人魚姫の作品情報・感想・評価

「人魚姫」に投稿された感想・評価

MBOMB

MBOMBの感想・評価

1.9
キレイ エグい グロい 汚い

タコ兄の存在感スゴイ
ウザいけど面白い

最後切ない

でもなんかこの作品好きになれない
彩野

彩野の感想・評価

2.5
なんでもありと惚れっぽいというか、それでいいのか感もあるけど
みんな一途すぎて暴走が止まらない
ハッピーエンドで人生の意味や価値に命がけで気づき、変われたことは素敵だと思う
人種を超えた愛と、愛は地球を救ってた
花

花の感想・評価

4.3
少林サッカーのチャウ・シンチー監督作品

B級映画を極めている所に好感が持てます

最初からふざけてる(笑)
それなのにCG技術はかなりクオリティが高い

笑いに関しても中国は同じアジアという事で感性が似ている様で
笑いのツボが同じというのは親近感が湧いてきていいですね


今回は女性の主人公がナチュラルで可愛らしい
リーダーのお兄さんが笑えるいいキャラです

童話人魚姫の様に恋物語を描きつつ
テーマに環境問題を扱っていて
中国の人も環境問題を気にしているんでしょうね

食品を買う時もなるべく中国産はさけているけど、中国に住んでいる人は大変だなと思います

そんなメッセージに思いを馳せつつ、爆笑しながら観ました😄

少林サッカーが最高過ぎて爆笑と言う点では劣りますが、音楽とか雰囲気とか、チャウ・シンチー監督のテイストが好き

いつもより真面目なシーンが多いのは監督の国を思う強い気持ちが込められているからでしょうね

1回目吹替、2回目字幕で観たんですが、字幕の方が好みでした。字幕の方がリウのイケメン度が上がって恋愛物語に信憑性が出るというか、吹替は軽い気がします。でも吹替の小ネタも好きな部分があるので両方観て良かったです。
chyaori

chyaoriの感想・評価

3.5
チャウ・シンチー感満載のとんでも設定&ハイテンション加減。まぁ〜好き嫌いが分かれるでしょうが、私は好きです。ハイテンションとギャグの裏にある人間くささというか人間ドラマが好き。
少林サッカーと一緒で、色々設定が凄くて笑えるんだけど、最後はうさそれも普通に受け入れてる。最終的にタコ兄がカッコよく見えるから凄い(笑)
リウが警察に人魚を見たって相談するシーン、とくに超面白かった。警官2人、漫才師か??笑いこらえる演技リアルだったなー😂
質より量のギャグといいチープで謎な演出といいすべてが爆笑必須だった
ところどころでイングロリアスバスターズのオマージュがあったので
チャウシンチーってタランティーノにモロ影響受けてんだな〜とそこもおもしろかった
頭を空っぽにしてなんも考えたくないときに観るとサイコーな気分になれる
グロい!

「グロく」見えるってのは、人間サイドの痛いところを突いてるから「グロく」みえるのではないか。

生きた魚を捌くと「グロい」なーって感じるけど、その「グロさ」と通ずるものがあったなー。

「生きるため」だとか「生活があるからー」とか「稼ぐために〜」とか「美味しいからー」とか、理由をいっぱいつけて、人間はグロいことをいっぱいしてるんですよ。

つまり、何がいいたいのかと言うと、チャウシンシーはすごい。
はけ

はけの感想・評価

2.0
この内容にそのグロは必要なのか?
チャウシンチー監督作品見るたびいつも思う。
グロ自体は好きなのに、この人の見せるグロには何故か嫌悪感を感じてしまうのはどうしてなのだろう。
なんか小学生が無意味に遊びで虫を殺すような物を感じる。
話的には嫌いじゃないんだけど…
ギャグのセンスとか、全体的になんか苦手…
ねぎお

ねぎおの感想・評価

3.8
ポーランドのホラーテイスト「ゆれる人魚」もありましたが、こちらは、《人間になりたいとは思っていない》人魚のコメディです。・・若干シェイプオブ・・。

出てくる女性が強いんですよねー。その辺ストーリー展開にも関係していますが、お国柄でしょうか。最後の方「おいおい!」です。

それにしても中国の製作能力は確実に向上していますね。
お笑い部分だけでなく全体にテンポが良くなりました。

以前は間延びというか独特な編集。

編集だけの問題ではなく、そもそも撮影時からのイメージも技術も必要。チャンイーモウを想定して撮影すると単にズームもゆーっくりになる。演技もね、一度リアクションしてからセリフとかだと昔ながらの中国作品。そのあたり役者の感覚も今時!

人魚だけにCG合成も出てきていますが、割とアナログなワイヤーにこだわっているかな。
しかし中国ってワイヤーの国ですね。
京劇の影響なんだかわかりませんが、格闘もアクションも割とすぐワイヤー。
あの福山雅治主演ジョン・ウー監督の「マンハント」でもそうでした。
日本の「どろろ」もアクション監督中国から呼んだのでそうです。妻夫木くんもメイキングでは「最初は慣れなくて」みたいに言っていました。
あっ、この前の「空海」もでした。

でもなんかね、ワイヤーだと、それ有り得ない動きだからチョイ嘘っぽく見えてしまうんですよね!そこが残念!

しかし今作は割り切って観られる映画だけに、ワイヤーアクションも「おー行け行けー!!」でした。

個人的にはタコの兄貴がもう最高!!

みなさんこれはリラーックスして是非是非ご覧ください!
>|