シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

金柑

金柑の感想・評価

4.8
観なければと思っていた映画を観るシリーズ
「私は今これを観るべきだな」と選んだ自分のセンスにびっくりすることがある
じゃばじゃばに泣いてしまった
残りはビギンアゲイン

寄せ集めにしちゃ才能ありすぎんか、とか
いいじゃないかそれで
サントラをください

ビリー・エリオットの香り
Drive like you stole itはI'm still standingの気持ち

要るのは自信と勇気と

ルーシー・ボーイントンちゃんじゃん
エイモンが好きだよ🐰🐰🐰🐰


真面目な話をすると、私は次女で姉が大好きなんだけど
こういう長男長女は苦労をしているエピソードが出てくると私の姉もそういう経験をしてきたのではないか、と申し訳ない気持ちになったりする
姉はそういうの(少なくとも私には)全然見せない人だったし喧嘩もほとんどしたことなかったから分からないけど
ポッシブルを

煌々と照らす

メインライト
ゆな

ゆなの感想・評価

3.8
青春って感じがする!
お兄ちゃんの存在がすごくいい!
パール

パールの感想・評価

4.0
荒れた学校や貧困、両親の不仲…
そんな中にバンドをはじめて。

BGMに流れる音楽がもう懐かしい。
デュランデュラン、ディペッシュモード
ジェネシス、スターシップなどなど
往年の80年代ソング♪

「モデルの謎」もMVも良かった。
(PVじゃなくてMVなのも80年代!)
私が男子だったらもっともっと
感じ方が違かったかもなぁと悔しくも思います。

お兄ちゃんの存在がすごく良かった。
高校生のもやもやした日々での青春映画、こんな学校でやってけるの?かわいい子に出会った!エイヤでバンドしてみよう!

思い切りの良さは素敵ですね。『15の夜』の海外版のような感じ

バンド、歌はうまいこと
日常から抜け出すラストシーンは不安だらけだけども兄や母思うシーンがあってまとまった映画だなと思う。
大船を目の前にするのも、『ゆく道は順風満帆じゃないかもよ』
aka黄屑

aka黄屑の感想・評価

5.0
存在知ってたけどパスしてたのは #80sNewWave に熱狂してたリアルタイム世代の近親憎悪(Duran Duranに納得いかなかった?)と監督ジョン・カーニーの傑作『ONCE ダブリンの街角で』二番煎じの疑いだったんだけどDanny WilsonのGary Clarkが曲書いてたって知って『シング・ストリート 未来へのうた』(16年)慌てて観了(汗)
観るとGary Clarkの元ネタ換骨奪胎がDanny Wilson以来の才気(ソロもユニットもずっと追い掛けてきたけど感心しなかった…)で自己投影しかない私的大傑作(涙)
こりゃ尼プラ限定の『モダン・ラブ ~今日もNYの街角で~』も必観(再汗)
きゃん

きゃんの感想・評価

4.3
🙆🏻‍♀️🙆🏻‍♀️🙆🏻‍♀️🙆🏻‍♀️
檸檬

檸檬の感想・評価

4.0
記録用。

勝手にからだが動くような音楽。

こんな学生時代を送りたかった。
i

iの感想・評価

3.5
バンド!恋!青春!ダサいがそれもかっこいい。あと、お兄ちゃんめっちゃいい人。
音楽とてもよかった
>|