聖の青春の作品情報・感想・評価

聖の青春2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らか…

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

「聖の青春」に投稿された感想・評価

みんないい仕事したな
松山ケンイチに乾杯。
chie

chieの感想・評価

-
若くして亡くなった実在の棋士、村山聖さんの話。
“命をかける”って軽々しく言えなくなってしまったな。
松山ケンイチさんの演技もすごいから余計にそう思ったし、自分が情けなくなった。

東出さん演じる羽生さんが羽生さんだった。
今の羽生さんしかわからないけど、それでも羽生さんだ…って感じた。

天才しか見ることのできない景色を、ほんの少し見せてもらった気がする。
こんなもんじゃないってことはわかってるけどさ。
原作を読んでいたので、師匠との関係など、映画に描かれている以上の情報が頭に入っていたため、余計に心に沁みたと思う。
特に2人の食堂での会話のシーンは印象的。村山聖と羽生善治というある意味対極にある2人が、将棋という一点においては、2人にしか分かり合えない世界を共有している。そんな感じがうまく伝わって来て、凄く良かった。
これはもう 松山ケンイチ賞かな。
クライマックスの羽生さんとの対局に向けてぐいぐいと気迫を増していく”松山くん”はスゴい。
もう、なに?あの最後の負けましたの声、表情、何者??

が、だ.......
それは村山九段のスゴさなのだろうか .....  
将棋がわかれば、そこはピタリと一致するのだろうか ......

子供のころの診察シーン、竹下景子が「なんでもっと早く連れてこなかったんだ?」と医者に叱られている。
啓蒙的な意味もあるだろうが、あらぁそうだったんだ .....と。
その後も、ネフローゼがあるのに いい加減な食生活と深酒。
将棋に入れ込むあまり?
いやいや、ただの甘えた坊主でしょうと。

そういう描写からの 魂の将棋ってぶっこまれても ついていかれへん。
全体を書きたかったんだろうけれど、そのへん 脚本が弱い気がしてしまう。。

とはいえ、羽生さんに勝った対局シーン、
雪の積もる庭園から臨む二人だけの和室の美しさ。。
最後、負けてしまう悪手、放り出すような角の置き方。。
ああ、この人の時間は終わってしまうのだと、将棋がわからずとも伝わるあの駒。
心に残る画でした。
えり

えりの感想・評価

4.0
思わず息を飲むような作品でした。松山ケンイチの演技が凄まじい。将棋には詳しくありませんが、これほどに深い世界なのかと改めて唸ってしまいます。
ところで羽生さんを演じた東出さんの再現率が素晴らしいです。
前半、若干退屈だったけど、面白かった!
内容自体は非常に辛いものだけど、こんな人が実在したのかと思うと、自分はベストを尽くして時間を過ごしているのかと考えざるを得ない。この映画はこの部分が非常に強烈。
天才棋士の「神様の言うことだけは、予測ができない」っていう台詞が素晴らしかった。

非常な運命に逆らいながらも、好きなことを続けるみたいな単純な話ではなく、「負けたら死ぬほど悔しいから戦う」という動機が安易じゃなくてgood。

あと、松山ケンイチの演技が半端じゃない。天才肌の村山が超表現されてる。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.0
実話に基づいたもの。それに実在した人物の話。これは将棋界の村山聖9段の話。短い人生なのに、将棋界でここまでのぼっとたのは過ごす気。ネプローゼという病気もあって、29歳でこの世を去った彼の話は興味深い。自分はまったく将棋は分かりませんが、彼の行動を描いたこの作品は面白い。
Maiko

Maikoの感想・評価

3.5
松山ケンイチやっぱりすごい!
役にはまりすぎてて、見応えあった〜
徐々に東出くんも演技がよくなってきていて、将棋のシーンはすごくいいんだけど、日常のシーンはもう一歩って感じ。
最近話題の将棋ということで、その裏側も覗けるのでオススメ!
>|