スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

スイス・アーミー・マン2016年製作の映画)

Swiss Army Man

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:97分

3.6

あらすじ

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しよ…

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しようと試みるのだが…。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか―!?

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

みん

みんの感想・評価

3.8
ダニエル・ラドクリフの代表作がハリーポッターからスイス・アーミーマンに変わってほしい👏笑

無人島で死を覚悟した時に目の前に現れた死体(ダニエル・ラドクリフ)は少し様子がおかしくてオナラを使ったジェットスキーになったり、サバイバルには万能で欠かせない相棒に…

うるっと来るシーンもあるのだけれど、そのまま泣くのを許してくれないくらい面白いです。今後は笑える映画としてこの映画を1番に上げたい!

内容とは裏腹に、画になる美しいシーンと爽やかな音楽

おふざけが過ぎるのに、愛おしくてしょうがない映画でした
まいく

まいくの感想・評価

3.5
終始突っ込みどころ満載だったけど、
色々とつまった素敵な映画だった。
ででん

ででんの感想・評価

3.4
まったく展開が読めなくて、最後までドキドキ?ハラハラ?して観れた。こんな映画観たことなかった…他にない新しさと情熱があった。くだらないことを全力でやりきるパワー!
Toppo

Toppoの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

クレイジーだった。けれど映像は美しく、生きること、孤独とか愛について考えさせられる内容でした。

印象的だったのが
「みんな少しは醜い、人はみんな醜いのかも。1人がそれでも平気だと言えば、みんな歌って踊り、オナラをする。寂しくなくなるのさ。」という台詞。

だれもが自分の醜さを隠して、どこか悲観的になっているのかも、支えてくれる人だっているし、あまり気にする必要もない。
もっと自由に生きてもいいのかな
と思える映画でした。
なん

なんの感想・評価

3.6
開始5分で声だして笑った
狂気
KEN

KENの感想・評価

3.8
良く分からなかったけど最後まで笑えて楽しかったです笑
終わり方も切れ味があっていい笑
中島

中島の感想・評価

3.3
設定が変わっていて、目を引いたので鑑賞。 奇妙なストーリー展開で進んで行くが、意外とテンポが良くて観れた!

このレビューはネタバレを含みます

漂流して自殺しようとしたハンクは死体(メニー)を見つける
腐敗ガスのおかげでジェットスキーみたいなメニーにのって無人島から脱出
メニーはしゃべるようになる
メニーをかついで故郷を目指す

片思いしてた人妻サラの庭に二人で到着する
最後はメニーにかつがれ

埋葬されたくないからとメニーを奪って海に逃げる
メニーはまた腐敗ガスをだしてひとりで海へ

……………………………

生死をさまよったハンクの幻覚なのかと思っていたら
本当にメニーは存在し
しかも生き返ってまた死んだのか?

最後に警察やハンクの父やサラ一家も見守るなかメニーは海に消えたし

サラが最後に「なんなの?」と言ったけど、まさにそんな感想w

なんだったんだろう
でもハンクを勇気づけたメニー
ふたりの関係
ジュラシックパークのテーマ
楽しかった

ダニエル・ラドクリフすごいw

死ぬのがこわいといったハンク
でもメニーを通して死ぬことがこわくなくなったのでは←メニーがこんなことを言っていた
>|