聖の青春の作品情報・感想・評価

聖の青春2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らか…

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

「聖の青春」に投稿された感想・評価

そんなことよりも、今僕たちが考えなきゃいけないのは、目の前の一手です。
rodegin

rodeginの感想・評価

2.9
3月のライオンを観た後、続けて鑑賞。
此方は重かった。多分、小説は面白いだろうなぁと感じた作品。
ラストが…
Naga

Nagaの感想・評価

3.6
冗談抜きで途中から松ケンほんとに死んじゃうって思った。
体調が良い時がないってどういう気分だろう。

2人の”勝利”への狂気的な執着。
羽生さんが藤井聡太に負けたってニュース観た後にこの作品見たから、なんだかとっても切なかった。
羽生さんあの時死にたいくらい悔しかったんだろうな。

東出は東出のかっこよさを最大限まで押し殺してて良かった。
ねじ

ねじの感想・評価

4.0
松山ケンイチの役者魂を見せられた。東出昌大の羽生役はハマり役で惹かれる演技だった。頂点で戦う二人にはどんな景色が見えていたのか。
yoyoyo

yoyoyoの感想・評価

4.4
原作ファン。映画見てから原作読んだ。映画には映画の良さは確かにあって、松山ケンイチと東出くんは本当に良かった。村山聖という人の魅力が、すごい。まっすぐで嘘がなく、ピュア。繰り返し観たくなる。
松ケンすごい
maru

maruの感想・評価

-
出ている俳優さん全員演技がものすごくうまかった。
東出くんの羽生さんがいいよね
何者

何者の感想・評価

3.6
意外と面白かった
東出昌大演技下手なイメージなのにそんなこと全くなかった。
何かに打ち込めるのが羨ましい。
>|