聖の青春(2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:124分
    監督
    森義隆
    脚本
    向井康介
    原作
    大崎善生
    キャスト
    松山ケンイチ
    東出昌大
    染谷将太
    安田顕
    柄本時生
    北見敏之
    筒井道隆
    竹下景子
    リリー・フランキー
    鶴見辰吾
    あらすじ
    1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

    「聖の青春」に投稿された感想・評価

    将棋好きでもないし棋士も全然知らないけど心に残る映画だった。東出昌大も松山ケンイチも、演技が凄くよかった。他の人の感想を見て原作を読みたいと強く思った。
    命を燃やして、なにかと闘ったことないなぁ、まだあたしは
    とにかく役者陣が豪華‼️
    でもこれそうそうたるメンバーじゃないと見れない映画かもなあ…w
    たいした展開も無くたんたんと話はすすむけど、2時間ちょいは意外と長く感じなかった(≧∀≦)
    役者のおかげかな…
    療養施設でネフローゼと闘いながら
    一生懸命将棋を学んでいく幼少期が
    あってほしかった
    破天荒でも、周りにはいつも彼を気にかける人がいて
    そういう魅力がある人柄だったんだろうなあと思った

    将棋一筋だけど、多趣味な所もまた良い
    羽生さんって確かにこんな感じだった。
    邦画を普段全くと言っていいほど観ないのだが、将棋好きなのでかなり楽しみだった作品。

    ながら観をしていたからか、ハードルを上げすぎたからか、正直あまり面白くなかった。
    面白くないというか、ドキュメンタリーに近く、エンターテイメント性を求める映画ではなかったのかもしれない。

    ただ、もっとエンターテイメントよりに造れた気もする。
    時間の制限がある中で難しいのだろうが、説明不足だったり理由づけを上手く見せれてないように感じた。
    松山ケンイチがふくふくしていて可愛い映画
    ■ただ一つ、負けられない闘いがあった。

    「東の羽生、西の村山」。今から19年前の夏、29年の生涯すべてを将棋に捧げた、ひとりの男の人生が幕を閉じた。余命を告げられても、彼は碁盤の前に座った。棋士・村山にとって、指すことは生きることそのものだった。

    今、将棋といえばだれもが思い浮かべる人がいる。前人未到の29連勝をあげた14歳の少年だ。

    もし村山が生きていたら、彼に何を語るだろう。なにより真っ先に、「将棋は殺しあいじゃ」と対局を挑むだろうか。「見ている海が違う」と若きライバルを歓迎するかもしれない。どちらにしろ、一寸の濁りもない純粋な眼差しが見える。

    平凡で退屈な一日は、きっと彼にはしあわせすぎる一日だろう。「お前のどこが命賭けとんじゃ!」生きることを投げ出したくなった村山の叫びが、胸に刺さる。
    >|