愛の監獄の作品情報・感想・評価

「愛の監獄」に投稿された感想・評価

アデルちゃんの作品 2作目!
彼女の魅力には目が離せなくなっちゃう

まさに愛の監獄 笑
R2525

R2525の感想・評価

-
❤️❤️❤️
アデルエグザルコプロスいなければ駄作(アデル点2.4点)
ひでG

ひでGの感想・評価

3.7
正直ちょっとドキドキ、別のめあて?でレンタルしたんだけど、予想以上に味わいの深い作品でした。

そりゃ、どううしようもない不倫ですよね、

さすがに、この関係は誰が見てもあかんやろ、って思いますよ。

だって、女囚人と刑務所長の恋。
日本だったら2人だけで会ったり、話したりすること自体ありえない。

刑務所が自由で、こーゆ刑務所もあるのかよ!前提として、ややリアリティに欠けるところがある。→実話ベースらしいけど

でも、そのような関係性の困難さ【観客からも】を補う良さが本作にはある。

まず、一つ目は、なんと言っても、囚人アンナを演じるアデル・エクザルコプロスの何とも言えぬ妖艶さ、魔性さ、
決して美人、秀でた外見ではないけれど、
男【おじさん】を惹きつけてやまない魅力が溢れ出ている!
別の囚人が、「あの娘は生まれつきの娼婦よ!」の言葉がリアルに届いてくる。

二つ目は、恋に堕ちる二人の弱さを、客観的に描いているところ。
これを美談にして描くこともできただろうがそうはしなかったことが良かった。

特に所長はまだ恋に堕ちる前の娘の学校の面接のシーン。感情が抑制できずに担任に怒鳴り散らす。
「あ、この人はコンプレックスだらけで、感情を抑えられない人なんだな」て、
現に所長の溺れ具合がひどいこと、「そこで携帯は!そこで呼び出したら、いくら何でも(・・;)」

3つ目の好ポイント。
それは二人が初めて外で会い、結ばれた後の態度。
所長の浅はかさと、アンナとの歳の差、つまり、囚人とはいえ、この先の人生も長いんだってあたりの急に冷めた感じがよく表れていた。

ラストを観客に委ねたことも含めて、2人の行動は抑えが効いてないけど、映画としては抑制の効いた味わいがありました。

って、月曜の朝から書く映画じゃなかったね(・・;)

夜更かしの癖がついて、朝が辛い〜通勤車内で、不倫映画のレビューを書くオヤジ、

皆さん、今週も頑張りましょ!😊
えな

えなの感想・評価

3.4
アデル,ブル〜〜のアデルがあどけなさもあり妖艶でもあり魅力的だった。
おっさんはあほ。
モザイクでかすぎてびっくりした。ほんとにやってるわけじゃないだろうに
hiroki

hirokiの感想・評価

2.5
そもそもアンナは何で刑務所に入れられたの?
愛の監獄。

刑務所が舞台だが、ストレートでイマイチな邦題。

よくある小悪魔と中年男のインモラルなドラマ。

初アデル・エグザルコプロス。

舌を噛みそうな名前の、ベビーフェイスなギリシャ系美女。
(エグザ○ルと覚えようかな💧)

扇情的な眼差しと半開きの唇が艶かしい。

また、潔い脱ぎっぷりも気持ちいい。

職権乱用してまで性に暴走するオッサン。

恋は盲目といえばそれまでだが、みっともない。

ピチピチで、ミステリアスなヒロインに惹かれる気持ちは分かるが。

犠牲の上に成り立つ愛。

ルイーズ役の子役ちゃん、可愛かったな。

曰くありげなラストにモヤモヤ感が残る。



 




 
千紘

千紘の感想・評価

2.9
勝手にしやがれを観ようと思ったけど開始五分で気分じゃなかったのでこれにした。

モザイクがでか過ぎて逆に衝撃だった。何も見えていないのでR指定にする必要性とは?
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.0
女性刑務所の刑務官が囚人の女性と恋に落ち...という、どう考えても明るい未来などありそうもないストーリー(笑)。「アデル、ブルーは熱い色」で鮮烈すぎる印象を残したアデル・エグザルコプロスが相変わらずの度胸たっぷり(脱ぎっぷり含めw)そして気づいたら相手がメロメロになっているというほっとけないフェロモン出しまくりで、完全無抵抗のうちにその深みに落ちてしまう過程があまりにリアルすぎお相手が気の毒ですらあった。ただ、たとえきっかけがそうであってもあそこまでブレることなく貫けるのならありな気もするが...
>|