聖の青春の作品情報・感想・評価

聖の青春2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らか…

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

「聖の青春」に投稿された感想・評価

みんないい仕事したな
ぬ

ぬの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

松山ケンイチの役作り凄い!東出くんイケメン!(笑)リリーフランキーが、とても役に合っていて良かった!村山さんのご両親の立場、辛いなぁとも思った。
感想ではないかもなんだけど↓
見終わった直後、私も、こういうかっこいいエピソードで歴史に名前残してぇ〜!て思ったけど(笑)、村山さんだって病気治って普通に生きてたら、ここまで有名じゃないかもだし、「羽生の永遠のライバル」っていう称号もなかったのかも、、、って思ったら、村山さんの将棋に懸ける思いには言うことなしなんだけど、「短命」とか「死」で、「美」にしているエピソードなのかな?自分は、それにまんまとハマる視聴者なのかな?とも思った。
テレビの番組でこの方の生き様を知り気になってました。
映画自体は淡々としてドキュメンタリーのように進んでいく。
ただ役者陣の熱量は半端ない。
松ケンと東出さんは特にいいです。
あと柄本時生もいい味だしてる!あんなオッさんいるよね。
将棋漫画の3月のライオンが大好きなんだけど、登場キャラの二階堂とダブってしまって辛かった、、、二階堂には長生きしてほしい、、、いや、漫画の話なんだけど。
mamenico

mamenicoの感想・評価

3.5
ドラマというよりはドキュメンタリーのように淡々とした映画でした。
真実にどこまで正確なのかわからないけど、松ケンはじめ、俳優陣が素晴らしい。胸が熱くなります。
けん

けんの感想・評価

3.8
東出昌大の羽生がの掛け合いがすき。文字通り将棋に人生かけた人の物語。面白かった。
馮美梅

馮美梅の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

待ちに待った「聖の青春」。時間がある限り何度も観たいと思っております。
ヤフーのレビューの評価は??だけど、Twitterやその他のレビューサイトの満足度はかなり高いみたいで、なかなか面白い評価ですね。確かに、原作をこよなく愛する人にとっては、感想は様々なのかもしれません。

どうしても2時間という制限の中で、村山さんの壮絶な人生を、どう切り取るのか、本当に難しかったと思います。
でも、その中で最後の4年間にスポットを当てて、いろんなエピソードを削ぎ落しながらも、過酷な状況の中でも短い青春を謳歌し、そして闘う村山聖の姿を描いてくれている。

単なる、難病を抱えながら、棋士として生きた青年の、お涙頂戴作品ではなく、病気だったからこそ将棋と出会い、いつ訪れるのかわからない死を常に意識しながらも、名人になるという生きる希望と目標を持ち続け、将棋の対局という戦場に挑み続けたすごい人だったということを丁寧に作られていたと思います。

対局シーン、映像を見てるだけだと静かで、動きも特にないんだけど、もう自分の脳内の中では息苦しくなるくらいの血塗れの戦いに見えてくるのです。そして「負けたくない…」という声がずっと対局中、お互いの姿を通して聞こえてきます。将棋の棋士たちの見えない殺し合いの凄まじさを改めて、感じる今日この頃だったりします。

特に最後の対局のシーン、「痛恨の落手」をした後、その前からすでに涙こらえる(でも流れてくるのでハンカチで必死で汗のように拭く東出さん)羽生さん、そして自分の指した駒が、落手だと感じたときの村山さんはもう、松山ケンイチの感情そのものでした。「負けました…」その瞬間、ケンちゃんの目から涙が流れてきて、何とも言えない表情になって…まさにバッサリと全身斬られ、血塗れでとどめを刺されたように見えました。でも斬る方の相手も、とても苦しんでいることが感じられる、何とも言えないとても素晴らしいシーンでした。

映画の企画が始まってから、時間がかかったのもきっと村山さんが自分を演じてくれる松山ケンイチそして東出昌大という役者が出てきてくれるのを待っていたのかなと。いつも思うことは、原作物や実在の人物を演じるとき、何が一番なのかは、その人にゆかりのある人、関係した人がどう感じるか?役者が全身全霊をかけたものを泣いて懐かしく感じてくれる人たちがいたということは、何にも代えがたいものじゃないかなと…。
お

おの感想・評価

2.4
映画ってかドキュメンタリー見とるみたい。
まさしく、人生=将棋。
体調が良い日なんてない。そんな状態で、あんなに長時間神経擦り減らして…"命をかける"とか"悔しい"とか、こういう人の為にあるんだろうな。
実家で夜1人で将棋さすシーン、羽生さんと飲むシーン、どれも素敵でした。
ふくた

ふくたの感想・評価

3.7
ヒリヒリした
生命が静かに、でも確固として強く発火する瞬間に

将棋をまっすぐな目で見てすべてで信じたひと

色んな人の心情が迫ってきて泣いてしまった
青春のイタさは今を永遠にするなあ
>|