ダゲレオタイプの女の作品情報・感想・評価

ダゲレオタイプの女2016年製作の映画)

La Femme de la Plaque Argentique

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.6

あらすじ

ダゲレオタイプの写真家ステファンのアシスタントに偶然なったジャン。その撮影方法の不思議さに惹かれ、ダゲレオタイプのモデルを務めるステファンの娘マリー恋心を募らせる。しかし、その撮影は「愛」だけではなく苦痛を伴うものだった…。芸術と愛情を混同したアーティストである写真家のエゴイスティックさ、父を慕いながらも拘束され続ける撮影を離れ自らの人生をつかみたいマリーの想い、撮影に魅了されながらもただマリー…

ダゲレオタイプの写真家ステファンのアシスタントに偶然なったジャン。その撮影方法の不思議さに惹かれ、ダゲレオタイプのモデルを務めるステファンの娘マリー恋心を募らせる。しかし、その撮影は「愛」だけではなく苦痛を伴うものだった…。芸術と愛情を混同したアーティストである写真家のエゴイスティックさ、父を慕いながらも拘束され続ける撮影を離れ自らの人生をつかみたいマリーの想い、撮影に魅了されながらもただマリーとともに生きたいというジャンの願い、そして、自ら命を絶っていたステファンの妻の幻影…愛が命を削り、愛が幻影を見せ、愛が悲劇を呼ぶ。世界最古の撮影を通して交わされる愛の物語であり、愛から始まる取り返しのつかない悲劇。

「ダゲレオタイプの女」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

個人的な理由で(ただの寝不足)、ものすごく眠かったんだけど、最後まで寝ることなく、退屈せずに見れました。

この映画は海外資本だけど、Jホラー的表現、人と人ならざるものの描き方、光の陰影、揺れるカーテンや半透明の遮蔽物など…いつもの黒沢印がいたるところに散見されて楽しかった。

これをホラーとして見てしまうと、少し食い足りなさが残る気がする。
でも、黒沢監督が言うように「日本の怪談映画の形式で描かれたラブストーリー」として見れば、じっとりとした形容しがたい余韻が手の中に残るような、哀しい愛の物語に思えて、とても好きだった。

また監督自身も少しインタビューで触れてたけど、
ダゲレオタイプという狂気じみた撮影技法に固執し、永遠に取り憑かれた登場人物を、「映画監督」という職業に重ねて見ることもできて、いろんな厚みを持った作品だなあと思った。

人と人ならざるものが交わる”境界”を舞台にした映画を個人的な事情でかなり眠い状態で見て、帰り道眠気をこらえきれず安全なところに車を止めて寝てしまった。
結果なんだか良い感じにトリップすることができて、とても良い映画体験ができた笑
レンタルDVD 字幕
退屈だった。けど普通じゃなかった。
現実と亡霊の狭間をゆらゆらと浮遊しているような不安感。
m

mの感想・評価

3.4
記録
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
海外作品と言ってもめっちゃ黒沢清監督だなって感じでいうかにわかファンだからどこがどうとか言えないけど今までの監督作で見たことあるみたいなデシャヴっぽいのがちょいちょいあって手持ちのテクを駆使したんだなって感じだし向こうのファンにしたらちょうど期待された感じで喜ばれたのではないか。
娘役の女優さん最初は線が細くて主役って感じじゃないなって印象だけど結局それがハマってた。
nekop

nekopの感想・評価

2.6
字幕
何の事前知識もなく見始めたけど母親がどうのこうの話している序盤で仕掛けがわかってしまった。寝落ちしそうになりながら何とか最後まで鑑賞。最後はほんまに不気味やった。こういう人たまにおるやん、ていうリアルな不気味さです。
絵は綺麗でした。さすがフランス映画。
て思ったら監督日本人かい。
にら

にらの感想・評価

-
なんて現したらいいんだろ………
とにかく幻想的で、不気味で、どこからが現実なのか、空想なのか
みている私も、惑わされて
ポスターが気になって、みたけど………
思っていたのとはだいぶ違うし、あまりのホラーチックさに ただ、ただ 困惑
嫌いではないけど、こういうタイプの映画と知らないでみたら、なかなかに精神にくる。
真夜中にみてないだけ良かったかな………
9月

9月の感想・評価

3.8
あーこの不気味さ、なんといえばいいんだろう。
黒沢清監督ワールド。
>|