ダゲレオタイプの女の作品情報・感想・評価

ダゲレオタイプの女2016年製作の映画)

La Femme de la Plaque Argentique

上映日:2016年10月15日

製作国:

3.6

あらすじ

ダゲレオタイプの写真家ステファンのアシスタントに偶然なったジャン。その撮影方法の不思議さに惹かれ、ダゲレオタイプのモデルを務めるステファンの娘マリー恋心を募らせる。しかし、その撮影は「愛」だけではなく苦痛を伴うものだった…。芸術と愛情を混同したアーティストである写真家のエゴイスティックさ、父を慕いながらも拘束され続ける撮影を離れ自らの人生をつかみたいマリーの想い、撮影に魅了されながらもただマリー…

ダゲレオタイプの写真家ステファンのアシスタントに偶然なったジャン。その撮影方法の不思議さに惹かれ、ダゲレオタイプのモデルを務めるステファンの娘マリー恋心を募らせる。しかし、その撮影は「愛」だけではなく苦痛を伴うものだった…。芸術と愛情を混同したアーティストである写真家のエゴイスティックさ、父を慕いながらも拘束され続ける撮影を離れ自らの人生をつかみたいマリーの想い、撮影に魅了されながらもただマリーとともに生きたいというジャンの願い、そして、自ら命を絶っていたステファンの妻の幻影…愛が命を削り、愛が幻影を見せ、愛が悲劇を呼ぶ。世界最古の撮影を通して交わされる愛の物語であり、愛から始まる取り返しのつかない悲劇。

「ダゲレオタイプの女」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

個人的な理由で(ただの寝不足)、ものすごく眠かったんだけど、最後まで寝ることなく、退屈せずに見れました。

この映画は海外資本だけど、Jホラー的表現、人と人ならざるものの描き方、光の陰影、揺れるカーテンや半透明の遮蔽物など…いつもの黒沢印がいたるところに散見されて楽しかった。

これをホラーとして見てしまうと、少し食い足りなさが残る気がする。
でも、黒沢監督が言うように「日本の怪談映画の形式で描かれたラブストーリー」として見れば、じっとりとした形容しがたい余韻が手の中に残るような、哀しい愛の物語に思えて、とても好きだった。

また監督自身も少しインタビューで触れてたけど、
ダゲレオタイプという狂気じみた撮影技法に固執し、永遠に取り憑かれた登場人物を、「映画監督」という職業に重ねて見ることもできて、いろんな厚みを持った作品だなあと思った。

人と人ならざるものが交わる”境界”を舞台にした映画を個人的な事情でかなり眠い状態で見て、帰り道眠気をこらえきれず安全なところに車を止めて寝てしまった。
結果なんだか良い感じにトリップすることができて、とても良い映画体験ができた笑
これとても好き。日本の幽霊ストーリーがフランス舞台のフランス映画になるとこうなるんだ…と思いながら観た。古き良きダゲレオタイプの撮影装置、あの被写体を金具で固定する姿がなんとも印象的で、生(=生身の人間)なのに死(=写真)に見え、美しいと同時に変な鳥肌たった
1127sn

1127snの感想・評価

3.5
静かに何かが始まる、あの感じが好きです。

怪談。
メ

メの感想・評価

-
赤い服から青い服にお着替えして、東京からフランスにお引越ししたってだけで基本プロットは『叫』と大差ないんだよね。
途中から始まる土地転がしの三文サスペンスが本当に普通過ぎて退屈で退屈で困りに困りました。
普通にツマラナイおフランス映画を見てる感じだった。

“写真と現実を混同して生者と死者を区別できない”っていアイデアは物凄く好いって思ったのになぁ。

役者さんたちは脚本を読んだときに「コノニッポンジンハナニヲイッテルンダ?」ってならなかったのかな?
buenavista

buenavistaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

フランス映画 独特の静けさ、世界観
閉鎖的な空間にて
古来からの手法に囚われている、魅せられている人達

最少人数で展開する話は、怪談、世にも奇妙な~

でも、この話は男が幻に囚われているというよりは
死しても囚われている女という感じ

死がふたりを分かつまで

階段から転げ落ちる姿というか
落ち方が視覚的なホラー
あとは、シチュエーションホラー
324

324の感想・評価

3.7
らしいけど、普通の映画っぽく逆に違和感なくまとまっていた印象。期待値上がりすぎた。
shuco

shucoの感想・評価

-
思ってた通りの残念さ。
出てくる人たちもあまり見た目も良くなく、ストーリーもあんまりだし。
インテリアがまぁ…って感じでした。
呑芙庵

呑芙庵の感想・評価

4.3
埃がすっと落ちてキラキラと光るシーンが美しく、そのためだけにもう一度観たいと思っている。

女の瞳孔の動き方が観ているものを人工的で不安にさせる。まるで眼そのものがカメラの様で、例えば彼女は彼女の見るものを一瞬に閉じ込めるメドゥーサのようにも思えた。これは倒錯だが。

横長の屋敷の暖かくもどこか恐ろしい橙、フランス郊外の気だるさ、植物の不気味さ、それらの手触りがスクリーンに拡がる。

階段から落ちるシーンは小津?

黒沢清映画では2番目に好き(いちばん好きなのはアカルイミライ)
哀しき愛の物語。コンスタンス・ルソーがただただ美しい。
序盤、ギギギと扉が自分の意思で開くあたりは『これぞクロサワ!』と期待は膨らんだのだけど…
なんだか調子が合わない。観ているコッチの体調が悪くなってくるような、いつもの湿度も底冷えも感じられないのです。
端正、というか悪く言うとふつう(車内のショットまで!)。慣れない制作環境で、黒沢監督の頭の中の“正確にズレたフォーカス”みたいなものを再現するのは並大抵ではないのでしょうね。
お話自体はとっても興味深い、いつもの黒沢節ですし、素晴らしいショットも沢山あったので、いつか日本リメイクしてくれないかな?なんて期待しております。
>|