シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

4.1

あらすじ

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音…

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まった-。

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

えし

えしの感想・評価

4.5
アイルランドの高校生達が様々な家庭環境下でバンド活動する青春群像劇。クラッシュ、ザ・キュア、ザ・ジャム、デュランデュランなどの80'sロックが要所要所で流れる。養護施設で暮らす女の子、家庭不和でも離婚できないカトリックの家庭、夢を諦めた兄、酒や暴力のDV家庭。音楽は素晴らしいし、笑える所もあるのに、どこか切なさもあるいい作品だった。
最後の終わり方暗いなあと思うのは私だけでしょうか、、、

みなさん言ってますが私も音楽に感動したうちの一人です。
映画で使われる音楽ってそこに一つストーリーが乗っかるのがいいですよね、それを聴くと場面が思い出されるし、曲に至るまでの過程を知ってるからより感情移入できる。

主人公があんまり好きじゃなかったせいか特別思い入れも無かったのでそんなに感動も無かったです、音楽がいい、、、ひたすらそれでした。
けいた

けいたの感想・評価

4.8
ひさびさにめっちゃいい映画みたな。
最高にカッコよくて、最高にダサい。
歌詞も曲も良すぎる。曲を作ってるとこも好き。
80年代の音楽とファッションの感じ好き。
兄ちゃんいいやつすぎて感動。
とにかく最高!!!
さな

さなの感想・評価

4.0
うん、本当によかった。
音楽が全て文句なしにかっこいい。
それだけで見る価値ある。
「彼女の目は雲の晴れた月
僕は泣きそうになる」こんな風に愛されてえよ⁉️
映画なだけあって、内容的にはトントン拍子に物事がうまくいくわけだけど、こういう未来への応援歌的な映画だったらそれくらいが丁度いい。
誰に何を言われても真っ直ぐ自分の道を信じて進む。そんな自身があればどんなことでもやっていけるんだって、勇気と希望を与えてくれた。心に刺さりました〜でもそれがハンパな気持ちじゃダメなんだよね!

最後のお兄ちゃんが見送るところでは号泣。流れてた歌の決して後ろを振り向くな!って歌詞は絶対お兄ちゃんが渡した詞で作った曲だよね?かっこいいお兄ちゃんだった

「rock and roll is a risk.
you risk being ridiculed.」

😭😭😭
Kazunari

Kazunariの感想・評価

4.0
少年がバンドを組んで曲を作る時の初々しさと恋愛の初々しさがソワソワした。
曲も声もピュアさが感じられて良かったー!!
だから、劇中にもっと色んな曲を聞いてみたかったな〜。
ひろ

ひろの感想・評価

3.3
音楽で世界を変える!とまでは行かないけど、音楽で自分を変えていく青春ストーリー。やや甘酸っぱい。
Takube

Takubeの感想・評価

4.3
青春物の映画の中では、ダントツでトップにくる映画だった。

凄く王道な展開なんだけど、キャラクターが凄く良い。
説明的に掘り下げるわけじゃなくて、演技や服装、映し方、会話、音楽、色調、リアルさ、全ての細かい部分からキャラクターの魅力がムンムン浮かび上がってくる。

青春だからといって、無理に感動させたりするのではなくて、細かいこだわりの数々が活き活きとした青春を鮮明に映し出している。

あと、音楽も凄く良かった。その描き方も良いし、音楽自体も良い。

本当にこだわりの深さを感じる映画だった。
shisk

shiskの感想・評価

3.9
好きな子を思う純粋な気持ちが可愛らしかった。歌が良かった。
少年が女のためにバンドを組む話。
脈絡もなくなぜか楽器ができる子達が
無造作に集まっても過程が一切楽しめない。
青春風だが青臭さがなくキレイすぎ。
ラストで摩訶不思議のポセイドン感。
親が仲悪いと兄弟は仲良くなる。
>|