シング・ストリート 未来へのうたの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

シング・ストリート 未来へのうた2016年製作の映画)

Sing Street

上映日:2016年07月09日

製作国:

上映時間:106分

4.1

あらすじ

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音…

1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まった-。

「シング・ストリート 未来へのうた」に投稿された感想・評価

Daichi

Daichiの感想・評価

3.5
音楽を教えてくれる兄、気になる女の子にMV出演を依頼、教師へのレジスタンス、カセットテープ直録り…こんな青春送ってみたかったな
ルン

ルンの感想・評価

3.5
「This is your life, you can go anywhere!」

若いっていいな、若さゆえか、青春だ〜。主人公・コナーのステキな兄貴と、良き相談者なエイモンが個人的にたまらなかったのでした。かっこいい。
もともと音楽を聴くのが好きなので音楽に関連する映画を見る機会が多いけれど、なんとなく「はじまりのうた」を感じさせるような…と思ったら同じジョン・カーニー監督だったらしい。納得!
ラフィーナに一目惚れしたコナー、だけじゃなくてラフィーナ自身も、見た目や服・態度に変化が生まれてくるのはにやつく。序盤と終盤でコナーとラフィーナを比べたら面白いくらいにふたりは人生が変化してる。たったひとりの人間と出会うだけでこんなに変われちゃうんだぜ、世界が変わったんだぜ!っていうのがストレートに伝わる青春。
学校の体育館、ドレスやスーツを着たみんなが楽しく踊る中でコナーが「君は何にだってなれる!」と叫び歌うのが、エモすぎたね。うまいこと音楽と映像を融合させてる。兄貴みたいなこと言っちゃったな。笑 エモ映画です。
かいち

かいちの感想・評価

3.5
みんな好きな青春映画によくあがっててずっとみたいと思ってたけどついに鑑賞!

だけどなんだろう音楽性の違いかバンドメンバーがタイプじゃなかったからかいまいちはまらなかった…
テンポはいいけどストーリーにもっと深みがあってほしいのと全体的にお洒落なほうが好みなのかもしれない。あとはアイルランドよりスコットランドのほうがたぶん好き。
BACK TO THE FUTUREネタがあったのとまさかのベイリッシュ公登場がツボでした(笑)
FuUnA

FuUnAの感想・評価

4.5
🎧Go Now

またもや、アダムの曲だった

そして私は音楽作品には弱い

本当に素敵だった

鳥肌もの
ののの

のののの感想・評価

4.0
主人公がとても素敵。
本当にまっすぐで、好きなことに夢中になれる男の子。
やっぱり学生っていいなぁ笑
まつの

まつのの感想・評価

4.5
どの映画でも音楽で人を惹きつけられる少年の魅力は無限大。どんどんバンドが上手くなってかっこよくなっていくところに惚れた!!
go

goの感想・評価

3.6
ストーリーとかはいいんだけど、なんかのめり込めなかった
音楽できるってすてきだなーと、こんな生活羨ましい
Sayon

Sayonの感想・評価

4.0
音楽やってる身としては、曲がつくられていく過程がとても理想的で、ワクワクした。

バンドとして成熟していくとともに、人として、男としても成長していく主人公。
物語が良かっただけに、主人公以外のキャラクターや世界観の描き方が、少し雑だなと感じました。
なんも考えず選んだらめっちゃよかった。バンドが好きな人は絶対おもろい。少年少女がクソダサいMVを作るのだが、おもわず笑った。最初はヘタくそやけどどんどん上達して最後は泣かされそうなくらい染みる歌うたいます。最低な校長に送る曲がスカッとします。バンドを組む友人がうさぎ飼ってるとことか笑える。 にいちゃん最高。ダブリンの街並みが田舎な感じでまた良い。行ってみたい場所。
せーじ

せーじの感想・評価

4.6
多方面から評判の良さを聞いていて、絶対に観ようと思っていたこの作品。
Netflixで発見し、速攻でダウンロード。
観て良かったと思える、すごく好きな作品になりました。

ストーリーは、最初こそ監督の自伝的な物語らしく、ドキュメンタリックで忠実なつくりなのだけれども、中盤あたりから、それが徐々にフィクショナルでファンタジックな展開に移り変わっていく。そのグラデーションのつけ方がものすごく巧みで説得力があるうえに、とても楽しい。何故なら、劇中彼らが"音楽の力を信じて"作り上げた様々な楽曲が、彼らにのしかかる重苦しくて暗い現実を、軽々と吹き飛ばしていたからだ。

そう、女の子にモテる為にバンドをやるというのは、単なるきっかけに過ぎなくて、この作品はクソみたいな現実と抗う方法を、"音楽"を使ってわかりやすく楽しく伝えようとしているのだと思う。

もちろん意地悪な言い方をしてしまうと、女の子を振り向かせる為にバンドをやって、バンドの人気も好きな女の子もまんまと体良く手に入れてしまうというのは、あまりに嘘くさいご都合主義だと言われても仕方がないのかもしれない。けれども、自分はその想いの素直さそのものはすごくわかりやすくて好きだし、その為にどうするべきかをカッコよく見せることこそ、映画をはじめとしたエンターテインメントの本質のひとつなのではないだろうかとも思う。
絶望させるような現実をまざまざと見せつける作品があっていいなら、こういう作品もあっていいのではないだろうか。
そう、思うのだ。

この作品は、それがとてもよく出来ていて、感動させられました。
「全ての兄弟達に贈る」傑作です。