スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

スイス・アーミー・マン2016年製作の映画)

Swiss Army Man

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:97分

3.6

あらすじ

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しよ…

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しようと試みるのだが…。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか―!?

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価


なんという引きこもりのオタク映画!

もう見ていて辛くなった。

名前も偽って人生を取り戻そうとする姿がまあ辛い辛い

うかびあがらなかった走馬灯が死体との思い出の中に見るとか笑

てか全てが自分自身への問いかけで

そうなると死体との決別が重要だろうとみていたらまさかのラストにびっくり

人生の大事なことはオナラが教えてくれる
097

097の感想・評価

3.6
・人を選ぶ映画だと思います。不謹慎で際どいネタも出てきますし、男性同士の同性愛っぽい描写もありますし(しかも死体と)。家族の皆さんで御覧くださいとはとても言えず、趣味の合うご友人かお一人でこっそりみましょう。
・ただハマる人はハマりますね。なにせハリポタことダニエル・ラドクリフが死体役ですから。それだけで笑えます。
・題材はまあワケワカランですけど、本質にあるのは「人と上手く繋がれねえなあ」という誰しも持ち合わせている気持ちなんですよね。それを死体との旅で描いているところがこの映画のミソかなと思います。
オープニングで鳥肌が立った。
最後のシーンも意味深。
設定は斬新で面白いんやけどなー
あ

あの感想・評価

3.9
素敵
Twitterで流れてた海外版の予告編を目にして以来、観たくて観たくてたまらなかった本作。ダニエル・ラドクリフの死体を使ってポール・ダノが生き延びる話、程度の予備知識でのぞんだら、最近観た映画いち笑ったかもしれない、とんでもないハートフルサイコラブストーリーだった!

よくある「無人島にひとつだけ」て質問。あなたは何を持って行く?
この映画を観たらみんなきっとこう答える!
「死体!」って!

「パンパンパンパンパンパン♫」てアカペラ調の音楽に乗って放屁式土左衛門ジェットスキーにまたがり、孤独な死から希望の生へとバカみたいに驀進するハンクの姿と、ここでデデーーンと出る『Swiss Army Man』のタイトルバック!笑

予告編でクライマックスの脱出シーンと思っていた衝撃の映像が、実はオープニングのつかみで、放屁の恩恵で晴れて無人島を脱出したハンクとメニー。助けを求めて森のなかを突き進む人間と死体とのバディムービー。
こんなヘンテコなコンビ芸が面白くならないわけがなく、爆笑に次ぐ爆笑。

完全にコメディーだと思っていたら「え!?これ実は結構考えないとイケナイやつ!?」といった感じで全然心の準備が出来ずに突きつけられた現実。
無人島で漂流?とんでもない…近所の山で1人サバイバルして山で拾う色々な道具は、もともと主人公の物で、死体スイス・アーミー・マンは妄想で、単なる死体‥?
あれ?途中までめっちゃ笑ってたけど、ハンクとメニーの関係は社会では好奇な目で見られ、異常で病的。それはつまり、死体の存在は忘れ、メニーとの別れの展開を暗示していて、急にさみしく感じてハンクの状況に泣ける。

自分と他者の境界線が崩壊、恋愛ごっこも相手のためではなく、選びたかった未来の反芻なのかもなぁ‥
そして、ハンクがメニーを引きずって森の中へと逃げていくシーン。
笑いながら放屁のジェット噴射で発射するメニー。それを見送る人々、何か感動しそうなラスト…
感動しそうだけど、わけわかんねーよ、笑
死体は一体何だったの?っていう消化不良な感覚があるラストだけどなんかめっちゃ良い映画なので是非観てほしい。

誰もが予想だにしなかったラスト10分の衝撃、いや笑撃がこの映画の中で最も心が動きました。ふんだんに散りばめられた下ネタと放屁で、死体のメニーが“生きる”って何か、ちょっぴり教えてくれた気がします。
うー

うーの感想・評価

3.8
最初は狂気じみてて笑って観てたけど、だんだんそんな気分じゃなくなっていった。

2人で踊ったり騒いだりして楽しいシーンもあるのに、なんでかずっと切なくてやりきれない気持ちがあったんやけど、終盤でなんとなくわかった気がした。

ポール・ダノはああいう情けなくて惨めな人間らしい役が本当に良く似合うなって思いました。
needmakeme

needmakemeの感想・評価

3.8

とことん変わった映画なんだけど、ほっこりする。笑いどころが多い映画。生きるのって、悪くないなって思える。

現実は窮屈で辛いことばかり自分に降りかかるように感じる、理不尽な世界に思える。でも生きようとする思いを脳が作り出してくれる。生への執着なのかわからないけど。

あんまり長く書く必要はないと思う、見ればわかる映画。
無人島で遭難した主人公が十徳ナイフならぬ十徳死体のダニエル・ラドクリフを使って脱出を試みる映画。ハリーポッターのイメージが大きいダニエル・ラドクリフだが生尻(意外と毛が濃い)やゲロなど体を張った演技を見せてくれる。ポールダノとのエモい友情やオナラの推進力でジェットスキーになり口から日を吐き水を吐きあまりの便利死体っぷりに笑ってしまう。終盤の展開もよかった
>|