ダゲレオタイプの女(2016年製作の映画)

La Femme de la Plaque Argentique

上映日:2016年10月15日

製作国:
  • フランス
  • ベルギー
  • 日本
  • 監督
    黒沢清
    脚本
    黒沢清
    キャスト
    タハール・ラヒム
    コンスタンス・ルソー
    オリヴィエ・グルメ
    マチュー・アマルリック
    あらすじ
    ダゲレオタイプの写真家ステファンのアシスタントに偶然なったジャン。その撮影方法の不思議さに惹かれ、ダゲレオタイプのモデルを務めるステファンの娘マリー恋心を募らせる。しかし、その撮影は「愛」だけではなく苦痛を伴うものだった…。芸術と愛情を混同したアーティストである写真家のエゴイスティックさ、父を慕いながらも拘束され続ける撮影を離れ自らの人生をつかみたいマリーの想い、撮影に魅了されながらもただマリーとともに生きたいというジャンの願い、そして、自ら命を絶っていたステファンの妻の幻影…愛が命を削り、愛が幻影を見せ、愛が悲劇を呼ぶ。世界最古の撮影を通して交わされる愛の物語であり、愛から始まる取り返しのつかない悲劇。

    「ダゲレオタイプの女」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/12/03
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    個人的な理由で(ただの寝不足)、ものすごく眠かったんだけど、最後まで寝ることなく、退屈せずに見れました。

    この映画は海外資本だけど、Jホラー的表現、人と人ならざるものの描き方、光の陰影、揺れるカーテンや半透明の遮蔽物など…いつもの黒沢印がいたるところに散見されて楽しかった。

    これをホラーとして見てしまうと、少し食い足りなさが残る気がする。
    でも、黒沢監督が言うように「日本の怪談映画の形式で描かれたラブストーリー」として見れば、じっとりとした形容しがたい余韻が手の中に残るような、哀しい愛の物語に思えて、とても好きだった。

    また監督自身も少しインタビューで触れてたけど、
    ダゲレオタイプという狂気じみた撮影技法に固執し、永遠に取り憑かれた登場人物を、「映画監督」という職業に重ねて見ることもできて、いろんな厚みを持った作品だなあと思った。

    人と人ならざるものが交わる”境界”を舞台にした映画を個人的な事情でかなり眠い状態で見て、帰り道眠気をこらえきれず安全なところに車を止めて寝てしまった。
    結果なんだか良い感じにトリップすることができて、とても良い映画体験ができた笑
    tomonohu
    tomonohuの感想・レビュー
    1日
    3.9
    📽こいつぁ、、、ホラーのジャンルとして観たけど、うーん。違うな!すごく上質なサスペンスって感じ!「ゴースト」とか「アザーズ」とか好きな人にオススメで、一筋縄ではいかない人間の感情も巻き込んだホラー映画やと思う!

    📽ストーリーはこれだけ抑えれば充分!⇨仕事を転々とするジャンが辿り着いたダゲレオタイプカメラマンの撮影助手。撮影時間中微動だにしてはいけない被写体。長年被写体を務めるカメラマンの娘マリと彼女をサポートするジャンの間に恋心が芽生えるも、、、

    📽「静」と「動」⇨この映画は何においてもこの二文字に尽きる!ダゲレオタイプカメラという「静」の要素とそれを取り巻くカメラマン・マリ・ジャンの人間関係である「動」。

    📽「静」と「動」はまた、「死」と「生」のイメージも彷彿とさせる!

    📽その二文字は物語の展開にも影響するけれど、映像の見せ方やシーン・カットでも度々「静」と「動」の上手い使い分けがしてあった!少し長回しのシーンにいきなり何かが横切ったり、画面一杯に恐怖が広がるホラーシーンで敢えて静かなカットを何回も挟んであったりと!時々ハッとしてその後鳥肌がやばかたwwww

    📽もう一つ感心したのが、雰囲気に頼らない映画作り、脚本作り!怖がらせたいから夜に暗がりから急に飛び出すおばけは、まあびっくりするわ。でもこの映画は敢えての昼のシーンが多いし、昼にホラー描写を持ってくるあたりがセンスを感じる。

    📽あと主役の俳優さんの演技とマリ役の女優さんの表情がそれぞれ映画を引き立てつつ、怖かったり切なかったりした(´;Д;`)
    666
    666の感想・レビュー
    1日
    -
    相変わらず動線や街や建物に対するポジション取りとカット割は個人的快楽だった。

    でも平常運転のわりには長いよー。
    人描かない特権あるんだからプロットの間いらんくないか。

    肝心のダゲレオタイプの要素の意味が…。
    銃×車×女ヒャハーっていうラストもいまいち覚悟が足りないのでは?

    警察仕事しろよというマジレスも。
    りな
    りなの感想・レビュー
    2日
    4.0
    間接的な恐怖ってメッチャ怖いなって思いました。
    誰もいないはずの場所なのに「女の人がいたよ」と言われたとか、あの場所って何かがあるらしいよ、みたいな噂とか。
    何か見た訳じゃないのに色々想像を掻き立てられると恐怖って倍増しますよね。
    私はそんな映画だなと感じます。

    焦らされ焦らされた末に衝撃的な終わり方。あのタイミングでってのがセンスありすぎて脱力しました。息止めて見てたみたいで終わった瞬間ゼェゼェでした。

    関係ないですが、写真に残ることは永遠になることっていうのもよく考えると怖いなと感じました。
    ヨシュカ
    ヨシュカの感想・レビュー
    2日
    3.3
    素材は面白いけど主人公の描き方があまり上手くなく、魅力もないし、行動にえ?ってなった。また、真相もだんだんと明らかになる方が面白くできたと思う。
    ルネ
    ルネの感想・レビュー
    2日
    3.0
    2016年10月16日公開。 監督・脚本は黒沢清。

    ゲダレオタイプという古い技術を使う写真家(オリヴィエ・グルメ)の助手になった青年(タハール・ラヒム)が、その世界に巻き込まれていくお話。

    構図の美しさとか、街並みの映し方、古い屋敷のいい感じな雰囲気など、映像がすごく良かった。 娘をモデルにゲダレオタイプで写真を撮り続ける、ヤバい雰囲気の写真家も怖くていい。

    なのだが脚本が雑というか適当な感じだし、語りすぎていて残念だった。 全部説明しちゃってます。

    上記に2人に加えて、マシュー・アマルリックも起用しているのだが、キャラクターに魅力がないのもテンションが上がらない要因。 ヒロインがもうちょっとキラキラしてたり、セクシーだったりしたら、多少良かったかもしれない。

    監督の前作『クリーピー』や、『トウキョウソナタ』は大好きなのだが、これはちょっと自分には合わない作品でした。
    miyu
    miyuの感想・レビュー
    2日
    3.8
    タハール ラヒムゎ日本人ウケする顔の様な気がする!
    何故か親しみを感じる…
    『ある過去の行方』を見て以来、ワタシゎ彼が結構好きだ。。。
    映画で、彼の名前を見つけると、嬉しくなる…

    ワタシ、邦画をあまり見ないので、黒沢清監督だと意識しないで見た。。。
    彼の作品、『クリーピー』と『贖罪』ぐらいしか見てないが、この映画は、結構好き❣️
    チョット、小川洋子さん原作の『薬指の標本』の映画版を思わす雰囲気があった…
    ヨーロッパを舞台にすると、美しさが倍増する…

    エゴか、妄想か、固執か…

    何かにとらわれてしまうと、周りにいる者をひきずりこんでしまうし…
    その不幸を結局は、自分自身が引き受けなければならない…

    心拍数は、結構早くなるオカルトチックな要素を内在しながら、ラブを感じる…
    不思議な映画でした🎬
    YokoGoto
    YokoGotoの感想・レビュー
    2日
    3.4
    ー存在しない空間にある、存在感の怖さは健在ー

    黒沢清監督作品に、タハール・ラヒムが出ている。

    それだけで映画ファンは、若干、鼓動が激しくなってしまう。
    そんな、黒沢清監督が撮った日仏合作映画。

    あまり、事前情報を入れずに観たので、どのジャンルに入るのかわからなかったが、やはり黒沢清監督らしい『ホラー・サスペンス』なんだろうな、と思った。

    正直、前作の『クリーピー』は、あまり個人的にはまらなかった作品だったのだが、あの作品とは、だいぶ異なる質感にしあがっているあたりは、黒沢清監督の幅広さも感じさせてくれる。

    日仏合作といいながら、キャストがフランス人俳優だし、舞台もフランス、言語もフランス語なので、完全にフランス映画っぽい。
    ただ、全体の質感は、やはり黒沢清監督の風合いが感じられ、ついつい『このシーンを日本人俳優が演じたら、どんな感じになるかな?』と重ねて観てしまった。(なかなかタハール・ラヒムにかわる日本人俳優はみあたらないが)

    ただし、ホラー・サスペンスといいながら、観客をホラーで驚かせるシーンは殆ど無いので、一見、ホラーに見えない。
    しかし、瞬間的に、あの『ゾッとする感じ』が断続的に盛り込まれているため、それらが積み上げられる事による、背すじが凍る感じこそ、黒沢清監督の十八番なのだろう。

    変わらず、『そこには無いはずの存在感』と、恐怖が浮かび上がってくるような演出はさながらである。

    そして、ダゲレオタイプという古典的な撮影法にとりつかれたフォトグラファーの恐怖と、そこに入り込んでしまったアシスタントの迷走が、ラブストーリーの中で、うまく展開していくシナリオは、なかなか良かった。

    シナリオの渋さと、タハール・ラヒムしかり、フランス人俳優の雰囲気で、なかなか重厚な画にしあがっているが、ただ、スマッシュヒットを飛ばすような作品とは違うので、なかなか話題にあがりずらいだろうな、という感想。

    ただ、日本人監督である黒沢清監督が、タハール・ラヒムを主演にした映画を撮っただけで、鳥肌ものなので満足。
    kana
    kanaの感想・レビュー
    3日
    3.4
    マリーの目がブルブルブルブル…
    佐方和仁
    佐方和仁の感想・レビュー
    3日
    -
    室内植物園、古い屋敷、
    >|