スプリングス

スイス・アーミー・マンのスプリングスのレビュー・感想・評価

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)
4.0
〈/ガス抜きは大切だよ/〉

【Introduction】
ストレス、溜まっていませんか?
ガス抜きもたまには必要だよ。
踊ろうよ。
叫ぼうよ。
人前では出来ないようなバカしようよ。
屁もさ、恥ずかしがらずにここうよ。
スーッでもいいしブブブッでもプププッでもいいからさ、ここうよ。
屁を。
屁をさ。
屁をここうよ。
屁をこけよ。
屁をこくんだよ。
こけよ!
屁をよ!!
屁をこくんだよぉ!!!
恥ずかしがらずにさぁ!!!!
ただの生理現象じゃん!!!!
なんでそんなに顔をしかめるんだよ!!!!
不快か?そんなに屁は不快か??
だから隠すの?屁を隠れてするの??
屁だけじゃないよね?
見せたくないもの、見たくないものすべて隠してるよね??
捨ててるよね?
蓋してるよね?
いろんなもの。
いろんなこと。
いいの?それ。
楽しい?
他人の目を気にしすぎて自分をぽろぽろ削ぎ落としていって、そんな《生》になんの意味があるわけ?
マイノリティーじゃダメなの?
みんなと同じ、量産型のクローン人間みたいな人生を送るのが正しいの?
わかんないよ。
もうわかんないんだよ。
だからさぁ。
一緒にここうよ。
屁を。

【Review】
『What the fuck(なんだこれ)』から始まり『What the fuck(なんだこれ)』で終わる物語でした!!
(実際、最後のセリフがWhat the fuckなのです...)
この映画ね、ど頭からもう好きでした。
始まった瞬間から好きになる映画ってそうそう無いんですけどね、なっちゃいましたね。好きに。
いやぁ〜、笑。
凄いもの観たなぁ〜、笑。
これ一回だけじゃ理解しきれんぞ、笑。

...観る時期によっちゃあ僕の『ミスターノーバディ』への愛を超えちゃってたかもだコレ。。
そう、もっと色々な悩み事に押し潰されそうな時に観たら化けたぞこの映画。100人が今作を鑑賞したとして、少なくともそのうちの1人には《人生を支える映画》として残り続けるんじゃないかな。
...これを観て映画界を目指してくれるような若者が居たら、それはとっても嬉しいことだと思うよ。。
しっかしハリー○ッターが半ケツ出しながら吐いたり勃ったり屁で飛んだりだなんて...こんな展開、賢者の石観たあの頃には思いもしなかったなぁ、笑。

【Digression】
現実なのか虚構なのかがあやふやになっていく作品って良いですよね。
(海外ドラマだと『レギオン』とか好き)
という訳で僕の知ってる範囲でそれ系統の映画まとめてみました〜(^q^)。
(※ネタバレを避けるために読み取れない箇所があります)

『インセプション』
(現実か夢か)
『アイデンティティ』
(現実かś̷̡̟ẗ̸̡͚̞̘́か)
『トゥルーマンショー』
(現実かǫ̵̡̗̹͔̭̼͚͖̯͊̔͋͑̓͒͂͑͋̆͜͠͠ņ̶̡̛̛̦̜̞̮͈͎̭̯̻̟̫̈͂̇̈́͋̆̓͑͐͆͜か)
『1408号室』
(現実かあの部屋か)
『ミッション・8・ミニッツ』
(現実か過去か、それとも...)
『マトリックス』
(現実かマトリックスか)
『ハウンター』
(現実かẗ̸̡͚̞̘́ņ̶̡̛̛̦̜̞̮͈͎̭̯̻̟̫̈͂̇̈́͋̆̓͑͐͆͜の世界か)
『パラドクス』
(現実かJ̴̠͚͉̹̈̀̀ṵ̴̡̧̥̀̈̿か)
『トライアングル』
(現実かẗ̸̡͚̞̘́ṵ̴̡̧̥̀̈̿か)
『まどマギ・新編』
(現実か ̵̡̿̓̀̃Ṃ̶̢̧̨̡̗͕̱͈̞̫̰̘̺̣̼͈̞̟̤̝̫̮̈͛͜か)

✨『ミスターノーバディ』✨
(現実か現実か)