スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

スイス・アーミー・マン2016年製作の映画)

Swiss Army Man

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:97分

3.7

あらすじ

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しよ…

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しようと試みるのだが…。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか―!?

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

この作品に出てくるギャグをブラックジョークととらえて笑えるか、不謹慎ととらえて不快に思うかで作品の評価は180度変わると思う。
また、この作品に興味を持った人は、死体を多機能ツールとして利用し、無人島から大脱出する冒険活劇を期待する人もいると思うが、そんな展開はほとんどなく、死体との対話という形をとった自己との対話が延々と繰り返される。
はっきり言って最後まで見ても、この作品を作った人たちが何を言いたいのかさっぱりわからなかった。
自分の知能が足りないだけか?

また、あのハリーポッター、あのダニエル・ラドクリフがなんでこんな役を・・・?とずっと頭をよぎる。
ハリーポッターで付いたイメージを払拭するためのリブートだとしても、ちょっと得心できない。
本当に、なにがなんだか、頭が混乱する作品だった。
Ryotana

Ryotanaの感想・評価

3.5
アーミーナイフのような万能型死体、ラドクリフ。こんなん欲しいわ。
途中で寝たけどめちゃくちゃ笑った
無茶苦茶でした
意味がわからん
餅山

餅山の感想・評価

-
なんでか全然集中できなかった
ダイヤ

ダイヤの感想・評価

4.3
無理やりな設定も気にならないくらいすんなり入ってく。面白いし、なんか感動してしまうのも笑える。
こりゃ変態映画だな!
コメディとして見ても中途半端だし微妙な映画…
小学生とかが見たら爆笑するじゃないかな!
知らない監督さんの作品だけどこの世界観ゎ独特…
次ゎどんな作品を作るのか楽しみにしてますm(__)m
期待を込めて甘口評価で☆2.5
Iman

Imanの感想・評価

3.5
面白いけどお下品🤣
A

Aの感想・評価

3.3
惜しい。
友

友の感想・評価

3.9
こんなに万能な死体見たことない。
なんだか不思議な映画。

何故この万能さを死体に身につけさせたのか。
そこがこの映画の面白いところだと思う。

森の中で2人でサバイバルなごっこ遊びをするうちに日常の素晴らしさだったり
恋愛のドキドキだったり
下ネタ全開の男の子の面白い話だったり
喧嘩したりと人生を生きて
死体と親友になる。

ってなんのこっちゃ。
全くもってなんのこっちゃ。

最後までなかなかになんのこっちゃだけど
周りの人間に理解されなくても
大事な人を大事と言える強さが伝わって
感動しそうでオナラに笑える映画だった。

死体役のダニエルは結構ちゃんと死体で不気味なままギャグしてて面白かった。
ダンは結構ヒドイ奴だけど彼の笑顔がイイ奴にも変人にも見えて実にイイ。

面白かったけどなんのこっちゃ?
>|