スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

スイス・アーミー・マン2016年製作の映画)

Swiss Army Man

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:97分

3.7

あらすじ

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しよ…

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しようと試みるのだが…。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか―!?

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

この作品に出てくるギャグをブラックジョークととらえて笑えるか、不謹慎ととらえて不快に思うかで作品の評価は180度変わると思う。
また、この作品に興味を持った人は、死体を多機能ツールとして利用し、無人島から大脱出する冒険活劇を期待する人もいると思うが、そんな展開はほとんどなく、死体との対話という形をとった自己との対話が延々と繰り返される。
はっきり言って最後まで見ても、この作品を作った人たちが何を言いたいのかさっぱりわからなかった。
自分の知能が足りないだけか?

また、あのハリーポッター、あのダニエル・ラドクリフがなんでこんな役を・・・?とずっと頭をよぎる。
ハリーポッターで付いたイメージを払拭するためのリブートだとしても、ちょっと得心できない。
本当に、なにがなんだか、頭が混乱する作品だった。
ダニエル・ラドクリフの死体とオナラが面白い映画だと思って笑ってるとイタい目見る自分の自意識エグられるムービー

ダニエルズがMV作ったマンチェスター・オーケストラのサントラも素晴らしいよね。
りか

りかの感想・評価

3.6
とにかく下品で、最初はなんだこれってくらい意味わかんなかった。
でも、いい話。
菊池2018

菊池2018の感想・評価

5.0
0113 ジョイランドシネマみしま③自由

個人的には昨年のベスト洋画。

観る人によって、下品なアドベンチャーコメディにも、奇妙な設定の純愛映画にも、死と生の本質についての哲学的映画にもなり得る、非常に豊かな映画。

万人が同じ楽しみ方をするとは限らないけど、間違いなく万人にオススメできる。
s

sの感想・評価

3.8
記録
ゆうご

ゆうごの感想・評価

3.8
荒唐無稽の支離滅裂やった。
序盤は会話よりオナラが多い。

それでも面白かった。
ひろせ

ひろせの感想・評価

3.6
サバイバル・コメディ映画だと思ったら意外と感動系の映画で騙された。

設定が謎過ぎる分、ストーリーはシンプルでわかりやすくて好き(個人的には)。
ちば

ちばの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

【あらすじ】
無人島で遭難し、絶望の末、自殺を試みる主人公ハンクの目の前に一体の死体が流れ着く。
ハンクは近づき、死体の様子を伺う。すると死体からは異常なまでのガスが吹き出していた。ガスの勢いは次第に強まり、沖の方まで進んでいき、その勢いにつられ、ハンクは死体に馬乗りをし、ガスの浮力を利用し無人島からの脱出を試みるのだった。

【感想】
冒頭の衝撃的なシーンからこの映画に一気に引き込まれた。
とても下品でバカバカしい場面盛りだくさんなのだが、テンポよくストーリーが進んでいき、爽快感さえ感じた。

内容に関してだが、ユニークなシーンが多い中、ハンクの生きる上での苦しみが随所に現れる。
ハンクが抱える生きる上での苦しみを、メニー(死体)が「なぜ?」と度々問いかける。その問いかけは子供のような質問ばかりなのだが、思わず考えさせられてしまう。
死んだように生きているハンク、生きているように死んでいるメニー(死体)との対比が成されていた。死体との触れ合いを通して、「生きるとは?」を投げかけているように感じた。
あさこ

あさこの感想・評価

3.5
内容はおもろかったんですが、映画デートには推奨できません。
>|