GURUPORU

シング・ストリート 未来へのうたのGURUPORUのレビュー・感想・評価

4.0
ジャック・レイナー が出演していたため鑑賞。ありきたりなストーリーでただのラブロマンスだと思い込んで鑑賞しましたがとんだ間違いでした。入り込みは茶番チックだけど物語が進んでいくうちに彼らはみるみる成長し夢をつかもうとするさまは今の私にとってとても勇気づけられる作品でした。兄が夢を捨ててしまった、そんな兄が末っ子コナーにささげた今までの人生の糧は尋常じゃない威力でコナーの力となり糧として兄以上に邁進していきます。兄の複雑な感情や嫉妬、後悔が本当に苦しく悲しいですが、兄がいたからこそ成し遂げれれた弟の夢。何事もやらなければ、行動に移さなければ意味がないこと。言うのは簡単で行動に移した人が勝ちなんだと、後悔しない人生の生き方なんだと、それが成功への第一歩なんだということを改めて痛感させられました。

映画だからうまくいっていて人生ここまで甘くないですが、こういう映画を観ると自分の意欲もわくのでモチベーションを上げるにはもってこいだと思います。正直夢をかなえるというのはアーティストになったりモデルになったりすることではありません。その人自身の幸せの在り方が夢であり実現された時やっと成功したといえると思うので近作品は全ての人にさささげることのできる素敵な作品だと思います。やりたいと思ったら迷わず前に進んでいきたいです。悩んでいるだけ時間の無駄ですね。そんな深くて素晴らしい作品でした。ありがとう(´;ω;`)