ぼくは明日、昨日のきみとデートするの作品情報・感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート…

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。そして、二人の運命は“すれ違い”始める―――

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に投稿された感想・評価

小説を購入したものの読まず仕舞いで映画で拝見しました。泣かないと思っていたけれど泣いてしまい兎に角せつない作品でした。
まぁおおまかに捉えちゃえばいい話なんだけどツッコミどころ結構あるよね?!ベンジャミンバトンのほうがしっくりくる。なぜ30日でお別れ?!子供のエミは誰が面倒見てたの?!
小松菜奈が死ぬほど可愛かった
夢をかなえてドラえもんか、、、ドラえもん欲しい
なんか歯磨きしてるシーン欲しいなあ、人間味がないぞこいつら
和製ベンジャミンバトン
毎回見る度に泣いてしまう。原作も映画もだいすきです。
Mai

Maiの感想・評価

2.3
全然理解できなかったけど、もう一度、見て理解したいとかも思わない映画。
yanitaro

yanitaroの感想・評価

4.5
小松菜奈の泣いてる理由が後に分かっていいって、とても泣いた。
邦画の恋愛物だと馬鹿にしてたのが恥ずかしい。
面白かった!
>|