シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

4.1

あらすじ

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音…

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まった-。

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.5
「アメリカン・ドリーム」ならぬ「アイリッシュ・ドリーム」はこれは果たせたのか? 私はこの映画を観て『トレインスポッティング』を連想した。ネタを割らないのがこの「レビュー」の方針なので深くは語らないが、彼らにハッピーエンドが待ち受けているとはどうも思えないのだ(『トレインスポッティング』でもそれは同じ)。他にも 80 年代の UK の社会問題を描くのならそれこそケン・ローチやダニー・ボイルがやったような練り込みが必要だろうというのもあるし、兄弟の不仲が何処に由来するのかも、学校の管理教育やイジメももっと丁寧に描けば良かったのではないか。つまり、人間ドラマとしては薄っぺら過ぎるのだ。音楽面を重視すればハマる人はハマるのかもしれないが、私はあいにくブリットポップ全盛期に UK の音楽を聴き始めたクチなのでそのあたりもあってかこういう点数に。俳優陣は良い味を出している(特にラフィーナの佇まい!)
やしこ

やしこの感想・評価

5.0
とてもオススメ。音楽にあふれたリアルな青春映画と見せかけて、どこかファンタジックだと感じた。
ぽに

ぽにの感想・評価

5.0
みたあと前向きな気持ちになれるしバンドをしてる男の子たちの話なので歌が出て来ますが全部いい感じなのでものすごくいい気分になりました
kumi

kumiの感想・評価

3.7
わたしも憧れの女の子のためにバンドとか組んで、くだらない毎日がキラキラ輝き出すような男の子の青春を味わってみたい!
kogacola

kogacolaの感想・評価

4.5
青春。
好きな子口説くためにバンド作って…作る曲も、変わっていくファッションも最高の青春。
バンドメンバー、皆いい味で、いじめっ子はパンク。
曲 全部 いい

アニキがかっこよすぎるわ!自分の子どもがあんな兄弟だったら最高だよな!

主人公歌い方のレパートリーいくつ持ってんだよ!しかも最初からめちゃくちゃ上手くなってるし

見終わったら最初に巻き戻して主人公の顔みてみて
全然違うから
Nova

Novaの感想・評価

4.3
個人的になんだかやたらと刺さるものもあって途中で号泣が止まらなくなるかと思った。

良い青春ムービー。

主人公がロック、ポップにはまって格好がはまってゆくところ、そしてやっぱ兄、ぐっときすぎる。
青春って言葉がぴったりな映画
>|