シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

4.1

あらすじ

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音…

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まった-。

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

3.5
「アメリカン・ドリーム」ならぬ「アイリッシュ・ドリーム」はこれは果たせたのか? 私はこの映画を観て『トレインスポッティング』を連想した。ネタを割らないのがこの「レビュー」の方針なので深くは語らないが、彼らにハッピーエンドが待ち受けているとはどうも思えないのだ(『トレインスポッティング』でもそれは同じ)。他にも 80 年代の UK の社会問題を描くのならそれこそケン・ローチやダニー・ボイルがやったような練り込みが必要だろうというのもあるし、兄弟の不仲が何処に由来するのかも、学校の管理教育やイジメももっと丁寧に描けば良かったのではないか。つまり、人間ドラマとしては薄っぺら過ぎるのだ。音楽面を重視すればハマる人はハマるのかもしれないが、私はあいにくブリットポップ全盛期に UK の音楽を聴き始めたクチなのでそのあたりもあってかこういう点数に。俳優陣は良い味を出している(特にラフィーナの佇まい!)
fampia

fampiaの感想・評価

3.6

誰もが通った淡く、モヤモヤしていた時を音楽と共に楽しめる作品。
切なさもあるけれど。

彼がパーティーシーンでヒロインのために歌う「Drive it like you stole it」。シーンの楽しいテンションとは裏腹に泣きそうになった。

サントラすぐにゲットしました。
pppe

pppeの感想・評価

3.6
青春。みんな可愛い。お兄ちゃん最高。
青春映画。

ジョン・カーニー監督の色。
音楽はメロディーではなく、詩だと思う。それぞれの世代に合った色であり、それが本人にとっての人生の縮図なのかもしれない。

本当に素敵で、淡くて、甘酸っぱい。音楽の素晴らしさを伝えてくれる良作だと思います。あー、観て良かった☆
Shizka

Shizkaの感想・評価

4.5
ややもすればどうでもいい映画になりそうなのに、妄想MVがとってもいい出来で、だんだんと洗練されていく楽曲と男の顔になっていく主人公がたまらない。

いじめっこまでハッピーエンドになるのが最高。ラストも素晴らしい、このためにアイルランドのロケーションだったのか
なんというか、昔に戻りたいと久しぶりに思った。
あの頃のエネルギーとか全てが懐かしいわ。
hashiko

hashikoの感想・評価

4.0
青春映画の金字塔。

ファッション、音楽も好み。

不透明だけど可能性に満ちたラストもまた良い。

気持ちの良い映画でした。
>|