聖の青春(2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:124分
    監督
    森義隆
    脚本
    向井康介
    原作
    大崎善生
    キャスト
    松山ケンイチ
    東出昌大
    染谷将太
    安田顕
    柄本時生
    北見敏之
    筒井道隆
    竹下景子
    リリー・フランキー
    鶴見辰吾
    あらすじ
    1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

    「聖の青春」に投稿された感想・レビュー

    タナカノゾミ™
    タナカノゾミ™の感想・レビュー
    2017/04/02
    -
    みんないい仕事したな
    幕埜リア
    幕埜リアの感想・レビュー
    7時間
    4.6
    1994年大阪から物語が始まります。
    携帯がようやく普及し出したかという時代。
    昭和の香りが未だ漂う時代感が優しいライティングで静かに美しく映し出されます。

    「聖の青春」
    原作は未読ですがノンフィクション作品とのこと。
    山下敦弘監督とのコンビでオフビート感溢れる作風が得意な向井康介氏の脚本と監督の演出のバランスが素晴らしく、全ての場面に短い人生を駆け抜けた村山聖にとっての青春の一瞬一瞬が詰め込まれています。
    鑑賞者にとっても、その喜怒哀楽全てが愛おしく、何気ない会話や所作がとてつもなく大切な物に映ります。

    松山ケンイチは最早役作りの域を越え、村山聖の生を引き継いでいるかのよう。
    東出君演ずる羽生善治も、その村山の前で静かに激しく表情を変え、二人のやり取りの間に交わされる聞こえない言葉や汲み取りきれない感情に激しく心を動かされました。
    また、全ての登場人物が太陽を囲む衛星のようで、彼らも誰一人として代え難く、美しく輝かされるのです。
    そうか、これも群像劇なのか。

    昨年の作品で劇場で見れなかった事を最も悔いた一作です。

    〜〜〜〜

    筒井道隆、クレジット読むまで全く気付きませんでした。
    実に滋味深い!
    未だにバタ金のカオルなわけなく、素晴らしいルックスでした。
    yuko
    yukoの感想・レビュー
    8時間
    3.3
    聖の青春をやっと観た。
    原作のノンフィクション小説がすごく好きだったので楽しみにしていたけど、やっぱりイマイチだったーーー(笑)原作を読んでいないと、何もわからないんじゃないだろうか。典型的な予告編が一番面白いやつ。

    でも!!
    村山聖が、羽生さんを誘って宴会を抜け出して2人で飲みにいくシーンの2人の感じと、会話でキュン死したので、それだけでこの映画には満足しています😍
    若い頃の羽生さんが乗り移ったかのような、東出昌大が最高。
    「時々、深く潜って戻れなくなるような気がする時があります。でも、村山さんとなら一緒に行ける気がします」

    あ、でも一番実際の人物に似てたのは、リリーフランキーじゃ無かろうか。すごく良かった。

    過剰な演出が無く、物凄く地味な絵しかない(なにせもっさい男たちしか出てこない)けど、演技派&個性派の俳優が自然で良かったです。
    うさこ
    うさこの感想・レビュー
    9時間
    3.5
    将棋に命を懸ける。
    将棋知らないし羽生さんしか知らないけど、村山聖さんの将棋を見てみたくなった。
    ワンダフル
    ワンダフルの感想・レビュー
    16時間
    3.6
    将棋を打つシーンの神々しさが、とても良い。ある意味形を変えたアクション映画、アメリカが銃をぶっ放して戦ってるのに対して、日本は将棋でバトルしてる。低予算で出来るし撮り方次第では素晴らしい緊迫感を生み出せる。そう感じた。
    穂洋
    穂洋の感想・レビュー
    17時間
    3.3
    将棋は好きだけど大して興奮させられない
    東出の演技というかモノマネが笑える
    りんちゃん24年目
    りんちゃん24年目の感想・レビュー
    23時間
    3.7
    天才将棋棋士"村山聖"の将棋に命をかけた生涯。グっと胸にくるものを感じた。
    そして、松ケンさんの演技でいつも泣きそうになる。
    美脚
    美脚の感想・レビュー
    1日
    3.5
    2017年4月鑑賞。
    向井康介脚本なのでさすが。
    松山ケンイチ怪演。
    リリーフランキーが本当に好きで
    もえたん
    もえたんの感想・レビュー
    1日
    3.0
    命を懸けて没頭できるものに出逢うって素晴らしい。将棋への興味はゼロに近い私が「将棋面白そうだな」と思う程、彼らの情熱が魅力的に映りました。しかし、駒を指すパチンパチンという音が気持ちよくて途中で寝てしまうという‥笑
    しゅーと
    しゅーとの感想・レビュー
    2日
    3.5
    あぁこれほどまで歪みのない魂ならばと思ってしまった

    あと東出くんが素晴らしい
    >|