10 クローバーフィールド・レーンの作品情報・感想・評価

10 クローバーフィールド・レーン2016年製作の映画)

10 Cloverfield Lane

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.3

あらすじ

目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、自らシェルターに逃げてきたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。ハワードは、本当に信用できるのか?それとも別の目的がある悪人なのか?疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく――。…

目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、自らシェルターに逃げてきたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。ハワードは、本当に信用できるのか?それとも別の目的がある悪人なのか?疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく――。 ある日、ミシェルは必死にシェルターから抜け出そうと試みるが、「ドアを開けるな!皆 殺されるぞ!」と叫びながら制止しようとするハワード。ミッシェルはシェルターのドアまでたどり着く。ミシェルの表情が恐怖と驚きに満ちた表情に変わっていく。 シェルターのドア越し、彼女の眼に見えていた世界とは――?

「10 クローバーフィールド・レーン」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.0
先週観て、そこそこ楽しんだ割には、何も残ってない。要するにこの手の映画はびっくり箱なのであって、油断してる人を大きな擬音・効果音でびっくりさせるなら悪戯好きの小学生でもできるのであって(後ろからワッ!ってしたり)、基本、映画のサスペンスとは全く関係ない水準でのハラハラが続いていく。
ペンコ

ペンコの感想・評価

2.3
もっと狂ってても良かったのに
patrick

patrickの感想・評価

3.6
クローバーフィールドHAKAISHAの続編なのどうなのか微妙な匂いを醸し出していたこの作品。そんな気持ちを弄ぶかのようなストーリー。
なんだこりゃ?って思うかもだけど、なんだかんだこれ嫌いになれない。
vary

varyの感想・評価

3.5
Apr. 22nd

J. J. Abrams製作
Damien Chazelle脚本
シリーズ2作目

シリーズ1作目が2008年に公開されて、衝撃的な印象与えてから、10年弱。1作目のテイストとテーマを引き継ぎながら、新たなことに挑戦した。

脚本はとても面白かったと思う。終盤までモンスターの姿すら見せず、さらには外に出る機会なんかもほとんどない。その一方で、シェルターの中で争いが生まれ、極限の状態の中で、生きるか死ぬかの選択を迫られるストーリーのコンパクトさは、とても映画としての完成度は高かった。
さらには、シェルターの作りや、セット美術は見事だったと思う。フィクションのテーマを軸にしながらも、日常に近い空間を演出することで、視聴者の感覚をできるだけスクリーンに近づけることに成功していた。

しかし、ディレクティングがどうなんだろうと思った。色々といい要素は出揃っているのに、そこをうまく生かしきれていないというか、ストーリーをチープなものにしてしまっていた。テレビドラマに近いような展開の浅さ、エンディングに向かっていく階段の急さ。そういうところが視聴者を突き放してしまったのかもしれませんね。

誰のチョイスかはわかりませんが、音楽が全くなく、プロダクションオーディオだけで成り立っているシーンがとても多かった。ストーリーが中心に向かって小さくかつ、濃くまとまっていくような演出なのだが、それにシーンの味の濃さがついてきていない。だから、視聴者は集中することができずに、飽きてしまう。決して、ストーリーを見失うようなことはないのだが、脚本に書かれている以上のものを映像から感じ取ることはできなかった。

次回作に期待。
kit

kitの感想・評価

3.5
「一気見!クローバーフィールド全3作!」の2本目、1作目が好みじゃなかったもののこの企画を心に決めてしまったため鑑賞
しかし思いの外楽しめた
最初はクローバーフィールドの続編ということを疑ったがそれでも密室サスペンス的な展開と緊張感がとても面白かった
クライマックス手前でクローバーフィールド感が一気に出てきてこれはこれで楽しめた
あき

あきの感想・評価

3.7
最後まで展開が読めずドキドキする。最後の主人公の選択も面白い!
SUPERTIGER

SUPERTIGERの感想・評価

3.5
だから
言わんこっちゃないッ!
RYO

RYOの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

各キャラの相関関係が明確に描かれていてわかりやすかった。
それだけに展開が読みやすいのが残念。

ラストも地球外生命体がやってきていたというオチだったけど、あれで倒せるなら軍の力だけで余裕だったのでは。
主人公が最終的に後悔しないように行動に出られるようになったのは良かったけど、無謀に終わる気が。。。
YKK

YKKの感想・評価

3.0
おたふく風邪中の映画鑑賞1

ジョングッドマンが怪しすぎるんだもの
ツナ缶

ツナ缶の感想・評価

3.2
あらすじのみを読んで期待して見た人にはピッタリな作品。三人の登場人物の疑心暗鬼具合と、直接描写よりも散らばる要素から人物の背景を読み取らせることに傾いているのは密室モノとして正しい。

パッケージやポスター、タイトルに釣られて見た人には後半十分くらいまで頭に「思ってたのと違う」があるかもしれない。

私はクローバーフィールドを見た事がなく後半十分もひと粒で二度美味しいと感じられたので、そういう人にはオススメできる。
>|