ダゲレオタイプの女(2016年製作の映画)

La Femme de la Plaque Argentique

上映日:2016年10月15日

製作国:
  • フランス
  • ベルギー
  • 日本
  • 監督
    黒沢清
    脚本
    黒沢清
    キャスト
    タハール・ラヒム
    コンスタンス・ルソー
    オリヴィエ・グルメ
    マチュー・アマルリック
    あらすじ
    ダゲレオタイプの写真家ステファンのアシスタントに偶然なったジャン。その撮影方法の不思議さに惹かれ、ダゲレオタイプのモデルを務めるステファンの娘マリー恋心を募らせる。しかし、その撮影は「愛」だけではなく苦痛を伴うものだった…。芸術と愛情を混同したアーティストである写真家のエゴイスティックさ、父を慕いながらも拘束され続ける撮影を離れ自らの人生をつかみたいマリーの想い、撮影に魅了されながらもただマリーとともに生きたいというジャンの願い、そして、自ら命を絶っていたステファンの妻の幻影…愛が命を削り、愛が幻影を見せ、愛が悲劇を呼ぶ。世界最古の撮影を通して交わされる愛の物語であり、愛から始まる取り返しのつかない悲劇。

    「ダゲレオタイプの女」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/12/03
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    個人的な理由で(ただの寝不足)、ものすごく眠かったんだけど、最後まで寝ることなく、退屈せずに見れました。

    この映画は海外資本だけど、Jホラー的表現、人と人ならざるものの描き方、光の陰影、揺れるカーテンや半透明の遮蔽物など…いつもの黒沢印がいたるところに散見されて楽しかった。

    これをホラーとして見てしまうと、少し食い足りなさが残る気がする。
    でも、黒沢監督が言うように「日本の怪談映画の形式で描かれたラブストーリー」として見れば、じっとりとした形容しがたい余韻が手の中に残るような、哀しい愛の物語に思えて、とても好きだった。

    また監督自身も少しインタビューで触れてたけど、
    ダゲレオタイプという狂気じみた撮影技法に固執し、永遠に取り憑かれた登場人物を、「映画監督」という職業に重ねて見ることもできて、いろんな厚みを持った作品だなあと思った。

    人と人ならざるものが交わる”境界”を舞台にした映画を個人的な事情でかなり眠い状態で見て、帰り道眠気をこらえきれず安全なところに車を止めて寝てしまった。
    結果なんだか良い感じにトリップすることができて、とても良い映画体験ができた笑
    110kite
    110kiteの感想・レビュー
    1日
    3.9
    クラシックな映画を想像していたら、いつもの黒沢映画で、すこぶる楽しめる。細身の可愛らしいヒロインは、『女っ気なし』のあの少女。
    千代虫喰
    千代虫喰の感想・レビュー
    2日
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    現実と非現実を行ったり来たりさせられる映画。何が現実なのか、実際に何が起こっているのかは中盤で薄々勘づくが、終盤にベールが剥がれるのを見るとやっぱり切ない。
    音楽が明るく感動的に盛り上がるかと思えば急に転調して不穏さが覗き、また明るくなる。「明るい場面/悲劇的場面」の境目に放置される。
    横たわるマリーはミレーのオフェーリアのようだし、突然闇から現れるマリーも絵画的。
    佐々木
    佐々木の感想・レビュー
    2日
    3.8
    うん。黒沢清が黒沢清らしい仕事をして俳優が邦画の遥か上のクオリティで応えた。エンディングは彼の美意識が結集している。久しぶりにこの監督に痺れた。2017/3/24早稲田松竹。
    もらん
    もらんの感想・レビュー
    2日
    3.9
    画面作りが見事
    前半のあらゆる境界線の揺らぎが巧いだけに後半が少し残念
    映画館でもう一度みたかった
    RM
    RMの感想・レビュー
    3日
    4.0
    暗ーい話ですこちらも心に余裕がある時に見るのが良いと思います、
    体を固定して数時間動いてはならないという、
    ダゲレオタイプというフランスの古い撮影法
    でいつも固定される娘と
    その父の助手の青年の話。

    かなりシリアスで、陰鬱な、ダゲレオタイプが引き起こさせる錯覚によって思いもよらない結末になる。

    最後まで、ほんの1カットも見逃せない。
    はたかまじゃないよ
    はたかまじゃないよの感想・レビュー
    4日
    -
    2017.3.22@早稲田松竹
    《現代映画の巨匠たち 黒沢清×WIM WENDERS》

    冒頭、縦パースの丸みが強く感じられる画面が観客を映画へ引きずり込み、邸内でのパンはあたかも出口の不在を錯覚させるかのような印象を与える。連続するシーンであるひとりでに開く扉も良かった。
    温室であれだけやるなら他の諸々ももう少し劇的にやってもよろしくてよと思ったり。
    Mitsunoir
    Mitsunoirの感想・レビュー
    4日
    3.8
    愛も盲目?愛という幻想的で不確かなものとダゲレオタイプという存在の対比。だからダゲレオタイプでやったのかなぁ。

    ダゲレオタイプだから古い話なのかと思ったら、普通に現代の話だった。現代でもその技法を残すアーティストとその周辺で巻き起こる愛という衝突で話が展開〜、コンスタンス・ルソーが美人...
    ewellゆうll
    ewellゆうllの感想・レビュー
    4日
    3.8
    予備知識ナシで観て欲しい。黒沢清監督ファンにおすすめです。
    paman28
    paman28の感想・レビュー
    4日
    3.6
    わしもすでに
    狂っているのか
    >|