ショコラ 君がいて、僕がいるの作品情報・感想・評価

ショコラ 君がいて、僕がいる2015年製作の映画)

Chocolat

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

20世紀初頭のフランス。白人芸人フティットと黒人芸人ショコラによるかつてないコンビがサーカスで人気を呼んでいた。パリの名門ヌーヴォー・シルクの専属となった彼らは一世を風靡するが、人種差別の苦しみから逃れるようにショコラはギャンブルに狂っていく―。奴隷の子として生まれ育ちながら、フランス史上初の黒人芸人としてスターに登りつめたショコラと、彼を支えつづけた相方のフティット。トゥールーズ=ロートレック…

20世紀初頭のフランス。白人芸人フティットと黒人芸人ショコラによるかつてないコンビがサーカスで人気を呼んでいた。パリの名門ヌーヴォー・シルクの専属となった彼らは一世を風靡するが、人種差別の苦しみから逃れるようにショコラはギャンブルに狂っていく―。奴隷の子として生まれ育ちながら、フランス史上初の黒人芸人としてスターに登りつめたショコラと、彼を支えつづけた相方のフティット。トゥールーズ=ロートレックの絵のモチーフとなり、映画の祖・リュミエール兄弟の映画にも出演した伝説の芸人コンビの人生を描いた感動の実話。

「ショコラ 君がいて、僕がいる」に投稿された感想・評価

yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.0
20世紀初の白人と黒人の道化師コンビ。かなり人気があったが 人種差別によりコンビの間に亀裂が生まれていく。実話であるが
白人の方は 現在でも広く知られているのに
黒人の方は 一切資料が残っていないため あまり知られていない。肌が白けりゃ 偉いのか?と毎度思うが 今回は すんなり有色頑張れと思えなかった。それとも 思わせないような意図があったのか?資料が無く じっくり調べて制作したようなので 謎。
みや

みやの感想・評価

3.7
嫌な時代なんだけど…

あんなに恵まれた生活を壊しちゃったのは自分自身だよね。

むしろフティットの方が物凄く寂しい人生だったんしゃないかな。
whitelily

whitelilyの感想・評価

3.8
こんな時代だからこそ、周囲の人々に認められ舞い上がってしまうショコラの気持ちが分からなくもなくて悶々。過度な自尊心は人生を狂わせる。それを側で冷静に見守るフィテットに同情してしまった。
ラストのフィテットの笑顔がふたりの人生の全てを物語っていると思う。人種差別が当たり前の時代、人種を超えたふたりの友情に心が温かくなる映画だった。
onishy

onishyの感想・評価

3.7
泣けた すごいコンビ!マジ!
NoNA

NoNAの感想・評価

3.0
背景に黒人差別はあるものの
ショコラの転落は明らかに自業自得のように思えてならない

黒人に対する差別ごりごりの時代に
自分の人生を自らの選択で歩けた彼は
すごく恵まれていたのだろう
その選択が間違っていたとして悔いるのは
ショコラの人生に寄り添った人たちへ礼を欠いている

ひとことで言うと " こいつ嫌い "
ザ・コメディーかも思いきや、全くそんなことはなく、人種差別的お話でした。

サーカスで道化師として世界に羽ばたいたショコラの一生は、人種差別的な側面やショコラの相棒との関係から様々なことを考えさせられました。

“自由”とはなにか?
答えがないからこそこれからをいい方向に導いていかなければならないと思います。
himaco

himacoの感想・評価

3.6
パッケージの2人の表情からは想像できない悲しい現実、人種差別。

20世紀初め、フランス史上初の白人フティットと黒人ショコラの芸人コンビの実話。
エンディングに実際の2人の映像が流れます。

フティット(ジェームス・ティエレ)の憂いを帯びた目がとても印象的。
彼はチャップリンの実孫だそう。

“俺たちはコインと同じ、表裏一体だ”

芸人としてショコラに厳しい言葉をぶつけながらも、ずっと見守っていたフティットの愛にジワジワこみ上げるものがある。
あのチャップリンの孫と、
最強のふたりのオマールのW主演ということで、楽しみにしていたショコラ🎥

実在の2人の映像が最後に少し流れて、胸が熱くなる

シネスイッチ銀座だけの、本当に単館上映
見逃さないで良かった🌠

このレビューはネタバレを含みます

今話題のグレイテストショーマンと同じサーカスの話。フランスで有名だったものの長い間ずっと歴史に葬り去られてきた白人道化師のフティットと黒人道化師のショコラ(カナンガ)。

予告からは "二人の絆" 的なことに重きを置かれているのかと思いきや、実際はショコラの物語にかなりフォーカスされていた印象。

落ちぶれた人気道化師のフティットは再起をかけて、サーカス内で食人種を演じていたショコラにコンビを組まないかと誘う。地方のサーカス内で人気者になった二人はパリのサーカスの団長から声をかけられ、パリでも一躍人気者に。

そんな中、地方のサーカス時代にショコラと付き合っていたカミーユが二人の元を訪ねる。絶対戻ってくると宣言していたショコラが遊び人になっていてショックを受けるカミーユ。実家には戻らないとも言い、ショコラの元を訪れていたカミーユは怒りで彼の元を去る。これが引き金になり、
>|