海を通る彼女

ぼくは明日、昨日のきみとデートするの海を通る彼女のレビュー・感想・評価

3.3
小説を購入したものの読まず仕舞いで映画で拝見しました。泣かないと思っていたけれど泣いてしまい兎に角せつない作品でした。