ぼくは明日、昨日のきみとデートするの作品情報・感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート…

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。そして、二人の運命は“すれ違い”始める―――

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

公開が多くの劇場で終わって行く中、なんとかギリギリ鑑賞。

最近見た恋愛映画の中ではとても良かった。設定にただ忠実に作っていて、ご都合主義で興ざめってことがない、とても良い映画だった。
元々タイムリープもの(?)な雰囲気のタイトルだったから、自分の好きな話ではあると思っていたけど、ありがちな話ではなく、ちゃんと予想を超えた展開だった笑

冒頭のシーン。小松菜奈の彼女としての愛嬌たるや。あんなん感情移入するわ。そのシーンがあるから、後半更に物語に飲み込める。
中盤入るころには、かなり展開が進んで、びっくり。でも、きちんと話は進んで最後も良い感じの締め。

個人的には、エンディングロールは電車からの風景ではなく、2人のデートシーンを流して欲しいなって思ったけど、そしたら更に観客が涙腺崩壊するから、あれはあれでよかったのかな笑
たかとし側、えみ側、どちらの視点から見ても切ない話だなあ…
普段はこの手の映画見ないけど、たまにはと思って見てみたらなかなかよかった。
marino

marinoの感想・評価

3.6
ただただ、切ない。
叡山電車っていいよね。

秋が終わったら冬だ…
そうだ、京都行こう。
ちょっと ? と思うことはあるけど感情移入しやすい私にとっては泣ける映画でした
こまつちゃんがひたすらに天使です
小松菜奈がひたすらかわいい
momo

momoの感想・評価

2.0
ん?ぜんぜんわからなかった。分かりそうな部分もあったけど。こんがらがる難しい。
shiho

shihoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

時系列もの好きなのに…

そして→→→→
←←←→
グラフで見たら分かるけど、実際問題謎が多すぎました。
恋愛ものだからなのかピンとこなくて感動できなかったです(TT)

そもそも、えみ(小松菜奈ちゃん)の世界はどこにあるの?謎すぎる!
gen

genの感想・評価

4.0
記録
>|