シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

mei

meiの感想・評価

3.5
期待しすぎた感。
ヒロインの女の子と主人公の男の子の釣り合ってなさが気になって仕方なかった。。
耳に残るアイリッシュアクセント、男の子細い歌声、数々のロックミュージック、50年代のオマージュ、、、と個人的にグッとくるものが多かった。

印象的なセリフは
“Your problem is that you’re not happy being sad. But that’s what love is, Happy sad”
ラフィーナが主人公に“悲しみの喜び”を知れというシーン。
それから“Do you want to go adventure?”
と言って船のデートに誘うのも良かった。聴き取りがあってるかはわからないが。

『バックトゥザフューチャー』のオマージュのシーンでは、主人公が尊敬する大好きな兄の再起、家族の再生、校長からの信頼、そしてラフィーナが来ること、現実逃避的な妄想が、悲観的ではなくあたかも希望に満ちた将来のように描かれていてその盛り上がりは、ラストの演奏シーンを凌駕しようかという勢いだった。

ラストシーンのCGがややチープな感じなのが惜しい。
あおい

あおいの感想・評価

3.3
すぐにバンド演奏ができる環境が整っているのは外国ならでは。または映画ならではと感じざるを得ないが、男の子達がバンドを結成してライブをするまでのまっすぐな青春ストーリーは清々しい。
MVの撮影シーンが特に印象的で、いつだってロックバンドにはかわいい女の子の存在が必要だと思わせられる。
劇中バンドの曲がどれも良く、アダム・レヴィーンの主題歌が流れるシーンもとても良い。
エリ

エリの感想・評価

4.5
10代のうちに観れて良かった映画。10代特有のあれこれに共感できる点があると思う。
すず

すずの感想・評価

3.7
テーマとか話はいいんだけど、どうしても主人公の男の子が美女に釣り合わなくて…マイナス0.4くらい
Tomo

Tomoの感想・評価

3.0
ロックにかけた高校生たちの青春ストーリー。バンドを組んだのは一目惚れした女の子を誘う口実としてではあったが、親の不倫、学校でのいじめ、主人公達を取り巻く辛い現実の数々を彼らは音楽でもって昇華させていく。
夢に向かって、進み続けた主人公に対して、夢を諦めながらも主人公の背中を押す兄の優しさがとても印象的だった。
ただ、どこか学芸会的な印象を抱いてしまったのも否めない。音楽は良かったが、もう少しストーリーに奥行きが欲しかった。
C

Cの感想・評価

4.0
女の子振り向かせたいからバンド組んでかっこよくなる、だけの映画じゃない

恋愛、労働、親、兄弟、人間関係…
生きてく中で困難はたくさんあるけど、これが現実だから、前向きに生きていこう、みたいな感じ
mizuki

mizukiの感想・評価

4.5
結局こういうの好き。