Arbuthnot

スイス・アーミー・マンのArbuthnotのレビュー・感想・評価

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)
3.5
不思議な話でした。なんだかよく分からない話。
ラストシーンでヒロイン?のサラが「何なの⁈」って叫ぶんですがほんとその通りって感じ。

まず、あのハリーポッターのダニエルラドクリフにオナラして水吐いて勃起する死体の役をオファーした制作陣がすごいですね。そしてそれを受けたダニエルもすごい。死体っぽい表情は見事でした。

ストーリーはまさに奇想天外。スイスアーミーナイフのように万能な死体で無人島をサバイブする話かと思いきや、死体が喋り出すファンタジー。唐突な女装からのブロマンス。
寂しさで頭がおかしくなった遭難者が死体が喋り出したと妄想する話だと思ってたけど最後の最後でよく分からなくなりました。

でもそういう訳の分からないストーリーをなんだか面白いものに見せてしまうので監督の腕は確かなんでしょうね。MV出身の監督らしく音楽を使ったシーンはお洒落でした。予告ではこんなお洒落な映画とは思えなかった。良い意味で予想を裏切られました。

野暮だけど一つだけ最後に気になった点。

サラの家近すぎない?砂浜から何日もかけてやっとたどり着いた感じだったのに、一瞬でまた砂浜に戻れてるって…ハンク達は同じ所をグルグルしてたんでしょうか。