スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

スイス・アーミー・マン2016年製作の映画)

Swiss Army Man

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しよ…

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しようと試みるのだが…。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか―!?

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価


なんという引きこもりのオタク映画!

もう見ていて辛くなった。

名前も偽って人生を取り戻そうとする姿がまあ辛い辛い

うかびあがらなかった走馬灯が死体との思い出の中に見るとか笑

てか全てが自分自身への問いかけで

そうなると死体との決別が重要だろうとみていたらまさかのラストにびっくり

人生の大事なことはオナラが教えてくれる
オナラで笑ってオナラで感動させられた。
1人だと生きてく気力もなくなるけど、自分以外に話し相手になってくれる人がいるだけで 生きようとする希望が出てくるのわかる〜ってなった

何か作ってるところはその状況になってやれば出来るんだな〜と思った

見せ物にされてしまう感じがすごくこわかった
でも最後答えてくれてまじで良かった
にはち

にはちの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ようやく近場で公開されたので観てきました。
よかった。すごくよかった。
言語化しづらいのですが、とにかくよかったです。

漂流した無人島で死を覚悟した主人公ハンクの元に流れ着いたのは死体。しかしその死体はオナラで海を進み、いつしか喋るようになって…

一見突飛な設定のトンチキ映画かと思いきや、びっくりするほどの友情と青春。そして生きるという行為そのものを賛美するような人間賛歌でした。

俺なんて。と言うハンクに対してとにかく「なんでそういうことを言うんだ。お前は生きてるんだからやれないことなんてないだろう。」と当たり前のように言う死体・メニー。
死んでる人間が言うセリフとして、これほど説得力があるものはなかなかありません。(最もメニー自身は自分が「死んでいる」ということに対しては気づいてもいないのですが)

とにかく存在や生きるという行為そのものに対する絶対の肯定をする映画だと思いました。

弱ってるときとか観るタイミングによってはどうしようもなく泣いてしまう気がします。
うまく言えないけどとにかくすごくいい、抱きしめたくなるような1作です。
con

conの感想・評価

1.0
映画に詳しい人的にはすごく良い作品って言ってたけど、詳しくないあたしには「よくわからん」の感想で終わった…

仕事終わりに何も考えずコメディーぽいの観たいと思ったんだけどこれはなんなんだろ??

ハリーポッターの人がゾンビっていうのも映画見終わった後、お客さんの会話で知ったっていう💧

途中、主人公が同性愛者?って思ったけどそーでもない展開で人間愛を言いたかったのかな?って感じ

疲れてない時に観たらもっと理解度高まるかも…
しお

しおの感想・評価

4.0
ダニエルラドクリフの死体役最高だよね。音楽もすき。
二条

二条の感想・評価

-
10/28字幕
shake

shakeの感想・評価

2.8
意味はよくわからないがシュール
Ryoutarou

Ryoutarouの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

おしゃれな下ネタ映画
ラドクリフにおならさせて、しかもそれがモーターボートになるってどっからその発想が出てくるのか…使い勝手良すぎる死体でした…いらないけど…
ストーリー的には微妙
>|