スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

スイス・アーミー・マン2016年製作の映画)

Swiss Army Man

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しよ…

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しようと試みるのだが…。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか―!?

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

この作品に出てくるギャグをブラックジョークととらえて笑えるか、不謹慎ととらえて不快に思うかで作品の評価は180度変わると思う。
また、この作品に興味を持った人は、死体を多機能ツールとして利用し、無人島から大脱出する冒険活劇を期待する人もいると思うが、そんな展開はほとんどなく、死体との対話という形をとった自己との対話が延々と繰り返される。
はっきり言って最後まで見ても、この作品を作った人たちが何を言いたいのかさっぱりわからなかった。
自分の知能が足りないだけか?

また、あのハリーポッター、あのダニエル・ラドクリフがなんでこんな役を・・・?とずっと頭をよぎる。
ハリーポッターで付いたイメージを払拭するためのリブートだとしても、ちょっと得心できない。
本当に、なにがなんだか、頭が混乱する作品だった。
最高でした
これは生物学的な話なのか?
とにかく下ネタが活躍して、思いが思いを動かし、死体が生き返る。死体としての存在定義が曖昧すぎるし、内容自体が奇抜だったけど何故か真剣に観れた。

このレビューはネタバレを含みます

チラシの見た目から、無人島でのサバイバルが主だと思っていたのだが、
簡単にオナラジェットスキーで脱出できてしまう!

ランドにたどり着いてからの話になるんだけど、それも想像以上に人里離れていない!ってところがミソ( ´∀` )b
具体的には、主人公を追いかけて森に走り込んだ幼い少女が、一人で海岸まで到着できる距離。その距離を、よくもまぁ大層に描いていることよ(笑)

この主人公にしても、
(バスで気になる女性に声もかけられず、盗撮するしかなく、そんな自分が嫌になり、自暴自棄で無人島に行ったはいいが帰れなくなり、仕方ない自殺か!)Oo.( ゚A゚ )
てな憶測でこの映画を見ると、なんとまぁしょうもない!
でも、なんとまぁ身をつまされることでしょう!

すごくオオゴトに感じていることが、
端からはすごくバカげたことに見えることも、
それでも自分にとっては人生最大の出来事に思えることも、
そのどちらも体験できたから、私はこの映画が好きです(*‘ω‘ *)
まよい

まよいの感想・評価

3.4
ずっと見たかったけどまさかこんなに経ってから劇場公開されるとは

川に落ちたラドクリフを救いにいくシーンが美しかった
なんだか色々取り上げなくちゃいけない問題はあるような気がするけど、特殊な環境で関係を築いていくとやっぱり人は人(死体?)を愛するものなのかな
創意工夫してどんどん色んなことできるようになっていたのすごかったけどどう捻っても現代社会に戻ったところで使えないのが残念だなと思った

面白かったけど終盤は痛々しかった…
最後に巻き起こる奇跡たちはよかったけど残された主人公はどうなってしまうんだろう…どうせならもう連れていってあげてほしかったよ…
難解な作品だった。
言葉が見つからないけど嫌いじゃない。
別に名作なわけでもない。
小物関係は最高の作りだったし、スタッフ楽しんでるなと思った
たいら

たいらの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

面白く軽い始まるんだけど中身は深かった
無事帰り着いて良い感じに終わるけど救いが欲しいよ〜
制作予算はダニエルで使い切ったのか、音楽から小物まで手作り感満載だった
クレヨンしんちゃんの絵柄でアニメで見てみたい
ryk

rykの感想・評価

3.8
全部夢やろ〜〜て思いながら観てたけど、そうとも言い切れないラストに度肝抜かれました
1000

1000の感想・評価

3.9
夢だけど夢じゃなかった
荒唐無稽だが嫌いになれない
タイトルとあらすじを見てなんじゃこりゃ?と気になって鑑賞。
タイトルはアレ、便利な多機能ナイフからきてるんだな!ってみてる途中で閃いた(遅い

下ネタ笑いたいのに劇場内の雰囲気が笑える感じじゃなくて参ったw皆さんおしゃんなデートで観る映画じゃなかったんじゃないの?下ネタ+ブロマンスで黒歴史だもん。でも、映像はどのシーンも丁寧に作られていて美しかったな。女装も死体もハマってた。よく考えたらあの奇想天外設定で集中できる画面を作るの凄い?

私ハマれないかも~って思いながら最後まで観たけど、しばらくしてもついあれは何だったのかと思い返してしまうシーンの数々…

デートでは行きたくないけど、このあいだ変わった映画を観てね。。。って好きな人に教えたい。
そんな映画。
>|