シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:
  • アイルランド
  • / 上映時間:106分
    監督
    ジョン・カーニー
    脚本
    ジョン・カーニー
    キャスト
    フェアディア・ワラッシュ=ピーロ
    エイダン・ギレン
    マリア・ドイル・ケネディ
    ジャック・レイナー
    ルーシー・ボーイントン
    あらすじ
    1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まった-。

    「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    なぜ今頃シングストリート?という感じですが、田舎なので公開日も遅く、ダラダラしてたら今の時期になってしまいました。


    内容については期待してたのですが、色々と不満が残る感じでした。以下箇条書き。

    ・バンドメンバーを減らしてその分一人一人をもう少し個性豊かに、深く描いて欲しかった。メンバーに関しては最後捨てられるし扱いがひどい…。
    あといじめっ子にローディやらせるって…。ローディなんかさせずに、いじめっ子をギターで後からメンバーに入れる展開にすればよかったのに。

    ・バンドが簡単に、うまくいきすぎ。ろくに苦労もせず上手くなってる感じがした。
    自分もバンド経験者なのですが、十代のバンドならなおさら、
    初めてアンプいじった時よくわからんから変な音出る〜とか、お前音大きすぎだろ!とか、メンバー間の衝突とか、
    ディテールの積み重ねでへっぽこバンドが少しずつ上手くなってく所をみたかった。


    ・要素を多く詰め込みすぎて、描かれ方が中途半端になってる部分があった気がした。
    兄との関係を評価する人も多いかもしれないけど、例えば家族関係は最低限にして、恋愛とバンドにもっとフォーカスする、とかしてほしかった。

    ・終盤の先生のお面を…ってやつはいらない気がした。たとえばライブは”そこまで盛り上がらず最後先生に邪魔されるけど、ラフィーナだけには歌が届いた”って感じにしてほしかった。

    物語が少し甘くなり過ぎてる気がした。
    もちろん、ラストはただのハッピーエンドではないのは分かるけど…



    好きだった所は、

    ・オリジナル曲「Up」が生まれるところ。

    ・ラフィーナがらみのシーン。撮影で海に飛び込むところや、コナーの音源を聴いて涙する所などヒロインとしての魅力に引き込まれた。

    ・PV撮影でコナーの夢を妄想するシーン。

    など。



    好きな所もあるけど、納得できない所もある、そんな感じでした。
    2017.03.06 京都シネマ◇007
    曲のセンスよすぎぃぃい

    久々映画見たなぁ〜良かった。
    めっちゃ最高!
    すごい好き!
    お兄ちゃんが!
    すごいいい!
    そこで終わるか…
    何か熱中できるものと出会えたら、人って変わるね。歌が耳に残る〜
    自分の視野を広げるために何かを成し遂げることはカッコいい。

    好きな人のためにここまで頑張ってる姿に勇気もらえた気がする。

    シング・ストリートの楽曲どれもいいし、最初の方でMV撮ってたやつ存在するならばMVの完成盤を観たいって素で思った笑
    ハッピーなバンドムービー!!!!ヒロインがとっても可愛い。明るい気持ちで観ていられる。
    音楽が人生に彩を添える。どんな時代のどんな環境でも、誰もが音を楽しむことで、幸せで満たされた気持ちになれる。国境も、年代も超えて。
    >|