シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

4.0
ダサいがいつの間にかカッコいいに変わってた、観てて幸せになる映画。
そして父親がベイリッシュ公。
yuriko

yurikoの感想・評価

3.5
自信を無くした時に観るべき映画。
メロディのアレンジがオシャレで音楽シーンが良い。
ラストのシーンも観客に想像力を持たせるところが、初めに作った曲の歌詞ともリンクしてる様で全体的にバランス良かった。
Soma

Somaの感想・評価

4.2
バンドやりたくなるな。ルーシー・ボーイントンがかわいい
rina

rinaの感想・評価

-
孤児の物語ではないが、男女2人船に乗って英国に行くシーンはどこかceroのOrphanに似ているように思えた。(個人的にめちゃくちゃ好きな曲なのでイイ)
そして、最高にロックな学生さんたち。カッコイイよー
記録忘れ
bob2416

bob2416の感想・評価

3.6
音楽はどんな人の心をつなぐ、とはよくいうものです。複雑な家庭に生まれた主人公、ひょんなことから入学した学校、いじめ、恋、愛情、高校生の時に見たらきっとおセンチになるでしょう。心も多少荒んだこの齢で見る映画にしてはより第三者的に見れた映画でした。展開やキャラ設定、進行に多少の違和感あり、それでもさすが"はじまりのうた"の監督、歌のテイストや演出、曲の使い方は賞賛物。学校のマイクを通したノンエフェクトな生の音を彷彿とさせる作り方はこの映画で一番好きなところでした。
お兄ちゃんめーーちゃいい人
嵐の中命がけでいけるほどの人に出会ったことないけど?
母晴れ晴れしい映画。
ヒロインがかわいすぎ。
すぐ影響される感じが高校生っぽくてカワイイ。でも、音楽カッコ良かった。
sugar708

sugar708の感想・評価

4.5
個人的には音楽、映画の素晴らしさが沢山詰まった最高の映画だなと思います。

まだ自立できない思春期の子どもには、親や学校等どうにもできないことが沢山あって、その不満や怒りというのは全ての青少年共通だと思います。

そのフラストレーションを音楽に変えるというのは、正に青春の全てが詰まっているなと。

冒頭のアイルランドの社会情勢の映像を見れば、少年の校長等への不満や怒りは、恐らく当時の国民が抱える体制への不満や怒りとオーバーラップすると思います。

どんなに恐くても、前に進むことの大切さを教えてくれる映画です。
>|