聖の青春の作品情報・感想・評価

聖の青春2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らか…

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

「聖の青春」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

3.5
将棋好きでもないし棋士も全然知らないけど心に残る映画だった。東出昌大も松山ケンイチも、演技が凄くよかった。他の人の感想を見て原作を読みたいと強く思った。
生きるのってしんどい。
それでも全力で生きる姿に
勇気が湧きました。
改めて、松山ケンイチの役者魂というか、七変化というか、すごいわ。

羽生さんとの最終戦とか、マジで本物かとおもった。
たかし

たかしの感想・評価

3.6
また将棋をしたくなった。

羽生さんもかっこよかった、
INFOBAR

INFOBARの感想・評価

3.7
良かった。
自分には「羽生」といえは”ハニュウ”ではなく”ハブ”。
7冠達成の偉業も畠田理恵さんとの結婚も覚えています。
友人が「羽生の頭脳」買ったとか、騒いでもいました。
”東の羽生、西の村山” そんな天才と並び称された男の半生。
正直、あまり知らなかった彼のことを知れて良かったです。
「悔しい」普段よく使われるこの言葉の重み…
頑張ってもいないヤツではなく、こういう人達が使う為の
言葉なんだなって、思ってしまいます。
床に就いた両親の耳に聞こえてきた、将棋の駒の音…
何ともいえない気持ちになって、泣けてきました。

🎥238本目/17年
将棋を指した事もないしルールも知らないけど、その静謐な佇まいや雰囲気には惹かれるものがあります。小さな盤を囲んだ2人の男の真剣勝負。

原作は読んでました。幼少期にネフローゼ、27歳で膀胱癌を発症した村山聖。闘い続けた熱い青年の人生をどう映像化するのか楽しみにしていました。

20キロも増量してネフローゼを患う聖になりきっていた松山ケンイチは原作のイメージ通り。なりふり構わず突き進む"関西の怪童"と呼ばれた聖にピッタリ。

今も現役で著名な羽生善治を演じる東出昌大は大変だったんじゃないかな?でも対局の時の優雅な指し方や雰囲気がピッタリはまってました。

聖の羽生に対する恋愛?にも似た対抗心と憧れと信頼感。2人で小さな居酒屋に行き、言葉少なに語り合う場面はまるで初デートのようでした。

その羽生から「あなたとなら一緒に行ける気がする」と言われた聖。さぞかし嬉しかっただろうなぁ。

原作では聖が将棋にのめり込んで行く幼少期が丁寧に描かれていましたが、映画ではその描写が少なく、その分聖に感情移入しにくいのが残念です。

でも静かで熱い闘い"将棋"に向かう松山ケンイチと東出昌大の真剣勝負は見応えありました。

好きな映画です。
HxMxYxSx

HxMxYxSxの感想・評価

3.4
2017.10.16
時間の流れが見える映画
>|