ぼくは明日、昨日のきみとデートするの作品情報・感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート…

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。そして、二人の運命は“すれ違い”始める―――

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に投稿された感想・評価

今この瞬間に隣で相手を想えることがあまりにも幸福で涙が溢れるんです、愛してるってそういうことだと思います
京都という設定と、バックナンバーのおかげでぎりぎり3。
頭ぐるぐるさせて観た
【あらすじ】
京都の美大に通う高寿は、いつも通りに大学へ向かう電車の中で愛美と出会い、ひと目見た瞬間、恋に落ちる。勇気を振り絞って声を掛け、また会う約束を取り付けようとした高寿だったが、それを聞いた彼女は突然涙してしまう。愛美のこの時の涙の理由を知る由もない高寿だが、不器用な自分を受け入れてくれた彼女にますます惹かれていく。そして初めてのデートで告白した高寿は、OKをくれた彼女との交際をスタートさせる。

【感想】
タイトルから一週間フレンズのパクリだと思ってたのですが、なるほど逆転ですか。
時間軸の違うお話は数あれど、似たような話はベンジャミンバトンくらいしか思いつきません。

小松菜奈がカワイイ。
殆ど福士蒼汰とふたり芝居。

青春恋愛映画はあまり得意分野ではありませんが、面白かったです。
晦日

晦日の感想・評価

3.5
まさかの中盤がクライマックス。
デートを楽しむ小松菜奈を見て「アーーー!!」とか「ウ〜〜〜!!」とか「キエーーー!!」と叫んでいたら最後のバックナンバーで不覚にも泣きそうに……。
ほとんどのシーンが主演の2人だけしか出てこないのもなんだか切ない。
Natsuki

Natsukiの感想・評価

4.0
原作を先に読んでるから、
初めの電車のシーンとか
「ん?若干違うような…。これは原作と違うパターンか⁈」と思った。

けど、そんな事なかった。

自分の中で愛美ちゃんはもっと可愛いキャラだったから「ん?違うかも」と思った。

けど、そんな事なかった。

ミステリアス雰囲気ある小松菜奈だからタイムリープ設定に合ってるし、
福士蒼汰だからイケてない大学生風成り立ってる。

東出くんの美大に居そうなセンスで無理やりまとめたようなぶっ飛んだファッションも良い味出してる。

原作を自分のペースで行ったり来たりして読んで解釈出来てるほうが逆に映画が楽しめる珍しいパターンかもしれない。

久々にボロ泣きしたー。
思いやる2人、尊い。。。
全然共感できないし切なくない
ゆうき

ゆうきの感想・評価

3.5
だんだん切なくなって、
2回目も観たくなる。とにかく切ない
hockt0809

hockt0809の感想・評価

3.9
最初のワクワク感。途中で知る真実。もう後半は切なくて切なくて。初めての感覚なのによくわかる、よく出来た映画でした。
>|