聖の青春の作品情報・感想・評価

聖の青春2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らか…

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

「聖の青春」に投稿された感想・評価

みんないい仕事したな
べべ

べべの感想・評価

3.3
将棋の事を分かる人が観たらもっとグイグイに面白かったのかも…。
将棋のこと全く分からないから、それがどれだけ凄いのかとかが、イマイチよく分からなくてチョッと勿体ない気分になった。

松山くんも東出くんも、すごく特徴掴んでるんだろうなって思った。

最後の対局は息を飲んでしまって、もうなんとも言えない気持ちで泣けた。

全てをそこにかけて生きるって凄い。
そして羽生さんって本当に凄いんだな。
pika

pikaの感想・評価

4.0
日本の俳優で一番好きな松山ケンイチの主演作を久々に。
凄く良かった、面白かった。
まず役作りでぽっちゃりしてるけど演技含め松山ケンイチが魅力的過ぎて憤死。
村山九段の生き様そのものが凄まじいが、その半生を見事に映画にしていて胸が熱くなった。

全体的に詩的な雰囲気で、伝記映画ではなく彼の命を賭した将棋人生を切り取る演出が良い。
無音の演出が良すぎるせいか音楽がイマイチなのと、途中に何度も詩的過ぎる余計な演出が入ったり、ついさっき流れたシーンを丸々挿入してくるところなどやりすぎな煽りはあれど全体的にはとても好みな作品だった。

松山ケンイチだけでなく役者陣の役作りや演技も見応えたっぷりだし、寡黙だからこそ台詞が際だつ静かな演出も良い。
何十回読んだかわからないくらい好きな「ヒカルの碁」のあの二人が実際に存在していたんだと言うような激アツな情熱に震えた。それ以上か。
漫画やドラマのキャラクターにしか存在し得ないような、普通の人間じゃなかなか辿り着けない〈本物〉の存在を知ることができて痺れたし、それを劇的に味付けせず淡々とクールに描写していて素晴らしかった。

4点にしたけど4.5点とめちゃくちゃ悩む。4.3点くらいにしたい笑
昨今将棋ブームですが、ルールもおぼろげなら将棋業界の慣習なんて全く知らない。
もっと将棋・将棋界について知識
があれば、キャラクターの感情がより理解でき楽しめたんだろうけど。
それでも主人公・聖の人物描写は素晴らしかったし、内に込めた熱意を静かに指しあう姿には惹かれるものがあった。
将棋にもっと詳しくなった頃に、もう一局お願いしたい。
ゆうき

ゆうきの感想・評価

3.6
やるべきこと、やりたいことを先延ばしにし、現実から逃げ、惰性で生きている今の自分を恥じた。

それくらい、彼の生き様は眩しかった。尊敬します。
JIN

JINの感想・評価

3.2
昨今の将棋ブームもあり、旬かなと思って観てみた。
将棋はルールぐらいはわかってるけども、奥が深すぎてその勝負のスゴさみたいなものが正直言って自分にはピンとこない。
そこを演技や演出でどう見せてくれるのかっていう興味はあった。
村山さんに関してもよく知らなかった。
この作品は村山聖という棋士の生き様の映画。
5歳で難病のネフローゼを発症、27歳で膀胱ガン。
体調の良い時などないのが前提での勝負。
負け=死という思いで勝負していたという。
増量して演じた松山ケンイチも凄かったが、現在も現役バリバリの羽生善治を演じた東出昌大も本人の特徴をよく捉えてた。
村山が羽生さんとの1勝は普通の20勝分に値すると言ってたのが印象的だった。
YouTubeで実際の二人の対決を見てみたが、やはり本物は映画よりももっと淡々とした現実がそこにあった。
本来本人達の中でしかわかりあえない何かがある世界なのだろう。

先月、初の永世七冠という偉業を成し遂げた羽生善治。
彼の将棋人生から見た村山聖との勝負っていうのは、今、どんな位置づけなのだろうか?
>|