ぼくは明日、昨日のきみとデートするの作品情報・感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート…

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。そして、二人の運命は“すれ違い”始める―――

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に投稿された感想・評価

小説を購入したものの読まず仕舞いで映画で拝見しました。泣かないと思っていたけれど泣いてしまい兎に角せつない作品でした。
白獅子

白獅子の感想・評価

3.5
良かった!!!
けど所々ん?って思うところが…

原作先に読んでるとどうしてもそう思ってしまうし結末も知ってる。けど観ちゃう😆笑

原作の時から話の内容は素晴らしいと思ってたから借りて後悔はしてないです!
ふゆ

ふゆの感想・評価

3.5
私をずっと覚えていて なんてね 嘘だよ 元気でいてね back numberの歌詞がこんなに染みたの初めてだ
AnnaOgino

AnnaOginoの感想・評価

3.8
柄にもなく号泣笑
本で読んでいたので、映画は尚一層感動しました。わかりやすい。
たかとし側、えみ側、どちらの視点から見ても切ない話だなあ…
普段はこの手の映画見ないけど、たまにはと思って見てみたらなかなかよかった。
marino

marinoの感想・評価

3.6
ただただ、切ない。
叡山電車っていいよね。

秋が終わったら冬だ…
そうだ、京都行こう。
ちょっと ? と思うことはあるけど感情移入しやすい私にとっては泣ける映画でした
こまつちゃんがひたすらに天使です
小松菜奈がひたすらかわいい
>|