聖の青春の作品情報・感想・評価

聖の青春2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らか…

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

「聖の青春」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

3.5
将棋好きでもないし棋士も全然知らないけど心に残る映画だった。東出昌大も松山ケンイチも、演技が凄くよかった。他の人の感想を見て原作を読みたいと強く思った。
トロトロと進む。

ただ役者の熱がすごい。

このレビューはネタバレを含みます

村山聖という1人の棋士の生涯を描いた作品。
将棋に人生を賭けた1人の男。
羽生さんと2人でなら見ることができるかもしれない海の奥深くの風景を目指して・・・
たんぱく質が皮膚に漏れ出て、身体が肥大してしまう病気と膀胱ガンを引き起こし、29歳という若さでこの世を去る。
最後の5試合は魂の棋譜と呼ばれる素晴らしい棋譜を残した。
最後の羽生さんとの試合、村山は何で最後の一手であんなミスを犯してしまったのかわからなかった。

周りの人の命を賭けるという言葉の重みが全然違った。2人の演技がとても良かった。
Qudan

Qudanの感想・評価

4.0
天才が故の、そして病に冒されているが故の周囲の人間へのイラつき・将棋への執念が表現されていて良かった。

村山聖はひどく自分勝手な人間なんだけど、所々にチャーミングな要素を入れることで憎めないキャラクターになっている。

自分は将棋界のことをよく知らないので、まるで劇画なセリフのやり取りはフィクションとしてすんなり受け入れられた。

一方で、東出くんが羽生さんっぽさをかなり研究していて、よく知らない人間にとっても現実感を感じさせてくれた。
村山さんも羽生さんも現実とのギャップが大きく過ぎて共感できない。
エンドロール後には『本作品はフィクションであり、事実と異なる表現があります』とあるが実名を使ってこれはないだろうと思った。
原作を掘り下げることは出来ず、題材が素晴らしいだけにとても残念だ。
一番良かったのは、羽生さん役の東出昌大さんの演技。ありとあらゆる仕草と雰囲気が羽生さんそっくりでびっくり。この映画関係者で将棋の世界の事を一番理解している。
タイトル戦にも観戦にきていたが映画の宣伝ではなく、役作りできたことに役者魂を感じた。
ちょうど将棋ブームが沸き起こっていた頃の作品だったので、将棋をする人、しない人も気になる作品。
松山ケンイチさんは色んな役を全力でやりきれる俳優だなと改めて思いました。
実際にいた村山聖という将棋士の人生
>|