ぼくは明日、昨日のきみとデートするの作品情報・感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート…

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。そして、二人の運命は“すれ違い”始める―――

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に投稿された感想・評価

sommer

sommerの感想・評価

2.9
あまり興味のない感じの映画だと思ってたから、最初から斜に構えて見ていたから、もっとしっかり見たらよかったかもしれない。
A

Aの感想・評価

3.3
本もぐっと
やまだ

やまだの感想・評価

3.3
原作を偶然発売日に入手して読んだときは衝撃的だったけど、やっぱそれを実写化するのは無理があるというか。

もともと理解しがたい話だし、原作の帯にも「読み返した時に秘密に気付く」みたいなこと書いてあって、複数回読むのが前提みたいになってて
内容はおろかセリフまで覚えちゃってる箇所もあったし

そういう土台がある上で映画を見てしまうと、面白さ半減どころか2万分の1くらい。
RunoKato

RunoKatoの感想・評価

3.6
せつない

このレビューはネタバレを含みます

友人二人に良いって言われてみた。
お話的には暖かくてクリーム色な感じで静かで穏やかな感じ。とても見てて心地よいトーンだった。
話の肝となるのはやっぱり時間軸のとこだと思う。最初小松菜奈は未来から若返っていってるのかと思ったけど20歳の時に取る家族写真を30歳の時に持ってたり15歳の小松菜奈は20歳の時の記憶がなかったり未来から若返っているわけではないとわかった。けど、じゃあどういう時間軸なのかよくわからなかったからググった。そしたらいわゆるタイムリープをしているのだとわかり納得。ただ、なんかタイムリープだとなんかなんでもありな感じになる気がして違うトリックがあったらよかったなと少し思った。自分では思い浮かばないけど、、笑
福士蒼汰の「今までの一緒にいた思い出を知らないエミが目について辛い」みたいな台詞、なんかぐっときた。確かに言ったことのなかった隠し味のチョコレートを知ってるのはまだポメラニアンの二度目の散歩を始めての散歩って言われるより悲しくならないなって思った。今まで一緒に過ごしてきた時間が彼女にはなくてそれを節々で感じるのは辛いと思った。
でも逆に小松菜奈が最初の方に泣くのがそれが彼女の最後の手繋ぎだったり名前呼びだったりしたからだってわかった時はそこもまたぐっときた。なんか見てる側としては福士蒼汰と一緒に初めての〜ウキウキ見たいな感じだけどそれが同時に彼女には最後のってわかるととても切ない。
一番この映画で今まで見たものと違うって感じた良さってか私的好きなとこは福士蒼汰の初めてと小松菜奈の最後の対比だと思う。
本当に、初めての手繋ぎや名前呼びが片方にとっては最後の手繋ぎと名前呼びって想像するとすごく胸がぎゅっとなる。
リ

リの感想・評価

-
お涙頂戴みたいなのはあんまり好きじゃないけれど、菜奈ちゃんの泣きにやられた 菜奈ちゃんファンには堪らない
ぼろぼろ泣いた
MaikaGoto

MaikaGotoの感想・評価

3.0
こんなの泣いちゃうよ~
小松菜奈可愛すぎるよ~
>|