「グリーンルーム」に投稿された感想・評価

「パンクスvsネオナチ」
って書くとなんかワクワクするけど、全体的に流れる陰鬱とした空気。良いですねー。冒頭とラストのロードムービー感はまた良いアクセント
心情変化を「無人島に1組だけ連れて行くバンドは?」の答えで表現するのはありだった。

オープニングは青春ロードムービーの始まりのよう。センスも抜群。
何も知らないで観たらバンドやって恋して旅をする映画かなぁと思うかもしれない。
もしくは最後に横浜の野外フェスに出るのかなぁと思うかもしれない。

ネオナチ軍団の中であんな曲やるなんて…パンクだ。
だから殺されるのか?と思いきや不運な展開で事件に巻き込まれるひと手間がいい。

プロフェッサーX感が強いネオナチ軍団のボスが直接頭に話しかけてくるわけでもなく、キナ臭い交渉を始め出す。
騙されちゃだめよ!と思いながら展開に夢中になって行くが、なんでもっと武力行使で来ないのかな?とも思ってしまう。

個人的にはイモージェン・プーツさんが良かった。髪型、服装、カッター。いい出来だった。
あとやはり超能力の代わりに犬を使う展開もハラハラして良かった。

ただやっぱりやんわり交渉は嘘くさくて恐くて良かったが、色々疑問に思う詰めの甘さみたいなものを感じてしまった。
ドキドキの展開をもう少し見たかった。

そしてまさかのラストは再びの青春ロードムービー感だった。
ソレイユ2にて鑑賞
Don't Breathみたいな感じのを予想していたが、ブラックユーモアもなく、心理的サスペンスもなく、最後まで何も感じるものがなかった。
ネオナチ映画だと思って見に行ったら完全にワンコロ映画だった。ホラー映画に出てきたら怖い動物ランキングベスト10常連のワンコ相手に次々とバンドメンバーが殺されていく姿がなかなかエグくて良かったです
売れないパンクバンドがネオナチの巣窟に放り込まれたら…
このコピーに惹かれ鑑賞。

最高だった!

物語は、バンドマン達がネオナチ集団を前にしてパンクの名曲「ナチ・パンクス・ファック・オフ」を歌い上げるところから始まる。なんて素晴らしいスタート!

ネオナチ軍団がバンドマン達を殺りそうで殺らない、あの絶妙にねちっこく、見るものをハラハラさせる攻防戦。とにかくねちっこい。

極右のドンが団員に対し弾数制限ってなんだよ!
ネオナチの最大の武器がワンちゃんって…
とにかく突っ込みどころが満載。

また物語全体のグリーンの色調が、血みどろバイオレンスを美しく引き立てる。斬新だなあ。

とはいうものの鑑賞後は、いい青春映画をみたかのような、不思議な感覚が…
期待していたほどゴア描写がなかったのが不満だったけれど、部屋の外にいるダーシーに拳銃を渡す下りでは、ダーシーを演じているパトリック・スチュアートの温和な声が逆に不気味で、緊張感がとてつもないし、その後のぞっとするような展開に繋がっていくのも面白かった。
敵のネオナチ軍団ついては、見ている最中は説明が少なく、組織の詳細についてよく分からなかったが、見終わってみると逆にそこが主人公達がよく分からない状況に巻き込まれた感を引き出していて良かったのかなとも思った。
また冒頭の森のシーンなどをはじめ、所々に画的にはっとするほど美しいところが多かったのも印象的だった。

このレビューはネタバレを含みます

外人の名前を覚えるのが苦手なので、たくさん名前出てくるのがちょっとしんどかった。
ネオナチの知識がもっとあれば、より怖かったかもしれない。
お互いの力が意外と拮抗してる感じは緊張感あってよかった。
思ったよりサラッと抜け出せた。
ネオナチ集団らしさがもう少しあっても
良い気がした。

グリーンを意識した映像がきれいだった。
20170425 シネモンド