鬼談百景の作品情報・感想・評価

「鬼談百景」に投稿された感想・評価

yap

yapの感想・評価

3.0
2017.06.25鑑賞。オムニバスホラー。中村監督の怖がっていいのか、笑っていいのかわからない冒頭の「追い越し」から始まる。女性の表情のドアップで終わるあたり、笑わせたいのだと思っている。監督のスケジュールの都合上と思われるあの撮り方はコワさもやっぱり半減。
「影男」「尾けてくる」・・・安里監督は「劇場版零」しか観たことなく、好みではなかったのだが、特に「影男」は素晴らしい出来栄え。影男のならす音が絶妙ですね。まるで、拳銃を撃っているようにも聞こえる生理的に恐怖を感じる音。主人公が根岸さんで、舞台が根岸さん演じる女性の自宅=数十年もその家に住んでいるにもかかわらず、突如その空間が霊の恐怖にさいなまれるという設定がありそうでないし、ハードルが高いとも思える。そして、影男はもちろん、根岸さんも十分に怖い笑。「尾けてくる」の男性もそうだけど、キャスティングが良いですね。霊出現後の女子高生のリアクションが遅く、恐怖がそがれると思った。編集のせい?
「一緒に見ていた」「赤い女」・・・大畑創監督。しっかり怖いのだけど、どこかユーモラスな「一緒に~」。突然、ぶちこんでくるすっとんきょうな「赤い女」は恐怖以上に驚きが楽しい作品。
「空きチャンネル」「どこの子」・・・お初の監督。ハマらなかった。
「続きをしよう」「どろぼう」・・・「先生を流産させる会」の内藤監督。依然として、生理的・倫理的にアウトな作品をぶちこんでくる。
「密閉」・・・白石晃士監督。モキュメンタリー作品が多い彼にとって、この手の形式の映画は珍しい。いやぁ、怖いし、マジで面白い。ひたすら上手いなぁと唸る。
個人のベスト3は「密閉」>「影男」>「赤い女」でした。
幾つかに絞って。

「影男」
根岸季衣と山田キヌヲが親子役と云うキャスティングが絶妙。

「続きをしよう」
一作選ぶとしたらこれ。怖さと云うか、不穏さとどんどん搦め捕られていくような逃げられなさの描写がえげつなかった。内藤瑛亮監督だったか!

「どろぼう」
小橋めぐみのアップの表情が素晴らしかった。
MOMO

MOMOの感想・評価

1.5
ほん怖をきゅっ!としたみたい。
そんなに怖くないし、途中から正直
飽きちゃうけど、そこもまあいっかと
思える範疇。全体的にあっさりしてて
サクッと観れた。👁🍅
【VOD視聴】
オムニバス形式の国産ホラー映画。原作は百物語の形をとっていて、100話目が単独で映画化もされている『残穢 -住んではいけない部屋-』なのだそう。ちなみに本作のナレーションは『残穢〜』の主演である竹内結子。
「追い越し」「影男」「尾けてくる」「一緒に見ていた」「赤い女」「空きチャンネル」「どこの子」「続きをしよう」「どろぼう」「密閉」の短編全10話。

私は「影男」「続きをしよう」「密閉」が好き。
どの話もしっかりと作られていたし、少し時間のあるときに小分けにして見られるので、いつでも気軽に見始められていい。

「エクセレーンット!」
m

mの感想・評価

-
1.わらった
2.音が嫌!!音が嫌!!あんな音するほど叩いてたら普通にガラス割れるから!!
3.処女なめんな!的な話(違う)あと死後硬直(違う)風の音も嫌い
4.てゆーかヨッちゃんまじやばい!くそ面白かった!家に入ってくるところ(笑)ドタバタドタバタ!
5.うーん。うるさい←
6.関西弁あれ合ってる?典型的なトイレの花子さん(笑)しかもダンスシュール。そして沸点低い、VSお化けのメンタル強い
7.続きをしよぉ〜!
8.イチジクもクリも美味しそう〜。まあちゃん可愛いよう。舌っ足らずで顔も可愛い。子供達がつけてたお面が不気味ですごく好き!
9.てかすごい、よく開けたよな。私怖くてクローゼット開けられないわ(笑)

あれ?なんか忘れてる?10話あった気がしたけど、気のせいかな←
クズリ

クズリの感想・評価

2.6
「ほんとにあった!呪いのビデオ」関係者が結構からんでいる映画。Amazonプライムにあったので見て見んか、ほんのろ好きだしということで見る。10話もあんの?というのが最初の感想。うーん。期待したものではなかったしテイストは本呪なんだけど「ほんとにあった」体ではないし。
いわし

いわしの感想・評価

4.0
『残穢 -住んではいけない部屋-』の外伝的な話らしいです。
小説家の私(ナレーター)の元に届けられた読者の体験談を淡々と語っていくという形式。
6人の監督がそれぞれ担当しているということで、話の内容はもちろん、各人の表現手法が好みに合うかどうかも影響してくるかと。

「追い越し」
 怖くはない。というか、若干面白い気すらする。
「影男」
 自分の身に起きたら相当怖いし、引っ越しを検討するレベル。
 子供は絶対に二度と連れて行かないだろうな…。
「尾けてくる」
 フラッシュバックはこんな感じなのかも。
「一緒に見ていた」
 自分には起こらなそうなシチュなので怖くはなかった。
「赤い女」
 主人公の女の子の表情がなかなか良い。
「空きチャンネル」
 囚われちゃう系の話。こうなった時の打開策が知りたい。友人が何かしていたら結末は違ったのかな。
「どこの子」
 女の子のビジュアルはいろんな意味で怖いものの、怪異に遭遇する条件は割と簡単に再現されそうなので、もっと新人教育を徹底するべきではないかな…(遭遇自体は稀なのかな)
「続きをしよう」
 何がどうしてそうなった、が何一つ解明されない短編怪談の良さが詰まっている。
「どろぼう」
 お母さんの話が本当なのかもしれないけど、ずっとモヤモヤしそう。
「密閉」
 ここぞとばかりにしまっちゃった訳だけど、中の人はどんな気分だったんだろう。

担当話と代表作の方向性が必ずしも一致している訳ではないようだ。
serine

serineの感想・評価

3.8
小野不由美の小説の実写化で、10話の短編ホラーです。実話怪談系。

そもそも、小野不由美のホラーが好きなので点数は甘めです。

10話あるので、気に入るのと気に入らないのが出てくると思いますけど、私のオススメはただ1つ。

「いっしょに見ていた」

ってゆー話。

この話が3.8!あとは3.0〜3.3くらい?

めちゃめちゃ怖いってわけじゃないんですけど、シチュエーションが嫌すぎるのと、仕掛けが好きなのと、俳優の演技がツボってしまって3.8なのです。

思い出したときに、ふと見たくなって見ちゃうくらい気に入ってます。

会社の人と、この話について語り合ったりしちゃうくらい気に入ってます(短編なのでそんなに話すことはないとゆー笑)

Amazon Primeで見れまーす。
長瀬

長瀬の感想・評価

-
たまに、期せずして出会う山田キヌヲさん
鴉

鴉の感想・評価

-
つまらんエピソード程、音で誤魔化そうとしてて不愉快。内藤監督の作品(『続きをしよう』『どろぼう』)が面白い。
>|