ぼくは明日、昨日のきみとデートするの作品情報・感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート…

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。そして、二人の運命は“すれ違い”始める―――

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に投稿された感想・評価

小説を購入したものの読まず仕舞いで映画で拝見しました。泣かないと思っていたけれど泣いてしまい兎に角せつない作品でした。
yuna

yunaの感想・評価

3.0
仕組みについて疑問点が思いつきすぎて、恋愛面に集中できなかった。あとから疑問をちゃんと補完できたので良くできているし、面白かった。

純愛だけど、今後縛られるべき恋ではないと思ってしまうあたり、擦れた大人になってしまった、というか、そもそもファンタジーとして世界に入れてないんだな、笑
まぁ細かいことはいいんだよ私は、大好きです、このての話は。切なくてなきそうになり録画したのをみかえしました。
内容を知らなければ、かなりいい作品だと思う。小松菜奈の演技が良かった。
(本日=2017年11月18日、鑑賞)

不思議で微笑ましい映画を観てしまった。
恐らく若者向けの作品だと思うが、イイ歳して、何となく観た。(歳はヒ・ミ・ツ 笑)

20歳で出会った或る男女(小松菜奈、福士蒼汰)の人生の時間軸がポイント。これは、タイトルから想像できるが、実際に映画観ると「なるほど~、ビックリ」の感じ。

泣きそうになってしまうナカナカの感動作であった。

<映倫No.120719>
背骨

背骨の感想・評価

5.0
母が借りてきたから見た,最初興味なかったけど,後半は涙が止まらなかった。
あやか

あやかの感想・評価

3.5
原作を読んでいた為、あまり感動はしなかった。

最後に映画のタイトルの意味がわかる!
感動して涙した。
>|