シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

yuca

yucaの感想・評価

4.5
エイモンとウサギと暮らしますので
みほ

みほの感想・評価

4.0
Drive It Like You Stole It
いい曲だった〜😎
えみ

えみの感想・評価

4.0
親の不仲、経済的事情、馴染めない学校などなど、、、コナーは希望を持てずにいた。
最悪だった転校先でバンド仲間と出会い、一変する!!
バンド結成と聞くとキラキラしたイメージだが、コナー達のバンドは地味で学校でも浮いてる生徒達の集まり。
いじめられ、ホモと言われ、歩いていると指をさされる様なバンド。
そんな地味な生徒の集まりだけど、彼らの行動は抜群。誰に何を言われても堂々とバンド活動を続ける。
特にエイモンの家で曲作りをするシーンがお気に入り。
エイモンはコナーの良き理解者。
曲も良い曲!!!

お兄ちゃんがまた良い味出してる。
コナーが自分のやりたいことを見つけていく中、劣等感を感じ始めるが最後はコナーを応援するお兄ちゃん。
舟を見送りながら、ウォーーと叫ぶお兄ちゃんにも幸あれ!!

VIVA青春!!!!
マロコ

マロコの感想・評価

4.0
鑑賞記録
ギターがU2のジ・エッジの若い頃に似てて微笑ましかったです。

Pop Muzikからライヴへの流れにもU2が感じられてワクワク。

お兄さんの「フィル・コリンズを聴く男に女はホレない」にもニヤニヤ。
Marisa

Marisaの感想・評価

-
何者にもなれなかった兄の、弟は何者かになってほしいという期待と嫉妬の混ざり合う感じ、よかった。兄弟ってそうだよね。一番のライバルであり、最大の支援者。自分みたいなとこもあるのに完全に他者。
両親の離婚、学校ではいじめられ、校長には目をつけられ、そんな逆境の中でも好きな子に近づきたくて歌い続ける姿に感動。
男性がメイクしてバンドすることがまだなかった時代、この映画のようにホモとか野次られながらも自分の表現を曲げずに有名になっていった人達が実際にいたと思うと、本当にかっこいいと思う。
『ベルベットゴールドマイン』のジョナサン・リース・マイヤーズは、メイクした男性の中ではずば抜けて美しい。
恋したい
青春が詰まってる