

3.0
蛭子さん頑張ったwww
Tiara

Tiaraの感想・評価

3.5
台詞が真面目
二朗さんのコントがツボ
ラストの蛭子さんは凄み
至極中途半端な作品。
真面目にすんのか、ふざけるのか。
蛭子さん使ってる意味は?
コレだと蛭子損でしょ。
そんな言葉ないけど、蛭子損。

脚本も十二分に悪いのだけど、
キャストが無駄に豪華なだけにタチが悪い。無駄にすなよ。

蛭子さんの代わりに毒蝮三太夫がやったらもうちょい上がったかも。

大悟はこんな演技凄いのに出る映画がいちいちイマイチすぎる笑
>|