シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:
  • アイルランド
  • / 上映時間:106分
    監督
    ジョン・カーニー
    脚本
    ジョン・カーニー
    キャスト
    フェアディア・ワラッシュ=ピーロ
    エイダン・ギレン
    マリア・ドイル・ケネディ
    ジャック・レイナー
    ルーシー・ボーイントン
    あらすじ
    1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まった-。

    「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

    「アメリカン・ドリーム」ならぬ「アイリッシュ・ドリーム」はこれは果たせたのか? 私はこの映画を観て『トレインスポッティング』を連想した。ネタを割らないのがこの「レビュー」の方針なので深くは語らないが、彼らにハッピーエンドが待ち受けているとはどうも思えないのだ(『トレインスポッティング』でもそれは同じ)。他にも 80 年代の UK の社会問題を描くのならそれこそケン・ローチやダニー・ボイルがやったような練り込みが必要だろうというのもあるし、兄弟の不仲が何処に由来するのかも、学校の管理教育やイジメももっと丁寧に描けば良かったのではないか。つまり、人間ドラマとしては薄っぺら過ぎるのだ。音楽面を重視すればハマる人はハマるのかもしれないが、私はあいにくブリットポップ全盛期に UK の音楽を聴き始めたクチなのでそのあたりもあってかこういう点数に。俳優陣は良い味を出している(特にラフィーナの佇まい!)
    割とベタな展開なんだけど、ここまでよい作品に仕上げられるのは、監督の才なんだろうなと思う。
    今の若者から、いまいち人生がうまくいかない中高年まで、満遍なく刺さる名作。
    そこまで本数は見れてはいないのだが私の中でいちばん好きな映画、すごくベタなのにそのひたむきさに背中を押してもらえる様な作品。大人になり持っている夢が叶うのか散るのかはわからないがその時また見直したい映画
    2017.03.06 京都シネマ◇007
    曲のセンスよすぎぃぃい

    久々映画見たなぁ〜良かった。
    めっちゃ最高!
    すごい好き!
    お兄ちゃんが!
    すごいいい!
    そこで終わるか…
    何か熱中できるものと出会えたら、人って変わるね。歌が耳に残る〜
    自分の視野を広げるために何かを成し遂げることはカッコいい。

    好きな人のためにここまで頑張ってる姿に勇気もらえた気がする。

    シング・ストリートの楽曲どれもいいし、最初の方でMV撮ってたやつ存在するならばMVの完成盤を観たいって素で思った笑
    >|