シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価・動画配信

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

chamama

chamamaの感想・評価

4.0
ジョンカーニー監督の半自伝映画。すっごく良かったです。映画を観ながら、なんとなく「はじまりのうた」を思い出していましたが、同じ監督だと観終わった後に知り妙に納得。
主人公の男の子のちょっとダサいけど、時々妙にカッコいい、このチグハグな感じにやられました。曲も素敵でした。
「ONCEダブリンの街角で」も観てみたいです。
途中で飽きたぞ!
ゆう

ゆうの感想・評価

4.4
内容はもちろん良かった。
音楽も本当に良かった。やっぱり音楽好きだし、好きでいてよかった。
eri

eriの感想・評価

3.7
音楽が良すぎるなあ、声がまじで好きだ
api

apiの感想・評価

3.0
個人的にははじまりのうたの方が好きかな〜

ただ、基本オシャレなのに絶妙にちょいダサな世界観は好き。音楽も結構良い。ストレートな歌詞に若さを感じ、ベースが際立つメロディにエモさを感じる。青春いいなー
お兄ちゃんのキャラが1番好き。あったかい!
ソウー

ソウーの感想・評価

4.0
自分一人の力ってどれ程の物だろう?

この映画を見終わった時、ふとそんな疑問が浮かび上がりました。

時代背景は少々古いものですが、主人公の少年が直面する思春期の葛藤、無力感、そして情熱は、自身の少年時代とは似ても似つかないものであったとしても、非常に没入してしまうほどリアルでした。

フィクションであることは疑いようが無いのに、少年の感情の本質的な部分で、僕たちは共感してしまうのかもしれません。

生きる情熱を燃やすことは、案外難しいのかもしれませんが、共に困難に挑戦し、乗り越えようとする友人や、根底で愛し合うことのできる家族がいれば、例え無謀なチャレンジであったとしても、飛び込んでいけるはずです。

この映画には、そんな思いが込められていると感じました。
number14

number14の感想・評価

4.3
何事も半端はダメ、思いきり飛び込んでいく行動力の大切さを思い出させてくれる作品。家庭環境など順風満帆とは言えない彼らから発せられる言葉の一つ一つは重みや儚さがあって刺さる。またコナーとラフィーナの初々しさの残る表情や音楽を通して、はぐれ者から自分らしさを持った芯のある人間へと成長していくときの繊細な心情の変化が映し出されているのが魅力的。甘酸っぱい青春と80年代ロックの相性が抜群だった。
ichi

ichiの感想・評価

-
青春ですね
のん

のんの感想・評価

5.0
自身の境遇に悲観することなく、好きなことに邁進して成長していく主人公の姿に感動した。女性と少年だったのが、女性を守る青年へと成長しているところも良かった。
>|