ぼくは明日、昨日のきみとデートするの作品情報・感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート…

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。そして、二人の運命は“すれ違い”始める―――

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に投稿された感想・評価

HarusaSato

HarusaSatoの感想・評価

4.1
ただひたすら小松菜奈が可愛い🤭❤️
小説とストーリーは変わらず🤷‍♀️
ishooooo

ishoooooの感想・評価

3.6
福士蒼汰、小松菜奈のベタベタ恋愛ストーリーかと思いきや、題名通りの原作アイデアに感嘆。「また明日」の重さ。BGMの無駄遣いも少なくて◎
satomi

satomiの感想・評価

3.4
記録用
pan

panの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

恋愛もの苦手なのに果敢に挑んだのは、「京都ロケ」「今はなきマイフェイバリットムービーシアターのみなみ会館もロケに使われている」という理由から。

みなみ会館ほんの一瞬だった。
ま、そんなものよのう。

片方はA→B
片方はB→A
と時間が逆に流れていて、お互いに5歳の時に相手を助けていて二十歳の30日だけ一緒に過ごせるというSF風味の織姫彦星ストーリー・・・なのかな?
いや、私本当に時間に弱くって(^^;
この人たちずっとループしてるらしいんですけど、なぜループしてるのかが全く理解できません。
どうして時間が逆に進む者が同じ時空に存在していられるのか、彼女の「私たち家族がこっちの時間に来たのは、私が5歳の時」って説明だけだったようなんですけど(たぶん)家族ぐるみで逆走してるんですかね。
見始めてすぐに「ん?『マリーン』みたい」と思ったのは、あながち間違いでもなかったかも。
(『マリーン』はあれ死んでから遡ってるから、ちょっと違うかもだけど)
私の頭の中はハテナマーク一杯で終わっちゃったけど、きっとそんな事は考えずに見るのが正解なんですよね。
スマソ(^^;
A

Aの感想・評価

3.3
本もぐっと
やまだ

やまだの感想・評価

3.3
原作を偶然発売日に入手して読んだときは衝撃的だったけど、やっぱそれを実写化するのは無理があるというか。

もともと理解しがたい話だし、原作の帯にも「読み返した時に秘密に気付く」みたいなこと書いてあって、複数回読むのが前提みたいになってて
内容はおろかセリフまで覚えちゃってる箇所もあったし

そういう土台がある上で映画を見てしまうと、面白さ半減どころか2万分の1くらい。
RunoKato

RunoKatoの感想・評価

3.6
せつない
>|