聖の青春の作品情報・感想・評価

聖の青春2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らか…

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

「聖の青春」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

3.5
将棋好きでもないし棋士も全然知らないけど心に残る映画だった。東出昌大も松山ケンイチも、演技が凄くよかった。他の人の感想を見て原作を読みたいと強く思った。
紅孔雀

紅孔雀の感想・評価

4.0
最近、藤井聡太君の将棋に(将棋など全然強くないのに)ハマってる身としては、「東の天才・羽生、西の怪童・村山」と並び称された村山聖の短い生涯を描いた本作を、興味深く鑑賞しました。
20キロ増量したマツケン偉い!羽生そっくりの東出君凄い! さらに、最初は誰か分からなかった筒井道隆の雑誌編集者(=モデルは原作者・大崎善生)ぶりも良かったです。
聖と羽生が2人だけで飲みかつ語る、天才同士の魂の交感など、忘れ難いシーンもあり、いい作品だなぁ、と思いました。→ここらの私の印象を明晰に分析されている「netfilms」さんのレビューも是非ご一覧ください。
一方でちょっと複雑なのは、映画と原作が微妙に違うらしいということ(すいません、私は原作未読ですが)。「W座への招待状」で信濃八太郎さんが言っていたのですが、聖と羽生が語り合う場所は、実は聖が昔、師匠(リリー・フランキー演ずる森信雄7段)に連れて行ってもらった食堂だったようですし、その他微妙に原作から改編しているみたいです。→ここらについての卓抜な指摘は「Shiho」さんのレビューを参考にして下さい。
という訳で、ことはフィクションと現実の境界といった繊細な問題に関わり、今のところ私の評価も定まっていないのが正直なところです。ただ、取り敢えず作品のみを見て、標記の暫定点数になりました。
PS : 信濃氏は、先程の「W座」で、師匠の故・安西水丸氏が言ったという“友情”についてのコメントを紹介していて、印象に残りました。曰く「友情とはベーゴマみたいなものだ。弾きあって離れもするが、また、くっついたりもする」 ーーまさに、聖と羽生の愛憎半ばする関係を言い当てて見事、と思いました。もしかしたら、現在の藤井君に対し羽生さもそんな感情を抱いているのかも。そんなことも連想させる至言でした。
MargaretZ

MargaretZの感想・評価

4.9
伝記ものとして、将棋の素人が見ても試合の緊張感溢れるとてもいい映画でした!
泣けます!
Mahiro

Mahiroの感想・評価

2.9
演技が上手いっ!
ちょっと長いかも知れないっ。
脚本…とかが足を引っ張ってるような
いやでも松山ケンイチさんの演技はすごいで
まぁ2.9つけたんですけど…
終わってみるとなんだかボンヤリしたような印象を受ける
すいません
松山ケンイチの演技に圧巻。
故村山聖九段の生き方がとても丁寧に描かれている。
mi

miの感想・評価

3.8
松山ケンイチの力に改めて驚いた。

演技には見えなかった。本当にこういう人がいたんだなという説得力。見た目だけじゃなくて、対局中の張り詰めた集中力とか、将棋に対する執着がにじみ出ていた。怖いぐらい。
東出くんもリリーさんも良い。

対局中に差し込まれる街中の日常の風景が間が長いのか、ただわたしの好みじゃなかったのか…なんか気がそがれてだめだった。何か意味合いを見つけられたら良かったけど…。
若くして亡くなった村山聖棋士の物語です。
7冠を達成して知らない人はいない羽生善治名人のライバルと言われた方です。
個人的に映像化してくれてすごく嬉しい作品です。

将棋の世界は狭くて厳しく、その中で命をかけて生きて行く姿は、かっこいいと思います。
松山ケンイチさんの演技は鬼気迫るものがあり、素晴らしいと感じました。松山ケンイチさんではなく村山聖棋士がそこにいるという感覚に陥ります。

将棋のわからない人でも、村山聖騎士の熱意に押されるように、将棋の世界を知れる作品になっていると思います。
chieoo

chieooの感想・評価

5.0
松山ケンイチ=カメレオン俳優
素晴らしい。
他のキャストも良かった。
病気の将棋プロの話。
演技力高い演技観れる。
静かに将棋指してるだけなのに凄く臨場感のあるシーンは必見。
すげえよ松山ケンイチ。
>|