THE PROMISE 君への誓いの作品情報・感想・評価

THE PROMISE 君への誓い2016年製作の映画)

The Promise

上映日:2018年02月03日

製作国:

上映時間:134分

3.8

あらすじ

オスマン・トルコの小さな村に生まれ育ったアルメニア人青年ミカエルは、医学を学ぼうと首都イスタンブールの大学に入学。フランス帰りのアルメニア人女性 アナと惹かれ合うが、彼女にはアメリカ人ジャーナリストの恋人クリスがいた。第一次世界大戦とともにアルメニア人への弾圧が強まり、ミカエルは強制労働に送られてしま う。からくも脱走し故郷に向かったミカエルは、アルメニア人に対して虐殺が行われてい…

オスマン・トルコの小さな村に生まれ育ったアルメニア人青年ミカエルは、医学を学ぼうと首都イスタンブールの大学に入学。フランス帰りのアルメニア人女性 アナと惹かれ合うが、彼女にはアメリカ人ジャーナリストの恋人クリスがいた。第一次世界大戦とともにアルメニア人への弾圧が強まり、ミカエルは強制労働に送られてしま う。からくも脱走し故郷に向かったミカエルは、アルメニア人に対して虐殺が行われている現実を目撃する。一方クリスはトルコの蛮行を世界に伝えようと奔走し、アナも行 動を共にする。それぞれの信念のもとに激動の時代を生き抜いた3人。ミカエルとアナ、クリスの愛の行方は?そして追い詰められたアルメニア人たちの運命は―?

「THE PROMISE 君への誓い」に投稿された感想・評価

TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

3.3
初めて知るオスマントルコ帝国によるアルメニア人虐殺物語。

決して悪くは無い重厚な世界観を構築しているが、ヒューマンドラマに三角関係の恋愛が絡んでいる点がなんだか物語を中途半端にしている感が否めない。でも、このキャストで製作してるのだから仕方ないのだろうが。。。

後、何時も思うのは異国が舞台でも、製作国がアメリカだからって、登場人物が皆、英語オンリーの台詞で進行して行く事に違和感を覚えるのも確か。

終演後にどっと疲れはきますが、史実を知る意味では、撮影、演出を含めて、良くブラッシュアップされた作品だとは思います。
もも

ももの感想・評価

3.7
この歴史をあまり知らないまま見たけど、何が起こっていたか、どんなに悲惨であったか、それがすごくわかった。もっと知りたいし、もっと知るべきだし、もっと多くの映画館で上映してほしい…
何故あんなにたくさんの人たちが命を奪われなければならないんだ。なぜ愛する人を失わなければならないんだ。
19世紀末〜20世紀初頭のオスマントルコで実際にあったアルメニア人虐殺を背景にした作品。この事件を世に問うという意味では意義のある映画だと思うけど、なんというか、主人公たちの恋愛模様が不倫なだけになんだかモヤモヤする感じ。
しかし、目を覆いたくなるような虐殺現場の描写は訴求力があってすごかった。
そして、なんというか、ジャン・レノの登場には癒された(笑)
何故このような良作が一部の映画館でしか上映されなかったのか不思議。誰もが知ってるホロコースト以外にこんなジェノサイドもあった、と知らしめる事ができるのに・・と思った。クリスチャン・ベールが良かった。
凛瑠

凛瑠の感想・評価

4.0
100年前にアルメニア人の大量虐殺があったなんて知らなかった。可哀想で可哀想で涙が出そうになった。恋愛はない方が良かったし、あの二人が結ばれませんように…って思いながら観ていた
クリスチャン・ベイルが持っていったなぁ

このレビューはネタバレを含みます

この話を英語で語るしかない現実がまた悲しい。

ジャーナリズムというものがよくわかったのと同時に、この悲劇を知らなかった者がひとりここにいたというのがなんとも。
悔やんでも仕方ないので、まだトルコの側の言い分なども知らないし、いつも通り手遅れから勉強していこう。

ネタバレでもなんでもないがいちおう伏せ。
第一次世界大戦下でこのような虐殺が行われていた史実を知れたのはとても良かったです。同じ人間同士が簡単に銃で撃ったり殴ったり、そうさせてしまう戦争はやっぱり恐ろしいです、、、
byrd

byrdの感想・評価

-
@シネマテークたかさき
mako

makoの感想・評価

3.9
《2018#87》

史実に基づいた物語。 
ナチスによるホロコーストは有名で私も知っていますが、オスマン帝国(現在のトルコ共和国)によるアルメニア人大量虐殺事件の事は知りませんでした。 
知るために鑑賞しました。 

オスマン帝国によるアルメニア人の迫害は観ていて辛かったです。迫害する背景は分かりませんでしたが罪もない女性や子供なども殺され、家族を失ったミカエル(オスカー•アイザック)を思うと心が痛みました。 
アルメニア人の虐殺を命がけで記事にしていたクリス(クリスチャン•ベイル)の行動が素晴らしかったし、恋人のアナ(シャルロット•ルボン)がミカエルに惹かれていくのを知りながらも感情を抑えてアナの手助けをしていたのも好感が持てた。前半はちょっと嫌な奴だなと思ったけど、後半はとても素敵な人だと思った。 
ミカエルにも手助けをしていて、なんて器の大きい人なんだろうと思った。 

1つ残念というか可哀想だったのが、イスタンブールで知り合ったトルコ人の青年。最期が悲しかった。 

この大量虐殺によりアルメニア人は150万人がなくなったそうです(数は諸説あるようですが)。そしてオスマン帝国を引き継いだトルコ共和国は現在もその事実を認めていないそうです。 

史実を知ることができたので観て良かったと思いました。 
>|