bluemomday0105

シング・ストリート 未来へのうたのbluemomday0105のレビュー・感想・評価

5.0
初めて観た1年前と同様、映るシーンのひとつひとつ、台詞のひとつひとつにぐっとくる。最初の引きであった、80年代のロックがガンガン取り入れられた設定がどうでもよくなってくる…いや、キュアーのIn Between Daysが流れるシーンは最高だからどうでもよくないな。
どっちやねん。

スクールカースト最下層の少年が好きな女の子と繋がりたいためにバンドを始め仲間を作り、ぐんぐん自信をつけてかっこよくなっていく様は映画と言えどもハッとさせられる。

変わろうと思ったときが変わり時。
タイミングの到来に時間も年齢も関係ない。
こんなメッセージは、コナーのような「未来は僕らの手の中」と信じてやまない/信じて当然な若者だけじゃなく、お兄ちゃんのブレンダンのように「挫折し未来を失ってしまった、と諦めたふりして生きてる」人にこそ響くんじゃないかなと思った。
あの兄弟に幸あれ!
この映画を愛してやまない私たちに幸あれ!