10 クローバーフィールド・レーンの作品情報・感想・評価

10 クローバーフィールド・レーン2016年製作の映画)

10 Cloverfield Lane

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.3

あらすじ

目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、自らシェルターに逃げてきたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。ハワードは、本当に信用できるのか?それとも別の目的がある悪人なのか?疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく――。…

目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、自らシェルターに逃げてきたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。ハワードは、本当に信用できるのか?それとも別の目的がある悪人なのか?疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく――。 ある日、ミシェルは必死にシェルターから抜け出そうと試みるが、「ドアを開けるな!皆 殺されるぞ!」と叫びながら制止しようとするハワード。ミッシェルはシェルターのドアまでたどり着く。ミシェルの表情が恐怖と驚きに満ちた表情に変わっていく。 シェルターのドア越し、彼女の眼に見えていた世界とは――?

「10 クローバーフィールド・レーン」に投稿された感想・評価

前作と毛色が違う。ソウのような、ミザリーのような、ドント・ブリーズのような、クローバーフィールド。
issei

isseiの感想・評価

3.6
サスペンス的なのとSFと。クローバーフィールド見てないから、関連があるのか気になる。
車事故で、眼が覚めたら地下にいた女性のお話しです(^-^)

前作(?)とタイトルが繋がってますが『同じDNA(雰囲気)をもつ』というだけで全く関係ないお話しでした。

当時コマーシャルでやたらとモンスターが出る印象を受けましたが、モンスター映画として期待すると面白さ半減かもです。

ドラマ★★★
見易さ★★★
クローバーフィールドの続編ではない。スピンオフ?サイコスリラーから一転、SF映画に。こういう一粒で二度美味しいのは中途半端になりがちだが、これは良かった方。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.0
これは「破壊者」の続編ではありませんが、関連する作品です。世界は一緒ですけど、話は全然繋がっておりません。今回、主人公が交通事故にあって、起きたら見知らぬ男二人と防空壕にいた。地球が攻撃されて、外の空気が汚染されて、出ると死ぬ。でも防空壕の主がちょっと怪しい。ま、結構楽しめたよ。監督がいずれはまたクローバーフィーフド世界の新たな作品考えてるらしい。
その他

その他の感想・評価

4.0
SFモンスター映画、クローバーフィールドの続編と見せかけて実は閉鎖空間サスペンス、と見せかけて…この映画は、いろんな嗜好の人から平等に「なんじゃこりゃ」と思われかねない、まるで虫かごの中に虫じゃなくタコがいるような極めて奇妙な作品です。でも自分はかなり好きです。

「やつらはあらゆるフォームでやってくる」。侵略者は常に外部から来るとは限らない。非常事態における流言、陰謀論、猜疑心や妄想という「内なる敵」は更に恐ろしい。世に棲むサイコな隣人、自分の中の恐怖心…なかなか正体を見せない敵と、いかに立ち向かっていくのか? 非常に魅力的です。

あとはもう、主演のメアリー・エリザベス・ウィンステッドさんがしっちゃかめっちゃかに可愛くて、なんじゃこりゃという感じです。ぽかんと半分口を開けて前歯がちょっとビーバーみたいに覗いてるところとか、ハリウッド女優の浮世離れした美貌というのでは決してないところが非常に魅力的です。

このレビューはネタバレを含みます

これはガッカリ映画…
中盤まで、いや外に出るまではよかった…
POVじゃなくなってホント良かった。前作最高に見づらかったからね。

主人公をシェルターに連れて来たオッサンの言ってる事が嘘か本当かを軸に話が進むんだけど、2転3転して中々面白かった。前作は巨大地球外生命体に侵略される都市部の話で、今作は都市部から離れた田舎の話なのかな?これはこれでクローバーフィールドとしてありだと思います。結局オッサンの真意は何だったのだろう…。
>|