• Filmarksトップ
  • ぼくは明日、昨日のきみとデートするの感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:111分
    監督
    三木孝浩
    脚本
    吉田智子
    キャスト
    福士蒼汰
    小松菜奈
    東出昌大
    山田裕貴
    清原果耶
    大鷹明良
    宮崎美子
    あらすじ
    京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。そして、二人の運命は“すれ違い”始める―――

    「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に投稿された感想・評価

    小説を購入したものの読まず仕舞いで映画で拝見しました。泣かないと思っていたけれど泣いてしまい兎に角せつない作品でした。
    ma
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    タネ明かしされてからも、
    ん?どゆこと?ってなって、しばらく考えながら観てた笑

    12時すぎたらどこいくの?
    明日は何時からどうやって現れるの?とか

    あと「僕たちは輪になって…」っていうセリフあるけど、どちらかがどちらかを追っかけっこして日々を過ごしてるわけじゃないから、端と端がつながってるわけじゃないよね、、?
    ○っていうか×(クロス)した時間軸なんだよね、、?!
    分かんなかったからそのセリフが響かなかった。。

    けど最後の10〜15分が良かったです
    気になった細かい設定無視して、純粋に切ないなあと思いました
    Daichi
    3.9
    久しぶりにラブストーリーで泣いたやつ。
    設定自体はおもしろいけど、詰めが甘々で途中リタイア。
    J
    4.4
    ベンジャミンバトンみたいだなと思いつつ、ちょっと設定が違くて、、

    でもこれ、男と女の思考の違いみたいなのすら感じていいね、、ダメだよ男子君。すれ違っても、その運命の輪の中にいて、それを受け入れてくれている女子君がいるんだよ、、それに気付けないのは悲しいね。自分が悲しいだけじゃなく、お互いが悲しいものなんだよね。。これは現実に落とし込めるな、、いいね。

    いいね、自分にとって最初が彼女にとっての最後か。

    いいね、この映画。
    katy
    3.5
    タイトルそのまんまなのに、まったく思いつかない設定だった。考えすぎちゃってよくわからなくなりそうだったけど、しくみがメインじゃないので考えるのやめました。笑
    1回目でも十分楽しめるけど、2回目観た時には小松菜奈ちゃんの細かな表情のせつなさに気づけてよかったな。
    REO
    4.3
    なお
    さなだ
    4.2
    素晴らしい👏
    nodoka
    -
    原作がうまく映画化されてる。
    >|