スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

スイス・アーミー・マン2016年製作の映画)

Swiss Army Man

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:97分

3.6

あらすじ

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しよ…

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しようと試みるのだが…。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか―!?

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

いにょ

いにょの感想・評価

3.9
2017年104本目。

これまでに自分が観た映画の中で最もシュール…!こーゆーの大好きです。本当アホらしいw ラストシーンは観客の爆笑に包まれてた。アホらしい内容なのに音楽がすげーステキw
gaku

gakuの感想・評価

3.3
万能過ぎる死体とのサバイバル。


こういうぶっとんだ設定の映画って観終わった後なんとも言えない気持ちになるんだけど、今回はわかりやすかった。


無人島から家に帰る。目的がほぼこの一点で終わるから。


後は死体の無駄なスキルであったり、それとなく生まれる友情であったり、、、



おもしろかったけど、予想の範疇を出ない映画でした。
masa

masaの感想・評価

2.5
【クリップ作品消化企画〜TUTAYAでレンタル 1/5】


劇場で観に行こうと思っていたけど、行かなくてホッとした(笑)

ある程度のストーリーを把握した上で、観てたけど中盤から展開が変わってしまってショックだった。

無人島にたった1人で彷徨う主人公が、海辺に男性の死体を見つける。

その死体から尋常じゃない量のガス(おなら)が発していることを知った主人公は、まるでジェットボートのこどく島を脱出する。

これがまだ冒頭シーン。
怪奇的な展開からの、個人的に好まない展開になっていく…。

ただ一つよかったのが、美術的作品が多数でてきて、一つ一つ可愛いいのと、観ていてまったく飽きない。

そこがただ良かった…ぐらいかな?(笑)
AyaIida

AyaIidaの感想・評価

4.0
死体のメニーは誰よりも生命力に溢れている。親友であるハンクに教えた事、きっとそれは社会で生きる意味。世間一般からしたら気持ち悪いと思われる事ばかりかもしれないが、今を楽しんでる彼らは生き生きとして見えました。時々声を出して笑う場面もあり、全体的にはロマンチックな映画でした。ダニエルラドクリフの死体の演技が良かった!!
死体とサバイバルするというこの発想を映画化した時点でこの映画は、勝ち。
バカをロマンチックに演出しやがって、ラストはファンタジー
lulu

luluの感想・評価

3.6
とんでもない設定でおもしろかった。最後は切ない。メニーの正体がとても気になったけど、結局、それには全く触れなかったなぁ。
まいく

まいくの感想・評価

3.5
終始突っ込みどころ満載だったけど、
色々とつまった素敵な映画だった。
ででん

ででんの感想・評価

3.4
まったく展開が読めなくて、最後までドキドキ?ハラハラ?して観れた。こんな映画観たことなかった…他にない新しさと情熱があった。くだらないことを全力でやりきるパワー!
Toppo

Toppoの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

クレイジーだった。けれど映像は美しく、生きること、孤独とか愛について考えさせられる内容でした。

印象的だったのが
「みんな少しは醜い、人はみんな醜いのかも。1人がそれでも平気だと言えば、みんな歌って踊り、オナラをする。寂しくなくなるのさ。」という台詞。

だれもが自分の醜さを隠して、どこか悲観的になっているのかも、支えてくれる人だっているし、あまり気にする必要もない。
もっと自由に生きてもいいのかな
と思える映画でした。
>|