• Filmarksトップ
  • シング・ストリート 未来へのうたの感想・レビュー

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:
  • アイルランド
  • / 上映時間:106分
    監督
    ジョン・カーニー
    脚本
    ジョン・カーニー
    キャスト
    フェアディア・ワラッシュ=ピーロ
    エイダン・ギレン
    マリア・ドイル・ケネディ
    ジャック・レイナー
    ルーシー・ボーイントン
    あらすじ
    1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まった-。

    「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2017/02/09
    3.5
    「アメリカン・ドリーム」ならぬ「アイリッシュ・ドリーム」はこれは果たせたのか? 私はこの映画を観て『トレインスポッティング』を連想した。ネタを割らないのがこの「レビュー」の方針なので深くは語らないが、彼らにハッピーエンドが待ち受けているとはどうも思えないのだ(『トレインスポッティング』でもそれは同じ)。他にも 80 年代の UK の社会問題を描くのならそれこそケン・ローチやダニー・ボイルがやったような練り込みが必要だろうというのもあるし、兄弟の不仲が何処に由来するのかも、学校の管理教育やイジメももっと丁寧に描けば良かったのではないか。つまり、人間ドラマとしては薄っぺら過ぎるのだ。音楽面を重視すればハマる人はハマるのかもしれないが、私はあいにくブリットポップ全盛期に UK の音楽を聴き始めたクチなのでそのあたりもあってかこういう点数に。俳優陣は良い味を出している(特にラフィーナの佇まい!)
    nnrn
    nnrnの感想・レビュー
    1時間
    4.1
    さわやか青春ロック映画!
    舞台は1980年半ばアイルランドの高校。女の子に振り向いてほしくてバンドを始めて…ロック好きのにいちゃんがいい味だしてる。まさにブラザーってかんじ。校長のお面のセンスは抜群。音楽っていいなぁー
    ファンファン
    ファンファンの感想・レビュー
    1時間
    5.0
    久々に尺よりも短く感じました。

    キッカケってのはなんでもよくて、
    ただやっぱり行動することに意味があり、
    前に進むことの大切さを教えてくれます。

    周りなんて関係ない、自分がどうしたいかってことも思い出させてくれる映画です。


    とにかく出てる役者さんたちみんなが可愛い。可愛くてたまりません。
    背伸びしてる感がたまらない!

    評判通りの素晴らしい映画でした。
    AYANO
    AYANOの感想・レビュー
    1時間
    4.1
    音楽が素敵。映画館で観たかった。
    AzusaKobayashi
    AzusaKobayashiの感想・レビュー
    2時間
    4.0
    音楽がいい。サントラを借りに蔦屋へ行こう。
    RIKO
    RIKOの感想・レビュー
    2時間
    4.0
    なんとも言えない世界観と、曲がステキ♡
    これでDVD借りるの3回目。笑
    koike
    koikeの感想・レビュー
    9時間
    4.5
    記録
    Miho
    Mihoの感想・レビュー
    11時間
    4.0
    2016.11.2
    @キネマ旬報シアター
    やわらか
    やわらかの感想・レビュー
    12時間
    4.2
    80年代のダブリンを舞台にした音楽映画ということで、同監督の『ONCE ダブリンの街角で』と被るけど、この作品はどちらかと言うとむしろ『はじまりのうた』に近いもっと軽いノリで気楽に楽しめた。
     
    80年代への愛溢れる曲とファッション、弟想いの兄貴が最高。ストーリーをあまりややこしくせず、感情乗せたシーンをスクリーンに「置い」て、観客に余韻を残すのがこの監督のスタイルかなと思った。

    主役の男の子やヒロインが、はじめはその時代のダサさを強調したカッコして出てくるだけど、ライブ用にメイクしたりしてとどんどん今風になって行くところ、「この監督ズルいなぁ」と思わせる。
     
    ちなみに、作中に流れてる音楽のうち、オレが知ってる曲はホール&オーツぐらいでした。45~50歳ぐらい上の人だとドンピシャなのかな?
     
    まーしかし、楽器やってる人が観ればたいてい思うだろうけど、「学生がそんなに上手い筈ないだろー!!!」っていう。音楽やってた(る)人に観てもらって一緒にいろいろ文句いいたい、そんな作品。
    HisakoTanaka
    HisakoTanakaの感想・レビュー
    12時間
    4.0
    青春!ストーリーがテンポよく進んでる感じ。音楽も好き。
    >|