シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

4.1

あらすじ

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音…

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まった-。

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

えし

えしの感想・評価

4.5
アイルランドの高校生達が様々な家庭環境下でバンド活動する青春群像劇。クラッシュ、ザ・キュア、ザ・ジャム、デュランデュランなどの80'sロックが要所要所で流れる。養護施設で暮らす女の子、家庭不和でも離婚できないカトリックの家庭、夢を諦めた兄、酒や暴力のDV家庭。音楽は素晴らしいし、笑える所もあるのに、どこか切なさもあるいい作品だった。
シュールな笑いと、素敵な音楽、青春時代の友情・恋、最後はぎゅーっと目頭があつくなる場面もあって色々詰まってる物語。コナー可愛い、かっこいい、ルーシー可愛い、そしてお兄ちゃん最高!サントラとりあえず聴き込む。
とよ

とよの感想・評価

4.0
これは絶対に観るべき映画。
音楽ドンピシャ歌詞良すぎ。
サントラほしぃー。
やまた

やまたの感想・評価

5.0
2回目 9/28 立川極音
yasu

yasuの感想・評価

-
WOWOW
購入したい
自分たちを突き通した結果!
ジョン・カーニー監督の『はじまりのうた』が好きで劇場にて見た。
この年に見た映画で1番好きな映画。

1人の少年の一目惚れから始まるバンドは思いのほか硬派なバンドで、
服装だっさ笑と曲が始まる前は思っていたのに途中から何故かかっこよく見えてくるのだ。

1回見て少しでもいいなと思った人は是非サントラを聴き込んでからもう一度見て欲しい。
影響を受けた曲が本当に似ていておもしろく、
その中に入っている何の影響も受けていない曲の重みに改めて気付かされる。
ゆいこ

ゆいこの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

観た人誰もが「音楽が最高」って思う事は間違いない。
影響されたバンドごとにファッションが変わるのも可愛いし、コナーの意外と声が低いところも◎
ぬく

ぬくの感想・評価

4.0
珍しく音楽の質が良い青春バンド映画。
オリジナルの楽曲でここまで良質なものは観たことがない気がする。音は勿論、歌詞が素晴らしい。Going up…がとてもよい。

ポスターやパッケージはバンドの少年たちが映っているけど、彼らの友情物語というわけではない。やっぱり弟という存在の無邪気さや奔放さ、それを見つめる兄の心情が繰り返し繰り返し描写されているなと感じた。ブレンダン役のジャック・レイナー、知らなかったけどすごくいい俳優だ。Yes! Yes!って飛び跳ねた彼のその後は一体どうなっただろう。

鬱屈とした町に生きる鬱屈とした人々の諦めと脱力の中で、息を吹き返していく兄弟と少年たちが印象深い。

最初の仲間ダレンとエイモンも個性的。
きれいな青春映画!
>|