シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価・動画配信

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

けい

けいの感想・評価

4.0
最初、このまま盛り上がらない映画ならどうしようなんて思ったけど、ジョン・カーニー監督には不要な心配でした。

冴えないメンバーで始めたバンド。
でも、鬱屈した様々な現実を抱えて歌う姿はロックだったし、青春だった。

ああ、グレる良さとは、これかもしれない。
ずっと観たいリストに入れっぱなしだったけど、やっと観た!
男の子がバンドを組む動機なんてそれでいい。バンドメンバーも、いじめっこも、お兄ちゃんも、みんなみんな最高。音楽もすごく良い。評価高いのも納得、最高の映画でした。
ルーシーボイントンは本当にかわいい。顔もだがわたしは声がすき。
ナツミ

ナツミの感想・評価

3.6
バンドを組む理由が高校生らしくて可愛らしい。どんどん男らしくなっていく主人公に目が離せなくなった。家庭環境や学校でのいじめなど、終始切なくなるシーンがたくさん。「悲しみの喜び」というセリフが全体を象徴してる。これはサントラ聞いちゃうな〜。
Junya

Junyaの感想・評価

-
※鑑賞記録用
Hayuco

Hayucoの感想・評価

-
めちゃくちゃよき。
曲もいちいちよき。

思春期の男の子たちがとんがってる姿がかっこよくもかわいくもある。
ただ思春期って言葉で表現するにはもったいない感じ。

最初はおぼこかったし、どこか頼りなかったコナーが、自信をつけて、媚びず強くなっていく姿がすごく好感を持てた。

将来どんな大人になるのかみてみたい。

また観たくなる映画。
サントラしばらくヘビロテや。
キヌ

キヌの感想・評価

4.0
2020.2.24
好きな女の子と仲良くなるためにバンドを組み、スター希望の彼女を主役にPVを撮るとか、動機が不純でベタだけど、それだけまっすぐで甘酸っぱくてキュンキュンする
主人公の一番の理解者だったお兄ちゃんがとても良かった

ラストの、なんともいえないしあわせなような切ないような悲しいような複雑な余韻は、「卒業」や「小さな恋のメロディ」を思わせた
青春バンド映画の傑作
バチくそかっこいい映画。
最後のお兄ちゃんあれ何あんな喜びされたらグッとくるやんせこいわ。
最初音楽映画かー知らん音楽流れんのきついなと思ったけどどんどん自信つく主人公に引き込まれる。人は変わってないのにかっこよくなっていく。
めっちゃ映画館で見たい映画。
やっぱりロックってカッコいいし自分の中でこーいうことやりたいねんってみんななると思う。
それは音楽がとかじゃなくて表現するってことにおいて。
ツネ

ツネの感想・評価

4.0
兄ちゃんが最高に好き
Alicia

Aliciaの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

サントラが欲しい
バックトゥーザフューチャー大好きだからオマージュしたステージが◎
衣装がかわいい

お兄ちゃんが良かったな
ちょっとカートコバーンに似てる
港で2人を見送って飛び跳ねてるの可愛い

小さなボートで英国に渡る展開は予想外でえぇ!本気で…!?と思ったけど歌詞も相まって泣いてしまった
自分で決断して踏み出さないと何も始まらないよね…
>|