デイ

スイス・アーミー・マンのデイのレビュー・感想・評価

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)
3.0
うーむ(-_-)…。
期待値上げ過ぎちゃったのかなー(>_<)?!!

私がクライマックスシーンと思っていたシーンが冒頭に来るとは…。

ダニエル演じる死体にポールダノがイヤッホーッ!!って乗ってるシーン…。
こ、このシーンが最後のほうに来ると思っていて、無人島脱出劇だと思っていて…違ったなーぁ。

私は逆にこの映画
"オナラ"やら"勃起"やら、要らないと思ったんですけれどもね…。
"オナラ"やら"勃起"やらを入れたのなら、もう本当におバカでゲラゲラ笑える"クソくっだらない"映画にすれば良かったと思うのだけれど…。

この映画に"哲学"みたいな?生きてるとは?みたいな大切なことを含ませて来たから、"逆に"オナラやら勃起(連呼してますね(^_^;)…)が私の中で邪魔になって来ちゃった…。

まあ…笑えて泣けて考えさせられる…というお楽しみ詰め込みパックみたいな?映画ではありましたが…。

ポールダノ演じるハンクとダニエル演じるメニーの記憶やフラッシュバックがリンクするところ…。
これはハンクの記憶なのかメニーの記憶なのか一瞬こんがらがってしまいました…。

キーワードは"このスマホは誰のもの?"かな?

二人で森で生活したり、ふ〜らら♪ふ〜らら♪踊ったりするシーンが好きでした☆
本当にこのまま社会から隔離されてふたりで生きて行っても良いよね…って私も感じたな☆

ダニエルがポロポロ泣いているシーン(T_T)。このシーンはかなりお気に入り☆


ブルーやグリーンの映像が美しくて、水中のキスシーンも好きだな…。

ただ、音楽…あの高温ヴォイスのあの音楽はちとダメでした(>_<)!!耳に残りますね…。


ポールダノって東大医学部とかに居そうな?ねっ!!ですよね?!!(←と同意求む(^_^;)…)感じで余り好きでは無かったけれど、この映画のポールダノ、結構好きかも(^-^)☆

昨日観たのですが、まあ…なんだかんだ言って"後ジワ"が来てます笑。

行間あけますね…








オチはやっぱりそれかーい!!みたいな?





どうでも良い余談…m(_ _)m
私の古いノートPC(Windows7)でHDで観れなくて、仕方ないからスマホで観ました(T_T)。
大きなiPhoneは嫌よー!!って思っていて、私のiPhoneはSE。
画面小さかった(T▽T)…。