ロープ/戦場の生命線の作品情報・感想・評価・動画配信

「ロープ/戦場の生命線」に投稿された感想・評価

やっぱりこういうのなんだよな。
ぷに子

ぷに子の感想・評価

3.0
井戸に投げ込まれた死体を引き上げるためのロープ探しで色々なことが起こる。

所々やるせないなぁと思いながら見ていた。
ラストは少し救われてよかった。
デルトロ使ってるわりにはかなり淡白で終始特に何も起こらないという珍しいタイプの戦争映画。

もう少しドキドキさせてほしかったというのが本音。

邦題のセンスのなさはズバ抜けてます。
(邦題つけた人は恐らく本編を観てないです)
okd0812

okd0812の感想・評価

3.5
年老いて枯れてきて渋さが全開のベニチオデルトロと瑞々しいオルガキュリレンコ、好きな俳優が出演しているということで鑑賞しました。

紛争地域の衛生管理を行うチームのリーダーのマンブルゥ(デルトロ)、ある村の井戸に捨てられた死体の引き上げを行うことになるが、引き上げ中にロープが切れ、ロープを探し危険地域に踏み出す...

ロープを必死に探すわけですがなかなか見つからない、紛争地帯というのはこうも物資が不足しているのものなのかと思い知らされる。それ以外にも車道の真ん中に牛の死体を置き、その左右に地雷を設置するという原始的な方法での罠など、紛争地域には実際にこんなものもあるのかと驚かされました。

紛争地域を舞台にしていますが、思いの外緊張感はあまりなく、のほほんとした雰囲気もどことなく漂う映画でした。

デルトロはこういう頼れる兄貴分みたいな役柄がとても合いますね。
あっさりしてるけど、深い。
鑑賞後に解説の記事を読んで、じわじわと後から色々思ってきます。国境なき医師団の人が書いたものが原作とのこと。
J

Jの感想・評価

3.0
今の世界のどうしようもなく不条理な部分を映して終わるかと思いきやまさかのちょいハッピーエンドでがっかりした。
これから運転してて道に動物の死骸があったら、とりあえず引きづった形跡がないか確認しようと思う(笑)
無知A

無知Aの感想・評価

3.7
紛争国、地域で仕事を通して力になろうとする主人公達。物語の中で、そこに暮らす人々との間には、すれ違いが多く、どこか空回り。それもそのはずだ。紛争の近くで生活するのと、紛争の中で生活するのとでは大きく異なるからだ。外から中を考えても、本質は実際に異なる事が多く、これは本作のボールやロープを巡る話でも見ることが出来た。また、この温度差を、車内の音楽がより鮮明にし、地雷という現実がすぐ近くに位置する事の緊張感を持って上手く調和させている。一見すると、淡々としているが、細部に意図が感じられる。

総じて、深くまで何かを掘り下げている作品だとは思わないが、見る事によって視野を広げる事が出来る良い作品だと言える。
2020/10/26
字幕
amazonプライム
>|