スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

スイス・アーミー・マン2016年製作の映画)

Swiss Army Man

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しよ…

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しようと試みるのだが…。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか―!?

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

みん

みんの感想・評価

3.8
ダニエル・ラドクリフの代表作がハリーポッターからスイス・アーミーマンに変わってほしい👏笑

無人島で死を覚悟した時に目の前に現れた死体(ダニエル・ラドクリフ)は少し様子がおかしくてオナラを使ったジェットスキーになったり、サバイバルには万能で欠かせない相棒に…

うるっと来るシーンもあるのだけれど、そのまま泣くのを許してくれないくらい面白いです。今後は笑える映画としてこの映画を1番に上げたい!

内容とは裏腹に、画になる美しいシーンと爽やかな音楽

おふざけが過ぎるのに、愛おしくてしょうがない映画でした
君と君のオナラがあれば、何処へだっていける!(笑)

ほぼ事前情報なしで、Filmarkで不思議な作品だという知識だけをいれての鑑賞。

迷子の男と万能ツールの話し。
これは………、確かに訳がわからん!(笑)
でも、とてもとても不思議な余韻の残る作品。
まるでつげ義春の不条理ギャグの傑作『ねじ式』のような感覚。
いや、あれよりはもう少し現実味があるか(笑)
遭難した男が死体をみつけるんだけど、この死体がとんでもない!(笑)
オナラを推進力にしてジェットスキーのように進むは、口から水だすは、頭がハンマーの代わりになるは、指擦ったら火打石のように火花散るは、しまいには喋るは自力で動くは…(笑)
結構下ネタ多いし、結局のところ何が伝えたかったのかも理解できなかったし、オススメは出来ないけど嫌いじゃないかな(笑)

実は前の日に見始めたんだけど、眠気に負けて断念。
翌日改めて最初から見たんだけど、途中うとうと(笑)
巻き戻ってやっと最後まで見られました(笑)
トータル何時間かかったんやろ?(笑)
moco

mocoの感想・評価

4.4
めちゃくちゃ面白かった!オススメする!
この2人の組み合わせ好きだなあ、なんかいいなあ
男の友情…?って感じであんな風に工作して暮らして、楽しそうだなあって

恋のチカラってすごいですよね
eetee

eeteeの感想・評価

3.9
まず発想がめちゃくちゃ面白い。死体と旅するどころか、疑似恋愛させるとか。冴えない男をやらせたら100点のポール・ダノ、逆にこれまでになかったヨゴレ役のダニエル・ラドクリフのコンビネーションがバッチリだった。途中若干ダレてしまう部分や最後の描き方も言いたいこと色々あるけど、楽しめました。これから部屋やトイレで一人でオナラするときこの作品を思い出しそう。笑えて切ないすげー変なファンタジー。
冒険もののパロディなんだろうけどわくわくも笑いもあって良かった!
とてもバカバカしい素敵な映画!
子供の頃にふれたグーニーズとか十五少年漂流記とかフックとかの高揚感を大人が改めて作ったみたいな感じで、今ちょうど楽しめる気がする。
はじめから笑っていいのか分からないようなシュールさが続く。その戸惑いも気づけば、映画館全体から漏れるクスクス笑う声に変わる。生と死を超えた不明瞭な友情の話かと思えば、家族や自己の在り方を問うシーンも。時間が進むにつれて、どんどん物語に魅了されていってしまう。不思議だ!面白かった!
chicohime

chicohimeの感想・評価

2.6
ここまでぶっ飛んでアホな映画もそうそう無い
ダニエルラドクリフは普通にしてても死体っぽいから素晴らしいキャスティング
ストーリーはエンディングが特に気持ち悪い
GOROTUKI

GOROTUKIの感想・評価

3.9
出た!2017年度!
見つけちゃった監督!
ダニエルズ監督!
因みに、アニメとグラフィック畑から
ダニエル・クワンと
コメディと演劇畑からダニエル・シャイナートがコンビを組んで結成したのが…
このダニエルズ(コンビ名)です!
では感想

この2人を一躍有名にしたのが
ミュージックビデオ!

まずは、
マンチェスター・オーケストラの
「simple math」↓
https://youtu.be/PaMiVDZu_T4

事故になった際の走馬灯が曲との相性抜群!
3.8スコア!

次は、
バトルスの「My Machines」↓
https://youtu.be/pkgQ88G8Hj8

永遠の蒲田行進曲!
ボーカルと楽器のインサートの
タイミングが面白い!助けてやれよ。
SXSW映画祭で
最優秀ミュージック・ビデオ受賞!
納得!4.0スコア!

次は、フォスター・ザ・ピープルの
「Houdini」↓
https://youtu.be/_GMQLjzVGfw

間違いなく本作の死体を動かす、着想はここのはず!3.8スコア!

続きまして、DJスネークとリル・ジョンの「Turn down for what」↓
https://youtu.be/HMUDVMiITOU

まさにダニエルズの才能が爆発したPV!
MTVアワード最優秀監督賞を受賞!納得!
本作のコンパスくだりは、これが着想だと思います!5.0スコア!

そしてラスト、
ファションサイト「DAZED DIGITAL」のコラボで短編「Interesting Ball」↓
https://youtu.be/_jb30gQcs1M

やりたいことやり過ぎじゃないかな?^_^
因みに、お尻に入る側と入られる側が
ダニエルズ監督お2人です。^_^

そんなこんなで
ダニエルズ監督にダニエル・ラドクリフくんも加わりダニエルトリオ面白かった!
『ハリーポッター』が代表作のラドクリフくん、ホウキで飛ぶより、
放屁で飛ぶラドクリフくん、
こちらが僕の新しい代表作です!^ - ^
るな

るなの感想・評価

3.5
テーマを深く読もうとすると深みにハマる感じの映画でした。
着地点が分かりづらかったかもしれません。
やってることはアホだけどテーマは切実……。無駄に音楽が良い。
>|