シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

4.1

あらすじ

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音…

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まった-。

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

好き。
高校生の話なんだけれど、大人がみてもグッとくる部分が沢山ある。

このレビューはネタバレを含みます

こんな青春を送りたかった。少し薄い青の透明な風が吹き抜ける。
この監督の作品は音楽愛に溢れてて本当好き。
主人公のコニーがバンドを始めてどんどん男らしく格好よくなっていく。ボウイみたいに化粧して学校行くのは笑った。特に学校のライブシーンは最高。
ラストは悲しくないシーンなのに涙が出た。高校生の男の子が好きな人を英国に連れていく勇気と決断に胸がいっぱいになった。
あとコニーのお兄ちゃんが最後ガッツポーズしてるのも泣ける。多分上手くいかない人生を親や家庭環境のせいにしてきたのかな。きっとコニーの行動力を見てお兄ちゃんも希望や勇気が出たはず。
Mayano

Mayanoの感想・評価

4.5
やっとみれた〜いいねいいね!Dublinの電車も、あの港も懐かしすぎて鳥肌🕊
tnokhnk

tnokhnkの感想・評価

4.2
音楽が頭から離れなくなる。
いい曲書くなぁー。サントラ欲しい。
0

0の感想・評価

4.0
ハッピーエンドがわかってる映画は自分から見ないけど、あまりに勧められるから見てみたら面白くて、新しい発見をした感じ。
洋画自体、久しぶりに見た気がする。
内容はベタな印象だけど、挿入歌が全て良くてあっという間の100分だった。
コニーの兄、ブレンダン役のジャック・レイナーが人間味あるナチュラルなキャラクターで最高だった。
momoka

momokaの感想・評価

4.3
記念すべき200本目の洋画。

学校のはみ出し者達がバンド組んで夢に向かって我が道を進んでいく感じ好き。バンドの方向性考えて男でも構わず皆んなでメイクして個性的なバンド作っていくところも好き。
音楽も全部良かったし毎回思うけど海外の青春映画でよくあるプロムのシーンは何回見ても憧れるし素敵だなって思う。
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

2.5
同監督による前作のキーラ・ナイトレイ主演作があまりにも酷かったので、劇場に観に行くのはスルーしていた作品。
時代設定を80年代半ばにした点は新しいけど、お話はよくある青春バンドもの。
デュランに始まり、ジョー・ジャクソン、ジャム、スパンダー・バレエ、キュアー、ホール&オーツとお馴染みの曲が出て来て懐かしいが、アイルランド・バンドの帝王U2が名前も出てこないのは契約のせいかもしれないけど片手落ちの感じで残念。
ラストのボートでイギリスへ船出のシーンは、いかにもアイルランドが舞台の映画という感じ。
この作品、主人公とバンドやモデルの女の子の事よりも、実は兄弟愛の物語のような気がする。レイナード・スキナードのメンバーみたいなルックスの兄貴のキャラがいい。
というわけで、青春音楽バンド映画としては凡作だが、全く別の視点で観ると傑作だったという不思議な作品である。
ペニー

ペニーの感想・評価

3.3
見やすい。
トントン拍子。
人生こううまくいくといいよね。

映画なんだからそれでいいんだとは思うけど、「青春」系の映画は好きなジャンルであるからちょっと物足りなかった。

曲を作ったりMV作ってるとこはよくて、始まり方と終わり方に雑さを感じてしまった。

歌は相変わらず良い。

もっと抑圧され続けたら輝いたのにと思うのは酷いかな。
なお

なおの感想・評価

-
音楽って映画の重要な要素だと改めて気づかされる。最後の船乗ってるシーン最高だった、未来が待ってるって感じで。

それにしても主人公の兄のキャラクターが良すぎた。