聖の青春(2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:124分
    監督
    森義隆
    脚本
    向井康介
    原作
    大崎善生
    キャスト
    松山ケンイチ
    東出昌大
    染谷将太
    安田顕
    柄本時生
    北見敏之
    筒井道隆
    竹下景子
    リリー・フランキー
    鶴見辰吾
    あらすじ
    1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

    「聖の青春」に投稿された感想・レビュー

    ちよめ
    ちよめの感想・レビュー
    2017/02/20
    3.5
    将棋好きでもないし棋士も全然知らないけど心に残る映画だった。東出昌大も松山ケンイチも、演技が凄くよかった。他の人の感想を見て原作を読みたいと強く思った。
    きりんせんぱい
    きりんせんぱいの感想・レビュー
    12時間
    3.6
    脚本、演出が安っぽいというか、、
    大阪の古本屋さんの件とかこの映画の中では全く不要だと思うし、羽生さんとの食堂での会話をもう1回流すとか、色々と陳腐だったな。

    文化系競技ものだったら「ちはやふる」の方が試合にワクワクできたし、最後に主人公が亡くなる系だったら「湯を沸かす〜」の方が泣けた。豊作の2016年邦画の中では特段目立たない作品。

    ただ、松山君と東出君は本当に素晴らしい。
    ナジィ
    ナジィの感想・レビュー
    19時間
    3.5
    前評判通りの松山ケンイチと東出昌大の役作りの凄さ😱将棋っていう大きくは動かない構図上、本当に細かい仕草にこだわって作られたんだろうなと…。

    一見似てないのに東出昌大は見れば見るほど羽生さんにしか見えなくなってくる!途中「これは本物の羽生さんの映像か?」とすら思ってしまう場面すらあった💧

    フィクションの部分もあるんだけれど、いままで興味はあったけどあまり触れられていなかった将棋の世界を感じられた。

    実際の対局も見てみたいなーと感じさせられた1本、並びに羽生さんの凄さと東出昌大の凄さも感じさせられた1本!!

    松山ケンイチも凄かったですよ、あと見た目全然わかんなかった筒井道隆にもビックリ(笑)
    わで
    わでの感想・レビュー
    1日
    3.5
    松山ケンイチと東出昌大の演技で評価を上げた。松山ケンイチは言わずもがな、東出昌大はかなり羽生善治だった。セリフは少なかったけど、雰囲気出てたなー
    Oto
    Otoの感想・レビュー
    1日
    3.7
    病気がきっかけで始めた将棋で名人レベルにまで達して、病気が原因で夢半ばで夭折するっていう壮絶な人生。
    羽生さんでも7割しか勝てないくらいの厳しい世界だけど、トップレベルの人たちをみているときよりもむしろ、奨励会(3段リーグ)の早指しの異様な空気感とか、江川くんみたいに勝てずに辞めていく神童が沢山いるっていう事実の方がその厳しさを感じた。
    願いは「神様除去」ってのも考えさられたし、恵まれている自分に感謝して、将棋以外の何かで頑張るきっかけにしなきゃいけない映画という感じ。

    松山ケンイチの演技と役作り(髪,爪,増量)すごすぎ、東出昌大もかなり羽生さんの雰囲気出てた。ラストに本人インタビューいれるとか、ドキュメンタリーっぽさがあっても良かったかもしれない。
    ノンフィクションだから仕方ないけど、アンケート以外でも伏線かなーと思っていたいくつかのシーンが回収されず終わったのは残念(少女漫画と新木優子とか吉野家とか)。対比の存在として提示されてるからこそ勝負の厳しさとか死の悲しみが際立つのかな…とも思うけど。
    意図の分からないシーンとか、千崎さんのキャラとか気になる部分もあったけど、八冠と、飲み屋のサインのシーンは笑った。
    棋譜覚えて感想戦出来るようになりたいな…3月のライオンも観たいな。
    kuro
    kuroの感想・レビュー
    1日
    4.6
    記録
    おいっす
    おいっすの感想・レビュー
    2日
    4.0
    もう少し、将棋の知識があればと…
    ピロ子
    ピロ子の感想・レビュー
    2日
    5.0
    レンタルまだなのにU-NEXTで配信という情報掴んで、ようやくようやく村山九段と羽生五冠、森師匠に会えました。
    原作を読んでいるので、カットされてしまう部分があるのは仕様がないのだけど、最初のシーンには、そこから⁈と正直嬉しい驚きがありました。
    村山聖というプロ棋士の棋士、そして、将棋を生業することの難しさが描かれていたようで嬉しかったです。
    村山九段のような1分1秒を身体に心に刻んで生きていく人生は出来ないけれど、作品を観て、口先だけで言うのは優しいけど安易に発せられてしまう言葉「人生は一度きり」ということが、ズシンと心に響いた。
    初め松山ケンイチくんが「聖の青春」の村山九段をするという写真の情報を見た時の衝撃、東出くんが羽生さんをするって聞いて、ないないない、と思って写真で見た情報の衝撃。この2人の俳優さんは、この作品に俳優の人生をぶつけにかかってるな、と思った。対局シーンは、本当の将棋を観ているような緊張感があった。
    プロ棋士の先生、女流の先生が出ているのを見るのも又楽しかったし、嬉しかった。
    しかし、まとまらない。
    追加:染谷くんには泣かされた。
    元奨励会員の監督さんもおられるそうで、将棋は「勝負事」なのだな、と痛感した。
    minami
    minamiの感想・レビュー
    2日
    -
    JAL 機内上映
    ando
    andoの感想・レビュー
    2日
    3.8
    松山ケンイチの役作り(太ってる)はもちろんだが、東出昌大の羽生善治もめっちゃ似てた。
    台詞については色々言われるが、見た目や険しい表情がとても似ている。
    >|