10 クローバーフィールド・レーンの作品情報・感想・評価

10 クローバーフィールド・レーン2016年製作の映画)

10 Cloverfield Lane

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

3.3

あらすじ

目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、自らシェルターに逃げてきたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。ハワードは、本当に信用できるのか?それとも別の目的がある悪人なのか?疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく――。…

目を覚ましたら、シェルターの中にいることに気付いたミシェル(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)。その日から「きみを救うためにここへ連れてきた」と話すハワード(ジョン・グッドマン)、自らシェルターに逃げてきたエメット(ジョン・ギャラガー・ジュニア)の3人のシェルターでの共同生活が始まる。ハワードは、本当に信用できるのか?それとも別の目的がある悪人なのか?疑心暗鬼の中、共同生活が続いていく――。 ある日、ミシェルは必死にシェルターから抜け出そうと試みるが、「ドアを開けるな!皆 殺されるぞ!」と叫びながら制止しようとするハワード。ミッシェルはシェルターのドアまでたどり着く。ミシェルの表情が恐怖と驚きに満ちた表情に変わっていく。 シェルターのドア越し、彼女の眼に見えていた世界とは――?

「10 クローバーフィールド・レーン」に投稿された感想・評価

Asayama

Asayamaの感想・評価

4.5
最後まで、どっち⁈
ドッチ団平‼︎
クローバーフィールドと銘打ってるけど別の映画と思って観たほうが入り込める。
ラストは通ずるものがあるけどさほど関連性は...って感じです。
ただ全体のサスペンス要素はとても面白かった。
主人公の疑心暗鬼がヒシヒシと伝わってくる。
655321

655321の感想・評価

3.0
主人公が、ジョンがグッドマンかバッドマンか見極めたあと豪腕投手に成長する話。

前作を観ているとコレジャナイ感があるし、何も事前情報を入れないと終盤がトンデモになる不思議な映画。
J・J・エイブラムスいわく「前作とは血の繋がった映画」らしいが、葬式でしか会わない親戚くらいの距離感なので、変にベタベタしたり逆に挨拶をしないような態度は失礼なので適切な距離感で鑑賞してください。
NaoyaSaito

NaoyaSaitoの感想・評価

3.1
案外好き。
るな

るなの感想・評価

3.0
途中までほんとにどっちが正しいのかわからなくてドキドキさせられたけど、後半の脱出後が ファ!?wwだった。 えっ?詰め込み過ぎだし世界観が突然に散らかりすぎじゃない?
え?びっくりなんだけど。突然世界観散らかり始めて、これならまだパンデミックの方がしっくりきた。
ん〜…よくわかんない!
Rentaro

Rentaroの感想・評価

4.0
サイコ野郎から逃げたらミミズ犬みたいなのに追われてその後宇宙船を爆破してから人類救いに行く話。これなかなかイケてる。
ogata08

ogata08の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

低評価な理由もよくわかる。でも僕は好きです。
「クローバーフィールド」シリーズだってこと忘れてる、あるいは知らない人が低評価をつけてしまうんだろう。

物語の展開からして、パッケージ写真がよろしくないというのが低評価の理由のひとつな訳だけど、「これはSFです、クローバーフィールドシリーズです」と観る側にまず伝える効果があるわけで、これなしに観たらそれはそれで、最後の数十分で「そりゃないよ」と言われちゃう訳だし。

パッケージ写真でオチが見えてたよという人は後知恵バイアスというものを知らない。僕はパケ写見てたし、そういうオチなんじゃないの?と思いながら、いやでも違うかも…どっちだ?!って思いながら見てた。

とにかく前半(というか全体の9割くらい)は非常によくできたハラハラサスペンスだし、最後の数十分で、もはや別の映画か?!ってくらいのトンデモ展開です。
guci

guciの感想・評価

3.3
ジャケットでネタバレしてるやんけ!
>|