けい

シング・ストリート 未来へのうたのけいのレビュー・感想・評価

4.0
最初、このまま盛り上がらない映画ならどうしようなんて思ったけど、ジョン・カーニー監督には不要な心配でした。

冴えないメンバーで始めたバンド。
でも、鬱屈した様々な現実を抱えて歌う姿はロックだったし、青春だった。

ああ、グレる良さとは、これかもしれない。