聖の青春の作品情報・感想・評価

聖の青春2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らか…

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

「聖の青春」に投稿された感想・評価

みんないい仕事したな
キク

キクの感想・評価

3.6
良い意味でも悪い意味でも想像通り
なな

ななの感想・評価

3.0
「三月のライオン」二階堂くんのモデル棋士
YR

YRの感想・評価

3.7
記録
ミト

ミトの感想・評価

2.6
うーん、なんかあんまりだったなー
睡蓮

睡蓮の感想・評価

4.2
命より将棋を取った人の物語。
中盤までは題材のせいでどうにも眠くなってしまった。
後半はどんどんよくなっていったけど全体的に静かすぎて。
でもプロになってしまうとそれが好きだから続けるというより、羽生さんもだけど、常に負けたくないからやり続けているのだろうか。もうそれは何かに憑かれているのだとしか。

あとで調べてみると森師匠の人格者っぷりがすごいことに気づいたのだけど、リリーさんが演じるとそのすごさがあまりわからなかったなぁ。実際こういう軽いノリの人だったのかな。
かぼす

かぼすの感想・評価

4.0
29歳は若すぎる。
いろいろやりたいことあったんだろうけど、将棋に全部捧げたんだね。

松山ケンイチが役作りで20キロ以上増量したとか。すごいな。
薫

薫の感想・評価

2.5
将棋のルールが分からず入り込めない部分も多かったけど、東出さんの演技初めて良いなって思った。
聖との最期の対局のシーンの動作の1つひとつに、将棋への、対戦相手への敬意がにじみでていた。
東出さんは対局の最後、0.1秒遅くても早くても真意が変わってくる、素晴らしい一礼をした。
umeshio

umeshioの感想・評価

-
2017/08/15

とてつもないエネルギーで撮られたものだとわかるから、こちらもエネルギーがいる作品だった。自然と肩に力が入るような。

まるで命を削るような将棋の打ち方。もしわたしが村山さんの母親、父親だったら、主治医だったら、彼女だったら。きっとまずは命が大切なんだから、と思ってそんな身を粉にするような生き方やめてと思うだろう。
でも村山さん自身の気持ちもわかる。負けたくない。休んでなんかいられない。1番にならなくては。そう心のそこから思えるほどの、自分の人生において1番大切と思える事柄を生きてるうちに見つけられるひとが、この世の中にどれほどいるだろう。
周りの人間からしたら、なにをそこまで、と思うかもしれない。でも身を削るほどに真剣になれることに出会えるのはある意味稀有で、だからこそしんどいものなのかもしれないと思う。真剣に向かえば向かうほど苦しい。
正直やはり村山さんも必死で、自分の時間が短いと悟っていたからこそ、周囲の人たちを大いに傷つけたと思う。と同時に、自分の境遇ゆえ、いわゆる普通と思われる、未来が当たり前に用意されていると感じている多くの人たちに村山さん自身もたくさん傷付けられたんだろう。

燃え尽きるようにけたたましく過ごす生き方は、他者から観ると投げやりで、勝手な生き方に見えるかもしれない。でも他人がどれだけ理解できなくても、どんな生き方にも間違いはない。一生懸命散るような生き方でも、例えば病気で寝たきりでも、人間関係に躓いて他者との繋がりを遮断していても、はたまた神の道に入り、修道院で誰とも喋らずに黙々と祈り、人生を終える生き方も、のめり込むことが特になくて、なんとなく生きているその生き方も、自分の考え方や人生の在り方とかけ離れていて、どうしても理解できなくても、誰の人生も生き方も、間違っていないし、私たちは否定できない。してはいけないと思っている。そんなことをまたぐるぐると考えさせてくれる作品だった。
どんな生き方もきっと間違いじゃない。

命を懸けられるほど一生懸命になれる物事に出会えた村山さんを羨ましく思う反面、自分だとしたら果たしてそこまで出来るだろうかと自信なく感じた。

レンタル
東出さんは羽生名人のクセとかかなり研究されたのかな?首をひねりながら、難しい顔(優勢なのか劣勢なのかはわからないが)をするところで、「あっ、羽生さんっぽい!」って感じましたね
>|