ぼくは明日、昨日のきみとデートするの作品情報・感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート…

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。そして、二人の運命は“すれ違い”始める―――

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に投稿された感想・評価

小松菜奈かわいい
めちゃくちゃ泣いた
mya

myaの感想・評価

4.0
原作を事前に読んでいたにも関わらず
楽しむことができた珍しい作品
ひたむきな想いと限られた時間を大切に、
「日常」ってとても大事なんだなーと
KokiIde

KokiIdeの感想・評価

3.5
軽い映画を観ながら寝落ちしようと思ったらとんでもない作品。まーーーーー寝れない。

小説を読んでないだけあってしびれた!

前半は、中学生みたいな純愛を描いてる。手を繋いでファーストキス。なんかの懐かしさと、甘酸っぱさのある小説。と思ったものの映画終盤で

時系列的接点で、かつ分岐点を迎える。

ここがまーーーーー見応えがある。

「上山くん久しぶり」の一言に衝撃、感動、面白さを感じた。

具体的には、ネタバレがあるから控えるものの、運命を夢見させてくれる不思議で素敵な作品なことだけは伝えられる。

強い女ってやっぱカッコいいなー

そしてきっとこれは素晴らしい小説だ。

※酔っぱらって観賞したことを反省
小松菜奈かわいすぎた。こういう恋愛映画嫌いじゃないです
1回だけみても内容が理解できないです。基本2回みるの必須です。内容的にはいい映画なので私としては大満足です。
小松菜奈がとてもかわいいです。
こういうストーリーと福士蒼汰さんが苦手。
空気から声から喜怒哀楽の表情まで、福士蒼汰くんと小松菜奈ちゃんだからこそ、の映画だったと思う。二人の魅力が最大限に生かされて相乗効果を生んだ美しい作品だった。
>|