あの頃ペニー・レインと 特別編集版の作品情報・感想・評価

「あの頃ペニー・レインと 特別編集版」に投稿された感想・評価

えび

えびの感想・評価

-
劇場公開版よりも約40分長い特別編集版。
キャラクターひとりひとりを丁寧に描いていた。アニタの彼氏やポレクシアちゃんなど。また劇場版で気にとめるほどではないけど少し唐突に思うシーンも、本作でしっかりつながります。キャメロン・クロウ監督の情熱が注ぎ込まれているのを堪能。ここぞというタイミングでの選曲センスはさすが!
ベッドの下でレコードを引っ張り出すシーンは何度見ても自分の体温が上がるのを感じます。70'sを愛しているので。
ラッセルとペニー・レインが初めて会って握手するシーンでJoni MitchellのRiverが流れるのは2人の関係の結末を示唆していたのかな。今まで全然気がつかなかったけど、出会いのシーンには不釣り合いな選曲だと思った。
テンポがいいのは劇場版。作品を愛しすぎてしまった方はこちらもぜひ。
劇場公開版では全く気づかなかったけどリードボーカルのジェフは自分の顔がプリントされたTシャツ着ている…。
そしてケイト・ハドソンが本当にかわいい…色気があるけど笑顔が子供のように無邪気…。

ずっとS&Gは陰鬱な感じで好きじゃなかったんだけど、この作品でAmericaを聴いて大好きになった。音楽の興味の幅をも広げてくれたこの映画が本当に大好き。
Jun

Junの感想・評価

-
挿入歌が良いです。
yuppe

yuppeの感想・評価

4.5
音楽映画。そして古き良き時代の青春映画。

バスの中での合唱シーンはずーっと心の中に残っている。
あ〜、こういう青春を過ごしたかった。
邦題が秀逸。
ペニーレイン可愛い
えりか

えりかの感想・評価

4.0
鑑賞記録。
fujiponsai

fujiponsaiの感想・評価

3.8
邦題が残念な感じになる映画は多いけど、
この映画は原題(Almost famous)より邦題の方が彼らの過ごした時間みたいなものが感じられて素敵です。

ラッセルが「Don,t look at me such a way」と何度もいうように、
主人公のウィリアムはひたすらにその場面を見つめ出来事を吸収していく。

15歳と言うあの特別な時代にしかできない見方で、どれだけ若者に寄り添って見せてもラッセルにはもう真似することができないものの見方なんだろうな。

きらびやかで楽しいことしか待っていないように見える場所にもやっぱり残酷なRealは存在する。real worldで生きることは決して楽ではないかもしれないけれど、だからこそ感情も動かされるし守りたいものもできる。

今ある場所で前を向いて進みたくなるそんな作品。

主人公の姉のアニータはズーイー・デシャネル!
こんな古い映画に!?と思って見てみたらもう40歳近いんですね・・
容姿が変わってない・・一番の驚きでした。。。
やっぱサイコー
160分、流し見にちょうど良い
すっごく好みなんだけども、ちょい長い!と思っていたら、これが劇場版とは違うということにこのレビューを書くまで知らなかった。。
120分なら良かったかも…
jane

janeの感想・評価

4.0
見上げるケイトハドソン
>|