10 クローバーフィールド・レーンの作品情報・感想・評価

10 クローバーフィールド・レーン2016年製作の映画)

10 Cloverfield Lane

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.3

あらすじ

目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、自らシェルターに逃げてきたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。ハワードは、本当に信用できるのか?それとも別の目的がある悪人なのか?疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく――。…

目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、自らシェルターに逃げてきたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。ハワードは、本当に信用できるのか?それとも別の目的がある悪人なのか?疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく――。 ある日、ミシェルは必死にシェルターから抜け出そうと試みるが、「ドアを開けるな!皆 殺されるぞ!」と叫びながら制止しようとするハワード。ミッシェルはシェルターのドアまでたどり着く。ミシェルの表情が恐怖と驚きに満ちた表情に変わっていく。 シェルターのドア越し、彼女の眼に見えていた世界とは――?

「10 クローバーフィールド・レーン」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.0
先週観て、そこそこ楽しんだ割には、何も残ってない。要するにこの手の映画はびっくり箱なのであって、油断してる人を大きな擬音・効果音でびっくりさせるなら悪戯好きの小学生でもできるのであって(後ろからワッ!ってしたり)、基本、映画のサスペンスとは全く関係ない水準でのハラハラが続いていく。
momopockle

momopockleの感想・評価

3.5
クローバーフィールドシリーズは全部POVで制作されると思ってたけど違った。
それでもPOVとは違うハラハラ感あって面白かったなー。

主役見たことあると思ったらファイナルデッドコースターの女の子、歳とったはずなのにあの頃とあまり変わらない。
赤足

赤足の感想・評価

3.2
作品は普通は制作された順番に見るものだが、自分は完全に逆から見てしまう稀なケースで鑑賞。クローバーフィールドシリーズの2作目とのことだが、3作目に繋がる世界観は終盤の部分だけに集約されており、前半はほぼサスペンス的に閉鎖された空間による心理描写がスリリングでとても面白かった。こうなると!一作目を見て逆答え合わせをしたくなるもので楽しみになってきた。
リサ

リサの感想・評価

3.0
登場人物3人で繰り広げられるストーリーが面白い!
み

みの感想・評価

-
人間が怖かった
狭い空間の中に3人とかになると、人間不信になるのかな。
hinano

hinanoの感想・評価

3.6
事故に遭い、意識を取り戻すととあるシェルターの中に運び込まれていたミシェル。ハワードという男によると、彼がミシェルを助け、外の世界は汚染されているためシェルターから出られないと言うのだが、、、

クローバーフィールドシリーズ2作品目。
一応続編ではあるものの、また新たなストーリーなので前作を観ていなくても楽しめます。

サスペンス要素がやや強めな今作。POVではない上に、登場人物がほぼ3人しか出てこないにも関わらず、今作の方がびくっとくる演出も多かった印象で緊張感は◎でした。

そしてハワードがタダのいいヤツなのか、ヤバイやつなのかが終盤まで本当に分からないのでかなりヒヤヒヤ。

結論、モンスターも恐いけど人間も恐い。。。
>|