シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

4.1

あらすじ

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音…

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まった-。

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

Hanapuu

Hanapuuの感想・評価

3.6
お兄ちゃんがステキ。無茶ってステキ。
333

333の感想・評価

5.0
キュア〜!!!
すみずみまでキャラがよく音楽が最高…塚口サンサンで見られて本当にシアワセ!
作曲シーン、あまりに良さが凝縮されていてとても涙が出ました
余

余の感想・評価

4.2
記録
ああ青春!って感じ。
思春期だなぁと感じたし
音楽も凄く好み。
お兄ちゃんは超好み。
pyurikap

pyurikapの感想・評価

4.2
仲間と夢を追うことの楽しさや大人への反抗、親との壁とか最高にフレッシュなロックだと思う。
時代背景、音楽、洋服、全てが好き。
Shocrusi

Shocrusiの感想・評価

4.2
だーっす
いいっす
ありがとうございまっす。

音楽✖︎若者 的映画として、
まあ、その要素として強く出しやすい年代とかを加味しようがしまいが、
すんばらしいというか、果てしなく好きでした。

この時代というかその前から今まで、いや、今よりちょっとだけ前まで、
本物の音楽好きは野暮ったいもんだったんだよ!
いいおんなはそんな男たちの価値なんてなかなかわかってなかったんだよ!

そんな中でのラフィーナちゃんだよ!
いいよいいよ、もうもうもう!

音楽をもてツールとして
とかいってんなよ!くそが!
これは音楽好きなやつが音楽きっかけに好きな子に近づこうとして、でも結局音楽が好きで、そんな音楽好きに好きな子が惹かれるってはなしだろが!くそぼけがよ!

というか、エイモンがいいんだよ
嬉しそうないい顔するというか、音楽好きのどうしよもない感じがぐぐんとくるんだよ、陰はかっこいいんだよ。でも、高校時代とかは陽にいたいんだよ、いろいろこわいからさー!
ちげーんだよ、ばかばかばか!

という気持ちになりながらお兄ちゃんに泣く!

ありがとう!すきですすきです!
弦

弦の感想・評価

3.5
ジョン・カーニー監督の半自伝的青春ドラマ。1980年代のアイルランド・ダブリンを舞台に、さえない日々を送る14歳の少年が一目ぼれした少女を振り向かせるためバンドを組み、音楽活動に没頭する姿を描く。

1985年、ダブリン。両親の離婚やいじめで暗い日々を過ごすコナーは、音楽好きな兄と一緒にロンドンのミュージックビデオを見ることが唯一の楽しみという14歳。ある日、ラフィナを見掛け瞬く間に恋に落ちた彼は、思わず「僕のバンドのPVに出ない?」と口走ってしまう。慌ててバンドを組んだコナーは彼女を振り向かせようと、クールなPVを撮るため音楽活動に奔走する。

内容は、低予算ながら、他のミュージカル映画に負けないスケールだった。構成も良かったし、音楽好きの人なら絶対楽しめる。PVを取ってからの少年の行動は、予想出来なかった。全員が全員楽しめる訳ではないと思う。

フェルディア・ウォルシュ=ピーロは歌手ながら、素晴らしい演技でした。

映像は、普通だったが、PVは1985年をイメージして、荒い映像だった。その工夫は素晴らしいと思う。
藍の字

藍の字の感想・評価

4.2
速攻でダウンロードしたサントラを今聴いてます。めっちゃええ
バックトゥーザ・フューチャーのくだりわかるわかる〜って思いながら観てました笑
Momoko

Momokoの感想・評価

4.3
音楽が全て良い。
エイモンのキャラが好き。

港まで見送って、見送り終えた後のお兄ちゃんの姿に涙が出た。
>|