スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

この作品に出てくるギャグをブラックジョークととらえて笑えるか、不謹慎ととらえて不快に思うかで作品の評価は180度変わると思う。
また、この作品に興味を持った人は、死体を多機能ツールとして利用し、無人島から大脱出する冒険活劇を期待する人もいると思うが、そんな展開はほとんどなく、死体との対話という形をとった自己との対話が延々と繰り返される。
はっきり言って最後まで見ても、この作品を作った人たちが何を言いたいのかさっぱりわからなかった。
自分の知能が足りないだけか?

また、あのハリーポッター、あのダニエル・ラドクリフがなんでこんな役を・・・?とずっと頭をよぎる。
ハリーポッターで付いたイメージを払拭するためのリブートだとしても、ちょっと得心できない。
本当に、なにがなんだか、頭が混乱する作品だった。
帝

帝の感想・評価

3.0
サラとは結局誰だったの?
なすび

なすびの感想・評価

3.5
ふざけてるけどすごく深い🙃
映画を観て考えたい人はぜひ
まうす

まうすの感想・評価

2.5
最初の10分くらい?が最高に面白くてめっちゃくちゃ笑った


面白すぎてこの後1時間半も何やるの?と思ったけど
実際そこがピークでそれ以降は右下がりで寝ちゃった

でも最初の数分だけでも観る価値ある笑
桑田

桑田の感想・評価

5.0
ラドクリフ君が最高にかわいい
JoAriyoshi

JoAriyoshiの感想・評価

3.6
おちこわ
かなこ

かなこの感想・評価

3.6
途中から幻覚を観ているのだろうかと思い始めたけど、幻覚を見てたのは彼らだった。
この映画のハイライトはやっぱり放屁で海を渡るところ。いい笑顔してた。
これ尺が2時間だったら痺れ切らしてます!
yvyvy

yvyvyの感想・評価

3.2
不謹慎承知で言うと、随所で、ハンディキャップを抱えた男性が性に目覚めるシーンを彷彿とさせてきてめちゃくちゃ福祉の必要性を感じてしまった。そこを取っ払うとシュールで笑えるんだけども。ブラックユーモアにも昇華できずヘビーに感じた
>|