• Filmarksトップ
  • ぼくは明日、昨日のきみとデートするの感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:111分
    監督
    三木孝浩
    脚本
    吉田智子
    キャスト
    福士蒼汰
    小松菜奈
    東出昌大
    山田裕貴
    清原果耶
    大鷹明良
    宮崎美子
    あらすじ
    京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。そして、二人の運命は“すれ違い”始める―――

    「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に投稿された感想・評価

    SHOWWW
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    公開が多くの劇場で終わって行く中、なんとかギリギリ鑑賞。

    最近見た恋愛映画の中ではとても良かった。設定にただ忠実に作っていて、ご都合主義で興ざめってことがない、とても良い映画だった。
    元々タイムリープもの(?)な雰囲気のタイトルだったから、自分の好きな話ではあると思っていたけど、ありがちな話ではなく、ちゃんと予想を超えた展開だった笑

    冒頭のシーン。小松菜奈の彼女としての愛嬌たるや。あんなん感情移入するわ。そのシーンがあるから、後半更に物語に飲み込める。
    中盤入るころには、かなり展開が進んで、びっくり。でも、きちんと話は進んで最後も良い感じの締め。

    個人的には、エンディングロールは電車からの風景ではなく、2人のデートシーンを流して欲しいなって思ったけど、そしたら更に観客が涙腺崩壊するから、あれはあれでよかったのかな笑
    YutaShoji
    4.0
    小松菜奈ちゃんひたすらにかわいい
    たろう
    4.2
    この映画は気づいたら主観的になってるな。儚さを感じる。対象の女性が小松菜奈だからかも。小松菜奈かわいすぎるでしょこれ!何回泣きそうになったか!
    せつない
    切ない。小松菜奈よき。
    意外と良かった
    うるうる
    恋愛ものってそんなに好きじゃないのにとてつもなく面白かった!

    終わりが分かるのはせつない。

    なんてことないことでも、未来から見たらすごく大切な時間なことって結構あると思うし、難しいことだけど、終わりが分からなくてもすべてを大切にしようと思った。
    ejoty
    4.0
    恋愛映画には抵抗がありましたが、この作品は本当によかったです。
    今からもう一回観直します。
    mish
    3.5
    なるほどなあと言った感じ。
    切なくなった。
    2017/7/22

    切ない。。。
    >|