ショコラ 君がいて、僕がいるの作品情報・感想・評価

ショコラ 君がいて、僕がいる2015年製作の映画)

Chocolat

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

20世紀初頭のフランス。白人芸人フティットと黒人芸人ショコラによるかつてないコンビがサーカスで人気を呼んでいた。パリの名門ヌーヴォー・シルクの専属となった彼らは一世を風靡するが、人種差別の苦しみから逃れるようにショコラはギャンブルに狂っていく―。奴隷の子として生まれ育ちながら、フランス史上初の黒人芸人としてスターに登りつめたショコラと、彼を支えつづけた相方のフティット。トゥールーズ=ロートレック…

20世紀初頭のフランス。白人芸人フティットと黒人芸人ショコラによるかつてないコンビがサーカスで人気を呼んでいた。パリの名門ヌーヴォー・シルクの専属となった彼らは一世を風靡するが、人種差別の苦しみから逃れるようにショコラはギャンブルに狂っていく―。奴隷の子として生まれ育ちながら、フランス史上初の黒人芸人としてスターに登りつめたショコラと、彼を支えつづけた相方のフティット。トゥールーズ=ロートレックの絵のモチーフとなり、映画の祖・リュミエール兄弟の映画にも出演した伝説の芸人コンビの人生を描いた感動の実話。

「ショコラ 君がいて、僕がいる」に投稿された感想・評価

yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.0
20世紀初の白人と黒人の道化師コンビ。かなり人気があったが 人種差別によりコンビの間に亀裂が生まれていく。実話であるが
白人の方は 現在でも広く知られているのに
黒人の方は 一切資料が残っていないため あまり知られていない。肌が白けりゃ 偉いのか?と毎度思うが 今回は すんなり有色頑張れと思えなかった。それとも 思わせないような意図があったのか?資料が無く じっくり調べて制作したようなので 謎。
Take568

Take568の感想・評価

4.1
落ち目の道化師フティットが、相棒に選んだショコラ。
「俺たちは、ふたりでひとつだ。」
ふたりは絶頂を極めるが…
サーカスの見世物小屋要素が強かった時代。喝采を浴びる場面でのブーイング。残酷な現実。
ショコラが作った、パラパラマンガと「ふたりでひとつ」の約束を守ったフティットが泣かせます。
また、観たい作品です。
はる

はるの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

2017年お笑い芸人が映画でもバラエティでもネタ番組でもネットでもなにかと話題をさらったように思うけど、これ、現在のシーンにも脈々と繋がってることで、芸人志望は必見なのでは。ここまで、芸人とは、に肉薄するとは。

黒んぼ、って字幕がもうしんどい。

最初にウケたのが、ショコラの尻を蹴った瞬間、というのが象徴的だなと。観客は道化を笑い者にする、ふたりの道化が登場して、観客がどう観るべきか迷ってたところに、白い道化が黒い道化のケツを蹴り上げて言うことを聞かせようとしている、見下していい者たちの小競り合いに笑う、弱い者が弱い者いじめしてるさまに笑う、いつも通り、笑っていいんだ、と安心する、

真理だなあ、今も変わってない。ガキ使…なんだかなあ。ひどい。

逆でも笑うんだ、そうなんだろうか。そうなんだよなあ。

なんにせよ。人間ってのは。

ショコラに対してなぜ相棒は小麦粉じゃないの?という指摘など、皮肉が効いてる。

しかしヘヴィだ。

オマール・シーじゃなきゃ見てられなかった気もする、彼の陽性の色気はいいよなあ、モテるのがわかるんだよ。しかし、陽気で性に奔放なアフリカ系、というステレオタイプを体現するような役ばかりこなす彼のような俳優の存在が逆に珍しい、不均衡だなあと思う。

フティットの決して洗練されてるとは言えない道化仕草が、このコンビだったから売れた、説得力になってた気がする。

逮捕されても子供達の前ではおどけてみせる。

真の芸は風穴をあけること、これは、現在のアメリカ他のコメディシーンにも通ずるよな。

父親が白人に犬の真似をして媚びている姿を見てしまった、子に見られて表情をくすませる父親と目が合ってしまった、辛すぎる。

お菓子のパッケージにされることで失われる尊厳、植民地展のグロテスク。

しかし、白い手と黒い手が絡む様子、三回、単純にものすごく美しい。

シェイクスピアに挑戦、逃げたくなる、笑わせ笑われるのが芸人の仕事、しかし、

芸人人生の終わり、落ちぶれて、かつての相棒を笑わせて、

あー、ドラマもテーマも極上。ただ、つらい。

最後の実際の映像、滑稽で、裏事情なんて露ほども感じさせない。

それにしても、サーカス、見世物小屋の差別性や歪さは理解しつつも、やはりあの造形や空気にはどうしようもなく惹かれてしまう。
usaking

usakingの感想・評価

4.0
久しぶりにいい映画を観た気がする。
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.8
奴隷の身分から這い上がり、人気と富を手にしたショコラの転落ぶりが、ただもう哀しすぎる。
フティットは、どこかの過程でなんとか救おうとできなかったのか。。
看護師の彼女は、逃げ出すかと思いきや、投げ出さず添い遂げてすばらしい人だったなぁ
20世紀初頭の黒人コメディアンの実話と知って、ショコラの凄さ辛さがしみてくる映画。最強のふたりのオマールシーもチャップリンの孫の俳優さんもよかった。オセロで、オマールシーがマジいい役者になってて、オセロのスピンオフが見たくなりました。
pinoco

pinocoの感想・評価

4.5
フィティットとショコラ。
実話。白人と黒人の道化師の半生。
ショコラは史上初めてパリの人気を博した黒人の道化師。
相棒フィティットは堅実な反面、ショコラは女好きで博打好き。
奴隷の息子として育ったショコラには、娯楽への免疫が無かったんだと思う。
フィティットは懸命にショコラを守ろうとしたが、手の届かないところへ行ってしまう。
この作品はほとんどショコラにスポットが当てられてるが、私的にはフィティットがどう支えてきたか、どう思ってたのか、ショコラが去ったあとのことなど、興味がある。
ぜひ、また違う角度からの作品に期待。
heyhey

heyheyの感想・評価

3.0
フランス映画っておしゃれやねんけど、なかなか2時間もフランス語を聞くのはしんどい😓

実話やし、感動する話やと思うねんけどなかなか感情移入するのがむずかった…

黒人は黒人。富、名声、全てを手に入れても差別されてしまう世の中だったんだ。当時はね。。。
recycle

recycleの感想・評価

3.7
地位を手に入れてどん底から抜け出せたと思っても、所詮は黒人だと痛いほど身にしみているショコラが心に残ってしまう〜。
>|