ぼくは明日、昨日のきみとデートするの作品情報・感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート…

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。そして、二人の運命は“すれ違い”始める―――

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に投稿された感想・評価

獲物を求めナンパ師が牙を研ぐ。美大に通いながら探し求めてきたのさ。一目惚れしたと純情ぶりをアピールし、たどたどしく告白したら簡単だったぜぇ〜。でも、彼女は恐るべき肉食獣だった!

と思ったら悲しい話じゃないか、コンチクショー!
基本映像って、矛盾をなくす作業やから辻褄しっかり合わすはずやねんけど原作からすでに矛盾してるとこあるから相当苦労して撮影した気がする。それやのに、あまり考えさせないほどストーリーにのめり込めた。だいぶ、苦労したんちゃうんかな。
原作知ってたんで、出だしから感動しました。
恋愛映画っていや、ほんまにこんなハッピーエンドなる?ってなる人やからぶっ飛んでる方が面白く感じてしまう(笑)
こまってぃさんインスタフォローしようと思ったけどインスタやってなかったおわた

5歳と35歳までいける
TTY

TTYの感想・評価

3.4
原作とはまた魅せ方を変えた脚本でしっかり泣ける作品だった🙆‍♂️
原作を読んでから観ました。美男美女の配役は絵になります。良い映画でした。

ただ原作よりも端折っているので、原作を読んでいない人にとっては、感情移入しにくいような気がしました。
原作は未読ですが、実写化とは思えないほど配役も良く、クオリティもとても高いと思いました。
付き合った2人が、切ないのに初々しい。初々しいのに切ない。時系列が逆に進んでいるので、2人の視点も全く逆というのが新鮮ですごく切なく感じました。
映像もとても綺麗。
小松菜奈ちゃんの儚く切ない演技が素晴らしかったです。自分の中で逸材の女優さんだと確信しました
TANEHARU

TANEHARUの感想・評価

4.2
恋愛映画だろって舐めてかかって自爆した。久しぶりに嗚咽漏らして泣きながら見ました。小松菜奈の透明感が素晴らしい。
かいつ

かいつの感想・評価

2.6
恋人とお家でまったりしながら見るのにいいかもしれません
恋人いませんが
>|