ぼくは明日、昨日のきみとデートするの作品情報・感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート…

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。そして、二人の運命は“すれ違い”始める―――

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に投稿された感想・評価

小説を購入したものの読まず仕舞いで映画で拝見しました。泣かないと思っていたけれど泣いてしまい兎に角せつない作品でした。
文句無く泣ける映画だけど、映画としての完成度はそれほど高くないと感じました。
泣きたくなったらまた見ます。
ぼくにとっては明るい未来の「明日」
きみにとってはもう二度と来ない「昨日」

設定がくぅ〜〜っと切ないんだけど、
いまいち理解しようとしちゃって全力で感情移入できず……
akari

akariの感想・評価

-
理解するまでに時間かかった〜
一回で理解できるけど
二回見ないとスッキリしない
つの

つのの感想・評価

3.9
普通に切なく面白かった
小松菜奈が素敵
友達が理解してない中、1人で大号泣した映画。
ありえない設定だし、現実味はないんですけど、それは一先ず置いといて観れるというか。とても不思議な映画でした。
泣きはしませんでしたが、多分きっと泣けます(笑)
オチも付箋回収もすぐ誰が観ても分かるんですけど、それでも面白かった。
こういう恋愛物はあんまり観ない自分ですが、とても面白かったです!!
ykyk

ykykの感想・評価

4.0
不思議な物語。
これが最初、これが最後。
その瞬間が重なる時を思って、
一瞬一瞬を大切にしたくなるおはなし。
Mizhas

Mizhasの感想・評価

3.2
タイトルと予告編の時点で単なるラブコメじゃないことは予想してましたが、中々面白かったです。
終わり方もご都合主義にならず、ちゃんと切なくしてくれて良かった。

正直設定明かされるまでは、美男美女すぎて感情移入できるわけねえと思ってたし、付き合ったばかりとはいえイチャイチャしすぎやろと私の嫉妬心が反発してたけど、最後はほろりと泣いてたね……。

福士くん、こういう童貞っぽいというかウブな男子は似合います。
小松さんも天真爛漫ってほどじゃないけど、明るく努めてくれてる健気さみたいなのが出てて良かった。
二人とも芝居でどうのってわけじゃなく本人の気質が出てたはまり役だったのかなぁと思いました。

ふう、甘酸っぱいデートしてえ。
>|