シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

4.1

あらすじ

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音…

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まった-。

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

バリー好き。兄貴
ユタ

ユタの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

物凄く良い映画だった。何の予備知識もなく見に行ったので、劇中の音楽つまりはデュラン・デュラン、a~ha、ホール&オーツだとかで80年代前半が舞台だと分かった。その頃はダブリンの高校も荒れてたんだね(笑)コナーとラフィーナの明日に乾杯。

このレビューはネタバレを含みます

「once」「はじまりのうた」に続いての鑑賞。またもや名作ですね~ストーリーは、主人公のコナー(フェアディア・ワラッシュ=ピーロ)がモデルのラフィーナ(ルーシー・ボーイントン)を口説くためについた嘘をきっかけにバンドを組み、様々な曲を作っていくといったところ。まずどのキャラクターも個性豊かで、とても感情移入できました。特にコナーの兄が…ドはまりしました。当作では、友情・反抗・恋愛・才能・兄弟愛が強く描かれていますが、ジョン・カーニー監督も兄弟愛の要素を強く出したかったのではないでしょうか?音楽は人間関係の架け橋となり、コナーをいじめていた生徒も最終的にはコナーに協力し、ラフィーナとも上手くいく。と音楽の偉大さを感じることができる作品でした。
前半はそうでもないかと思ったものの、その前半あってこその後半の密度がすごかった。
ドラムの子とギターの子が好き(^O^)
ayaka

ayakaの感想・評価

4.7
爆音映画祭で見たから音の主張が激しくてとても良かった。出てきた曲全部よすぎて速攻ダウンロードした!あとお兄ちゃんがすてき。
桐島

桐島の感想・評価

-
ラフィーナの横顔をみつめるコナーの横顔が本当にめちゃ美しかった、、
あの顔こそ恋で青春ってかんじだった
女の子に気に入られたくて「バンドやろうぜ」なんて「ダサい」からスタートしてるような感じだけどそれがもうね、、また青春なんだよね、、
そして何よりお兄ちゃんすてき。
わたしの中の主役だったわ、、
だわ

だわの感想・評価

4.5
新宿ピカデリー 爆音上映会にて鑑賞。
最高でした。超青春映画なのにキラキラしすぎず、かと言って暗くなく、ちょうど良いカッコ悪さがあるサクセスストーリー。
後味よく、スッキリ観られます。
音楽が良すぎて、すぐサントラダウンロードしました。
言葉にするのが難しくてうまく表現できないのが残念だけど、とにかくめっちゃ好みでした。

お兄さんが最高!
>|