ダゲレオタイプの女の作品情報・感想・評価

ダゲレオタイプの女2016年製作の映画)

La Femme de la Plaque Argentique

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.6

あらすじ

ダゲレオタイプの写真家ステファンのアシスタントに偶然なったジャン。その撮影方法の不思議さに惹かれ、ダゲレオタイプのモデルを務めるステファンの娘マリー恋心を募らせる。しかし、その撮影は「愛」だけではなく苦痛を伴うものだった…。芸術と愛情を混同したアーティストである写真家のエゴイスティックさ、父を慕いながらも拘束され続ける撮影を離れ自らの人生をつかみたいマリーの想い、撮影に魅了されながらもただマリー…

ダゲレオタイプの写真家ステファンのアシスタントに偶然なったジャン。その撮影方法の不思議さに惹かれ、ダゲレオタイプのモデルを務めるステファンの娘マリー恋心を募らせる。しかし、その撮影は「愛」だけではなく苦痛を伴うものだった…。芸術と愛情を混同したアーティストである写真家のエゴイスティックさ、父を慕いながらも拘束され続ける撮影を離れ自らの人生をつかみたいマリーの想い、撮影に魅了されながらもただマリーとともに生きたいというジャンの願い、そして、自ら命を絶っていたステファンの妻の幻影…愛が命を削り、愛が幻影を見せ、愛が悲劇を呼ぶ。世界最古の撮影を通して交わされる愛の物語であり、愛から始まる取り返しのつかない悲劇。

「ダゲレオタイプの女」に投稿された感想・評価

machida

machidaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

個人的な理由で(ただの寝不足)、ものすごく眠かったんだけど、最後まで寝ることなく、退屈せずに見れました。

この映画は海外資本だけど、Jホラー的表現、人と人ならざるものの描き方、光の陰影、揺れるカーテンや半透明の遮蔽物など…いつもの黒沢印がいたるところに散見されて楽しかった。

これをホラーとして見てしまうと、少し食い足りなさが残る気がする。
でも、黒沢監督が言うように「日本の怪談映画の形式で描かれたラブストーリー」として見れば、じっとりとした形容しがたい余韻が手の中に残るような、哀しい愛の物語に思えて、とても好きだった。

また監督自身も少しインタビューで触れてたけど、
ダゲレオタイプという狂気じみた撮影技法に固執し、永遠に取り憑かれた登場人物を、「映画監督」という職業に重ねて見ることもできて、いろんな厚みを持った作品だなあと思った。

人と人ならざるものが交わる”境界”を舞台にした映画を個人的な事情でかなり眠い状態で見て、帰り道眠気をこらえきれず安全なところに車を止めて寝てしまった。
結果なんだか良い感じにトリップすることができて、とても良い映画体験ができた笑
辛々

辛々の感想・評価

4.0
クリーピー宜しく、どうってことないシーンに常に気味悪がらされるのは、ホラーが苦手な自分にとってはかなり苦痛(良い意味で)
テーマにもかかってくる部分だと思うけど至る所で出てくる鏡がもう気になって気になって仕方がない。
コンスタンス・ルソーの朧げな瞳も生きてるんだか死んでるんだかわからんし。


もっと黒沢作品観たいけど、一人だと怖くて観れない。自分のビビリを恨む。
えり

えりの感想・評価

3.5
私これ結構好きです。
フランスで撮っても黒沢清は黒沢清。
揺らめくカーテンに不穏さを覚え、鏡が映ればその奥に誰かがいるのではないかと疑ってしまう。
結局なにが真実なのか……と疑いつつも迎えるラストに一気に脱力。中だるみ感もないではないけど、堪能しました。
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

2.0
写真撮るのにこんなにも力使うなんて知らなかった、、、。
撮影終わった瞬間倒れこむなんて体力仕事なんやなー。
後半は全く関係ないけど笑笑
Qoo

Qooの感想・評価

2.4
長すぎる。じわじわとくる恐怖。
前半はダゲレオタイプの撮影の方に重点を置かれているが、後半はほぼ関係なし…
眉間にしわを寄せて見るというか、堅苦しい?気難しい感じかな。
それが余計に恐怖。もっかい見てしっかり考えたいなあ
やっぱり黒澤監督の映画ってなんかカメラの撮り方とか演出とかが絶妙に気持ち悪くて好き。笑

終盤の奥さん降臨シーンガチ怖。笑笑

あとヒロインのあのオドオドした演技がちょっと前田敦子に似ていると思ったのは自分だけでしょうか。
単純に面白くない。

ただただ長かった。

が、後半の菜園のシーンで、普通の監督ならギャグに成りかねないところを、しっかり怖がらせてくる黒沢監督はさすが。

ヒロインの眼が終始キョロキョロしてるのは演技なんですかね?レーシック患者みたいで非常に気になった。

マチュー目当てのお姉さま方がいたら、超絶ゲスト扱いという事を伝えておきます。
【死は静であり、そこに美宿る】

「ダゲレオタイプの女」という題とジャケットからして、相当静謐な雰囲気で描かれる作品かと思っていたので、そのギャップから結構展開に富んでいたなぁという印象強め。撮影場面を丹念に描くシーンが一つくらいあっても良かった気がするけどなぁ。でも完成度の期待は流石、裏切りませんでしたね。

【植物】
【献身】
【水銀】
【残痕】
といったテーマ材料らしきものは盛りだくさんなんだけど、その因果律は簡単に名状できないのが黒沢清映画の底力。
「母」という不在の魔力が土地、娘への呪縛霊となっている今と過去と未来の因果を主に描いているのだと思うのだが、【撮る/撮られる】【男/女】の関係も物語の中で巧みに織り込まれ、提示されている。
総括するならば結局は推しメンのあの娘はうんこしないっていうアイドルオタクのソレってことでいいんでしょうかね笑。
でもそれをここまでクレバーに、耽美に描いちゃうんだから黒沢清はやっぱ凄い。
清映画ではいつも重視されてはいるんだけど、本作の現実と非現実の曖昧になっていく、錯乱していく経過の演出はなかでも格別。

そしておそらくだがゴシックホラーの傑作「回転」に本作は影響を受けているのではないだろうか。テーマも演出も結構似てると思う。特に亡霊の登場の仕方。日常になんともなく佇むおどろしさ、窓の外からぬぅぅって姿を現わすとこなんか間違いないと思う。
だけど「回転」は白黒だからでもあるが、比べてしまうと2、3段階「回転」の演出のが映えていると思う。扉に頼る優等生やってもあれには敵わない。せっかくのフランスだったなら雰囲気だけでなくもっと全体的に冒険して欲しかった。
>|