ダゲレオタイプの女(2016年製作の映画)

La Femme de la Plaque Argentique

上映日:2016年10月15日

製作国:
  • フランス
  • ベルギー
  • 日本
  • 監督
    黒沢清
    脚本
    黒沢清
    キャスト
    タハール・ラヒム
    コンスタンス・ルソー
    オリヴィエ・グルメ
    マチュー・アマルリック
    あらすじ
    ダゲレオタイプの写真家ステファンのアシスタントに偶然なったジャン。その撮影方法の不思議さに惹かれ、ダゲレオタイプのモデルを務めるステファンの娘マリー恋心を募らせる。しかし、その撮影は「愛」だけではなく苦痛を伴うものだった…。芸術と愛情を混同したアーティストである写真家のエゴイスティックさ、父を慕いながらも拘束され続ける撮影を離れ自らの人生をつかみたいマリーの想い、撮影に魅了されながらもただマリーとともに生きたいというジャンの願い、そして、自ら命を絶っていたステファンの妻の幻影…愛が命を削り、愛が幻影を見せ、愛が悲劇を呼ぶ。世界最古の撮影を通して交わされる愛の物語であり、愛から始まる取り返しのつかない悲劇。

    「ダゲレオタイプの女」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/12/03
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    個人的な理由で(ただの寝不足)、ものすごく眠かったんだけど、最後まで寝ることなく、退屈せずに見れました。

    この映画は海外資本だけど、Jホラー的表現、人と人ならざるものの描き方、光の陰影、揺れるカーテンや半透明の遮蔽物など…いつもの黒沢印がいたるところに散見されて楽しかった。

    これをホラーとして見てしまうと、少し食い足りなさが残る気がする。
    でも、黒沢監督が言うように「日本の怪談映画の形式で描かれたラブストーリー」として見れば、じっとりとした形容しがたい余韻が手の中に残るような、哀しい愛の物語に思えて、とても好きだった。

    また監督自身も少しインタビューで触れてたけど、
    ダゲレオタイプという狂気じみた撮影技法に固執し、永遠に取り憑かれた登場人物を、「映画監督」という職業に重ねて見ることもできて、いろんな厚みを持った作品だなあと思った。

    人と人ならざるものが交わる”境界”を舞台にした映画を個人的な事情でかなり眠い状態で見て、帰り道眠気をこらえきれず安全なところに車を止めて寝てしまった。
    結果なんだか良い感じにトリップすることができて、とても良い映画体験ができた笑
    中庭
    中庭の感想・レビュー
    3日
    3.9
    現像された巨大な写真を水で冷やしているショットの水蒸気の瑞々しさ、とても美しく撮られていたなあ…。
    ファースト・ショットが電車だったのには驚いた。
    yuka
    yukaの感想・レビュー
    2017/04/11
    3.7
    黒沢清のカメラはやっぱおもろい、でもここまでダラダラ繰り広げられると眠い
    タカハシサキコ
    タカハシサキコの感想・レビュー
    2017/04/10
    4.3
    次の瞬間にもうすべて無くなってしまうことへの無駄な抵抗はいつの時代も必死で、でも叶わなくて、永遠への願望は尽きないんだなぁって。そんな願望を抱いたことのある人にとっては辛い映画だと思います。辛かったけど、好きです。
    人間
    人間の感想・レビュー
    2017/04/08
    -
    2017.04.08@新文芸坐
    肥田勇也
    肥田勇也の感想・レビュー
    2017/04/08
    4.0
    フランス映画であろうと黒沢清映画好きなんやなー自分、と思いました。まだ『神田川淫乱戦争』『カリスマ』『クリーピー 偽りの隣人』と本作しか観てないんだけど。

    前半の「世界最古の撮影技法で永遠の美しさを〜!」みたいな辺りはふーんって感じだったけど、あの家を売るかどうかって話が出たあたりから俄然不穏な空気が流れてよろし。ラストのぞっとするほどの切なさ。
    青空のマリー
    青空のマリーの感想・レビュー
    2017/04/07
    -
    事件性を帯びた男女が車で逃げる道すがらエッフェル塔が映るシーンでゴダールの「気狂いピエロ」を思い出し、通りがかった教会で思いつきで結婚式を挙げるシーンで「夜の人々」でこんなシーンなかったけと思い、針金でつくった指輪に「河内カルメン」って思ったけど、だからなんだというわけではない(べつに引用してるわけでもなさそう)。というか、引用したからといってなんなんだと思ってしまいがちな側の人間だからかもしれないけど…。トリュフォー映画がヒッチコックをオマージュするのとかはお茶目だからすきだけど。
    撮影時間がだんだんと伸びていって娘が意識を失うくだりがいちばん興奮しました。
    みゆき
    みゆきの感想・レビュー
    2017/04/06
    2.9
    終始緩みっぱなしで怖さ半減という印象。
    めい
    めいの感想・レビュー
    2017/04/05
    3.4
    「此処と彼岸の境界」

     主人公ジャンは世界最古の写真撮影法ダゲレオタイプの写真家ステファンの助手になり、彼の娘でモデルのマリーと恋仲になる。長時間モデルの身体を拘束する撮影から、ジャンはマリーを救おうとするが……。

     黒澤清監督の、観る者を不安にするカメラワーク、此処と彼岸の境界を暗示する構図やショットなど、黒澤清監督の映像世界が存分に発揮された作品だった。どこからが現実でどこからが幻か、永遠と一瞬、生と死、主観と現実の曖昧さに、ずっと不安になりながら観た。
     最後が分かりやすすぎたのがちと残念…。

     この前観た黒澤清監督の『クリーピー 偽りの隣人』も、ダゲレオタイプの女も、どちらも主題は好きなのだが、最後が明快すぎて、監督の持ち味の後味の悪さが足りなかったのが、個人的には不満だった。
    ogawanderland
    ogawanderlandの感想・レビュー
    2017/04/02
    3.0
    西洋のクラシックな雰囲気でも画が上手くてさすが黒沢清と思った。ホラー苦手だから警戒したけどそんなに怖くなく、謎に引き込まれた。
    >|