エイガスキー

聖の青春のエイガスキーのレビュー・感想・評価

聖の青春(2016年製作の映画)
4.0
あらすじからできる想像を逸脱することのないストーリー。
良く言えば王道、悪く言えばありがち。
ただ、この話を「ありがち」「チープ」と一蹴する気は起きない。
映画を見終わった後、一番心に残っているセリフと言えば「秒読み」。
それほどセリフが少なく、画で説明ができている。

役者陣が素晴らしい。
演じない演技、自然体。
特に主人公演じる松山ケンイチの「痛み」に対する表現。
劇中、主人公「聖(さとし)」は「痛い」などと口にしない。
だが表情や仕草で痛みが十分すぎるほど伝わってくる。

衣装は少し隙がある。
途中、東京に出てきて垢抜けたことを示したいのか、聖がカルバンクラインの派手なシャツを購入するシーンがある。
しかし、その前からバーバリーのトレンチコートを着ており、「今さら?」と感じたが、些末なことかもしれない。

良い役者映画だった。