10 クローバーフィールド・レーンの作品情報・感想・評価

10 クローバーフィールド・レーン2016年製作の映画)

10 Cloverfield Lane

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:104分

3.3

あらすじ

目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、自らシェルターに逃げてきたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。ハワードは、本当に信用できるのか?それとも別の目的がある悪人なのか?疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく――。…

目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、自らシェルターに逃げてきたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。ハワードは、本当に信用できるのか?それとも別の目的がある悪人なのか?疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく――。 ある日、ミシェルは必死にシェルターから抜け出そうと試みるが、「ドアを開けるな!皆 殺されるぞ!」と叫びながら制止しようとするハワード。ミッシェルはシェルターのドアまでたどり着く。ミシェルの表情が恐怖と驚きに満ちた表情に変わっていく。 シェルターのドア越し、彼女の眼に見えていた世界とは――?

「10 クローバーフィールド・レーン」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.0
先週観て、そこそこ楽しんだ割には、何も残ってない。要するにこの手の映画はびっくり箱なのであって、油断してる人を大きな擬音・効果音でびっくりさせるなら悪戯好きの小学生でもできるのであって(後ろからワッ!ってしたり)、基本、映画のサスペンスとは全く関係ない水準でのハラハラが続いていく。
village123

village123の感想・評価

3.5
車で走行中に事故に遭い、目が醒めると地下シェルターで監禁されていた女性。そこに現れた中年男は「未知の大規模攻撃で屋外が汚染されてしまい、自分が救ってやった」と言う。地下シェルターの建造を手伝ったという若い男も避難しており、奇妙な共同生活が始まった。

強い女性を描いた作品で、色々と建設的な行動を取るところが現代的だと思った。
シチュエーションが地下シェルターにほぼ限定されているけど、生活感のある環境なので、退屈さや閉塞感はあまり無い。
中年男の言っていることが事実か?というのが物語の重要なポイントで、上手く演出されていたと思う。
0.5:0.8:0.7:0.5:0.3
2016年公開
監督 : ダン・トラクテンバーグ
==
衝突事故に見舞われ謎の地下施設に軟禁された主人公が、施設からの脱出を目指して戦いまくるお話し。

「この人は絶対に信頼できる」ていう人間関係を大事にしましょうっていう物語w 隔絶空間で、これまでの人生の情報との連続性ゼロな状況に陥り、全てのインプットに対して「そもそもそのインプットって嘘じゃないよね??」と疑い続けないといけない状態ってものすごくストレスで、主人公はそれでだんだん、バーサク状態に入っていくわけだけどw、すごく引きでこの映画を観ると「こういう状態にならないようにする一番の方法」っていうことをむしろ考えさせれます。”とんでもないシチュエーション”に最終的には突入していくんですが、そういう状態だからこそ、絶対に信頼してる、っていう人とかその人からもたらされる情報とか、そういう存在をありがたいと思わないといけないなあと、ものすごく逆説的な感想ですが、思った次第。

ネタバレせずにレビューするのが難しい映画ですがw、まあ、クローバーフィールドっていうタイトルである以上、アレはやっぱり最後の方で出てきますw
ニセイ

ニセイの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

サイコスリラーやって、適性宇宙人もくっつけるという意気込みだけは買いたい。

ラストは「俺達の戦いはこれからだ!」の正しい使い方をしていた。
K

Kの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ただのキチガイのおっさんなのか本当にいい人なのか。
実は両方だった衝撃。
クローバーフィールドの名前を引き継いでた割にエイリアンはあまり写さない方向性なのね。と思ったら前作もあまり写してなかったか。
クローバーフィールドの名を冠したせいでサプライズがサプライズとして機能してないじゃん。パターナリズムからの脱却を視覚化した脱獄部分がそれなりに面白かっただけに外に出てからのパートは蛇足としか思えなかった。『バートン・フィンク』のジョン・グッドマンが好きで好きで夜も眠れない人向け映画。
Haise

Haiseの感想・評価

3.2
雰囲気はいい
すっごくおもしろかったのに、最後のオチだけちょっとうーんって感じかな。。
全体的に普通のサイコホラーな感じで仕上がっていたらもうちょっとよかったかな。
最後の展開いるかな笑
>|