ぼくは明日、昨日のきみとデートするの作品情報・感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:111分

3.6

あらすじ

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート…

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。そして、二人の運命は“すれ違い”始める―――

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に投稿された感想・評価

sommer

sommerの感想・評価

2.9
あまり興味のない感じの映画だと思ってたから、最初から斜に構えて見ていたから、もっとしっかり見たらよかったかもしれない。

このレビューはネタバレを含みます

最初の10分くらいだけ。面白いのは。
ペラペラな内容のセリフたちに逆に感動を覚えた。
あと登場人物が4人程しかおらず、
世界に2人しか存在しないないような自己中恋愛映画はもう卒業かと…歳をとったなぁ

んで終始殆どセリフがくさい…
ど定番の流れの既視感でもう辞めてくれと言いたくなる
ただし最後のバックナンバーの歌は何度聞いても名曲。
この国宝級の美男美女だから尚更セリフ回し、脚本がチープに感じるのかなとも思う

20前の子にはウケそう。

最後すごく大事そうな場面で
「2人で1つの命だ!!!!」
って言ったのがなんとも…
一心同体という意味?
最初意味が分からなすぎて爆笑した。
セリフ考えるの、ど素人かな

こんな酷評したくなるの久しぶり。
もはやPVより浅い
iku

ikuの感想・評価

3.3
考えすぎるとちょっと難しくなっていく。
2回みたらもっと楽しめるのかも!!
わたしは途中で眠くなったりしちゃったけど...笑
このようなことは起きないかもしれない。

だけど、愛しい人といる時間はその一瞬にしか存在しないってこと。気づいた時にはその瞬間は過ぎ去っていて…次いつその時のきみに会えるかなんて分からない。短い時間、大切な時間を思いおこさせてくれる作品
途中で意味わからなくなったけど、すれ違っていくとことかみて切なくなった。
SHOKO

SHOKOの感想・評価

3.8
観る前タイトル意味不明やったけど、観た後タイトルそのまますぎて笑った
菜摘

菜摘の感想・評価

3.2
時間軸の事を考え始めちゃったら途中わけわかんなくなってしまった🤦🏻‍♀️
でも最後の方は少し切なくなった( ; ; )
Riko

Rikoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

すごくいいストーリーだったけど、私の頭がついていけなくて途中何度か止めた。
それでも号泣した。


僕にとっての最初は君にとっての最後ってセリフに泣いた。
>|