聖の青春の作品情報・感想・評価

聖の青春2016年製作の映画)

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らか…

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)六段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖の上京を広島の両親は強く反対する。反対の理由、それは、聖が幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を 患っていたからである。彼は、常に死と隣り合わせで生きていたのだった。東京―。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、影ながら支えた。聖が七段に昇段したころ、同じ年齢の羽生善治が前人未到のタイトル五冠を達成し、「名人」のタイトルを獲得する。聖は強烈に羽生を意識、彼に対し、ライバルのような、憧れのような想いを抱いていた。羽生に刺激を受けた聖は更に将棋に没頭し、並居る上段の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

「聖の青春」に投稿された感想・評価

過去に観た映画で、まだ感想を書いていないものの棚卸しです。

面白かったですよ。
でも、「マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション」の直後に観たので、食べ合わせが悪かったかも。

2017年に劇場で観た映画の中で63位(78本中)です。

(2017/1/22 イオンシネマ戸畑 2D)
ぐっち

ぐっちの感想・評価

4.0
主題歌が秦基博さんだったので鑑賞。
たんたんと命が終わっていくのがまた心に残る。
えみ

えみの感想・評価

3.8
9月18日
おぼろ

おぼろの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

病気と闘いながらも将棋に賭ける執念はスゴい!羽生名人をライバルと思いつつ勝利したこともある。
少女漫画の「イタズラなKiss」とかが好きであった。
三本足

三本足の感想・評価

3.0
7792/245

村山くん
これはあかん
もう詰んどる

昔みた
ドキュメンタリー
生前のインタビュー
あのコートをよく着てた
腎臓などの病気で顔もパンパンにむくんでた

人となりを カッコつけず
だらしないところを正当化する性分まで
ちゃんと描いてあった

松山ケンイチ仕上がりすげぇ
羽生本人の眼鏡をかけた東出もひとつ

走れても走らない人もいる
走れなくて下向く人もいる
自分は一生走れない
その分 将棋に使える
こんな体じゃなければ将棋をさしてない
羽生とも出会えてない
ラッキーに聞こえる


かっこいいカットいくつかあった
スローの白鳥の着水
雪原に1人
雪の降る居酒屋の語り
曇りの海岸

小道具は90年代だったが
車は2016年だったな
背景なんで気にならんけど


みんなと違う海を見てる
深く潜りすぎて戻ってこれるかこわくなる
あんたとだったら一緒にいけるかも
そこはどんな景色だろ
いつか一緒に行きましょう

じゃけゆーたじゃろ
牛丼は吉野家じゃなきゃ意味がないんじゃ
シュークリームはミニオン
お好み焼きならみっちゃん
カツ丼なら徳川
も全部決まっとるんじゃ
今度からは生卵と味噌汁も忘れんようにの

最後の言葉
2七銀
日本映画専門チャンネル

構図と音楽の入れ方が昔観たヨーロッパ映画っぽい。でも監督さんはそれほどベテランじゃなかった。
ノンフィクションに近いと思うが、終盤まで説明やナレーションを排してドラマで繋げた構成は良かった。
よかった。
東出くんの演技、うまいと思ったことあんまりないけど、ちゃんと羽生先生に見えた。

いたキスの話するところ好き
ネフローゼについて調べる機会になった
Aya

Ayaの感想・評価

3.6
いやー良かった!
よく知らずに観たけど非常に良かった!

この東出くん珍しく羽生さんの役がわりとナチュラルにハマっている・・・。

羽生どハマり東出 VS 小太り松ケン。

羽生善治名人を倒すことに執念を燃やす村山聖の物語。
実話もの、なのよね?

少女漫画好き(集英社、主にマーガレット、別マ掲載作品)と言う松ケンのキャラには友達感しかないですね。

「3月のライオン」の時も思ったのですが、私にもうちょっと将棋リテラシーがあればもっと面白ろそうなのに!!

関西将棋界の松ケンは羽生善治を倒すために東京に出て行きますが、ある窮地に立たされる出来事があり、すげえ自暴自棄になるねんけど、その際に大阪に帰って同じ師匠についてた染谷将太に対する態度が最悪でしたね・・・。

性格が凝り固まってると言うか自分勝手で酒癖悪くてギャンブル好きで、こいつかなり感じ悪いんですけど、実は大きな病気を抱えていて・・・。

後半はその病と将棋との狭間で松ケンが全力で苦しむのであります。

葬式の相談をされた時のお父さんの「そのシュークリーム美味いの?」レベルのテンションが最高でしたねw

後、松ケンについてる看護師さんが休憩に入ったと思ったら無言で待ち構えてる有無を言わさぬ感じ、とかこの辺のクスッとさせる小技が全体的に上手い。

でも松ケンは25歳くらいで童貞なんです!
別にそれはいいんやけど、それをそんなに親しくもないのに、いきなり告白される東出くんの身にもなってやれ!
誘ってる?と思われるよ??
既婚者なのにダメでしょ?!

東出羽生と松ケン村山がサシで飲みに行くんですけど、趣味も被らないし、テンションも違うしまったく話が合わないんです!!
ソーキュート。

このめっちゃ気まずくて笑える呑み会がなんと味わい深くなることか・・・。

そんな将棋しか共通点のない2人の何度目かの対局が描かれる後半はかなり見応えがありました。

緊迫感。
将棋はボードゲームではあるんやけど、彼らの人生でもあるんです。
しかも将棋ってめさ時間長いじゃないですか?
そしてゲームは敗者自らの「負けました」との一言でしか終われない。

否が応でも持久力と集中力、そして自身の尊厳をも伴う。
こーれの見せ方と言うか演者2人の迫力、そしてゲーム自体がめちゃくちゃドラマチックなんです!

お互い同じくらいの実力。
どちらが勝つかはわからない。
時間をかけた試合は松ケンが攻めに攻められてもう負けるのに、逃げ逃げという手を打ってきます。

「負けました」って言いたくないだけのすごく無駄な時間のように感じたんだけど、起死回生して、これで松ケン勝ちや!という手を打ってきたと思った。
でも東出くんだって「負けました」と言いたくないから、こちらも不毛な手を打ち続ける。

後から考えたら、これって不毛に逃げてるだけではなくてどこかしらでの相手のミスを待っている作戦なのかも?

なんかもう体調ヤバそうに揺れてる松ケンの終盤での痛恨のミスの一手・・・。
そんな凡ミスに漬け込んだ勝ち方はしたくないけど負けたくない東出!
果たしてこの15時間を超える勝負はどちらが勝つのか・・・。

なんで20代半ばの青年の話が「青春」なんてタイトルなんかな?と思ったらそういうことやったんか・・・。

そうかー脚本が向井廉介さんなのかー!
すげえ納得。
各新聞社が協力してるのも珍しい。

もちこ

もちこの感想・評価

2.7
アメトークの『将棋たのしい芸人』を
見るくらいしか 将棋の知識がないので
いまいち解らないところはありましたが
不思議な世界でおもしろかったです

松山くんの
ふっくらした手が
素晴らしく良かったです ‼

あの手を見て
ご存命中にテレビで対局を
見かけたことがあるかもと思いました


病気のことでは
カップラーメン食べて大丈夫?
食塩多くない?とか
食生活にヒヤヒヤ…

とてつもない倦怠感で
毎日を生きるって
ものすごく大変だと思います

そんな日の対局は
ツラかっただろうな…

でも 健康でも
あそこまで辿り着けない人ばかりなのだから
やっぱり幸せだったのかな…


未完作品はもやもやして苦手なので
イタキスは 読まずにきましたが
ちょっと読んでみたくなりました
>|