ぼくは明日、昨日のきみとデートするの作品情報・感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート…

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。そして、二人の運命は“すれ違い”始める―――

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

公開が多くの劇場で終わって行く中、なんとかギリギリ鑑賞。

最近見た恋愛映画の中ではとても良かった。設定にただ忠実に作っていて、ご都合主義で興ざめってことがない、とても良い映画だった。
元々タイムリープもの(?)な雰囲気のタイトルだったから、自分の好きな話ではあると思っていたけど、ありがちな話ではなく、ちゃんと予想を超えた展開だった笑

冒頭のシーン。小松菜奈の彼女としての愛嬌たるや。あんなん感情移入するわ。そのシーンがあるから、後半更に物語に飲み込める。
中盤入るころには、かなり展開が進んで、びっくり。でも、きちんと話は進んで最後も良い感じの締め。

個人的には、エンディングロールは電車からの風景ではなく、2人のデートシーンを流して欲しいなって思ったけど、そしたら更に観客が涙腺崩壊するから、あれはあれでよかったのかな笑
mihoshiiii

mihoshiiiiの感想・評価

3.8
やっとみれたー。
小説読む前にみてしまったけど、
最後のシーンは泣けた。
原作も読もう!
まい

まいの感想・評価

3.9
3日間にわけて、ぶつ切りで見たのをめちゃめちゃ後悔した…!

最後のエミの視点のシーンが、切なすぎる、、、なにも知らない人タカトシに言う、エミの「また明日。」でボロ泣き、、、
さち

さちの感想・評価

3.5
今年5作目。
小説では感動して泣いた。
映画でも泣いた。
原作のイメージはもっと清楚な女の子だったけれど、普通の人と違う生活を送っているという話の中ではこまつなちゃんでもいいのかなと思った。
でも、どんどん他人行儀になるの辛すぎる。
sou

souの感想・評価

3.6
面白かったです。
タイトルからループ物かなと思ったら絶妙に違いました。
タイトル出すところでここまでが導入なの!?と驚きました。
光の撮り方凄すぎて小松菜奈が常時キラキラしてます。マブイ女だよまったくって感じでした。

小松菜奈ちゃんのちょっとお魚っぽい顔好きですし序盤のわざとらしい演技良いですね。
東出くんって声質が特徴的なのでこういうおちゃらけたキャラの方が合ってますね。
M2

M2の感想・評価

4.5
予備知識なく見たが、まずは福士蒼汰と演技の下手さと、それをかき消す小松菜奈の魅力にやられる。この女優さんは、どの映画見ても印象に残る。
真相がわかるとスッキリとするが、より切なさに涙を誘う、良作。
harunon

harunonの感想・評価

3.4
小説読んでたからもう最初から泣ける
おじ

おじの感想・評価

4.1
小松菜奈かわいすぎ
泣けるとこは泣ける
だだだ

だだだの感想・評価

4.0
使ってるフィルムが好き
ネタわかってから最後まで涙止まらない
>|