ぼくは明日、昨日のきみとデートするの作品情報・感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート…

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。そして、二人の運命は“すれ違い”始める―――

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に投稿された感想・評価

獲物を求めナンパ師が牙を研ぐ。美大に通いながら探し求めてきたのさ。一目惚れしたと純情ぶりをアピールし、たどたどしく告白したら簡単だったぜぇ〜。でも、彼女は恐るべき肉食獣だった!

と思ったら悲しい話じゃないか、コンチクショー!
小松菜奈好きになった
切ない恋愛ですっごく泣いた
30日間の縛りプレイの中で主人公が成長していく物語。
面白い。泣いた。

タイトルが表示されたあたりで、なんなんだよ!と思わず叫んだ。(酔っ払い)

中盤から段々話が見えてきて、黒板にバネみたいな図が描かれてるシーンで完全に理解。ここで冷静に考えてしまって、一旦冷める。

だっておかしいんだもん。あんまり書くとネタバレになるから書かないけど、条件がおかしい。1日という社会的な単位が構成に含まれる超ご都合設定じゃん。そっちの世界ではどうやって整理してるんだよ。オールとかできないの?

ただね、バカだなーと思いながらも、さすがご都合設定だけあって、これを真として受け入れられれば、超切なくて泣ける。

後半の演出が良く出来ていて、ちゃんと設定を活かし切ってる。最後に全部分かるんじゃなくて、途中で分からせた上で、後半はわざわざ泣かせにくる。悔しい。

おかげでワイン1本を美味しく飲み切れた。福士蒼汰ありがとう。
Yasuda

Yasudaの感想・評価

4.0
エンドロールのbacknumberがいい仕事をしすぎている。エンドロール飽きずに最後まで見ていられた。キレイすぎる出会いと気持ち悪いくらい出来上がったラブストーリーに前半は引いてしまったが、不覚にも回想シーンにグッと来た。タイトルの意味がわかったあともきちんと揺さぶってくるのはさすが。小松菜奈は天才
TsutomuZ

TsutomuZの感想・評価

3.5
恋は刹那だから永遠に美しい。

もしくは、光源氏計画は日本の恋の伝統技だと、この映画は教えてくれる。
cony

conyの感想・評価

3.4
いつも涙もろくて何でもすぐ泣いちゃうのに、この映画に関しては時間軸を把握するのに必死でそれどころでは無かった(笑)
福士くんの肩幅、理想的すぎて困るなぁ。#31
最後の「また明日」のセリフとともに泣いた。普通に泣いた。原作も読んでみたいところ。
>|