こんろ

シング・ストリート 未来へのうたのこんろのレビュー・感想・評価

5.0
なんだよこれ!泣くわ。ザ・青春音楽映画。力入れすぎじゃね?ってくらい全力でティーンしてます。全てのパーツに意味を込めすぎて暑苦しいくらい青臭い。最高でした。
作品始まってからずっと突き抜けてる。ティーンなんだから当たり前でしょ?というような前置きゼロの行動力。たまりません。全てのシーンが愛おしい。
特にギグのリハのシーンは涙涙。こういうのダメだ。現実と理想の心象が美しすぎて泣いてしまう。
あと兄!全てを理解し、思いが弾けながらも暖かい。最強か。レコード投げて渡すシーンは痺れた。
あと相方!なんだこの完璧超人は。あとヤンキー君!そう来たか。
今サントラ聴いて『アップ』の曲でまた涙。いい曲だなあ。シーンを思い起こします。
ラストの合成がガチなのか黒沢清風なのかちょっと考えちゃう。通して観るとド青春っぷりにメタメタしいフィクションさも感じてしまう、そこはかとない不安定さ。そんなところも含めて大好き。良かったです。