スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

スイス・アーミー・マン2016年製作の映画)

Swiss Army Man

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.6

あらすじ

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しよ…

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しようと試みるのだが…。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか―!?

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

コウ

コウの感想・評価

3.8
地元では上映なかったので、Blu-ray字幕で初鑑賞。
シュールというかなんというか…まず発想がすごいw 多機能死体メニーくんを使ったジェットスキーとかサバイバルとかww
あとラドクリフくんの体当たりな死体演技がすごいw半ケツ多いw本人型取りして人形4体作ったそうで。

全般的に笑えるし下ネタが多いんだけど、社会に馴染めず自信もない青年ハンクと過去の記憶がない水死体のメニーとの友情物語としてしんみりする部分もある
記憶も常識的にもないからこそ純粋に疑問をぶつけてくるし真摯に向き合ってくれるし、ハンクにとっては親友以上になってたのに、社会に戻ってきた途端に奇異の目を向けられるという(そりゃそうだろうがw)

結局メニーくんとは何だったのか…空っぽだから、ハンクの記憶や想いを映し出す鏡のような存在? その辺ははっきりしないけど、とりあえずハンクの妄想オチでなくてホッとした…

ハンクの女装とかよっぱらっての大騒ぎとかすごく楽しかったし、水中でのキスシーン(人工呼吸?)は綺麗だった。音楽の雰囲気も独特ですき。
しかし人に進めるにはちょっと相手を選ぶ作品だなあと。
ポールダノの雰囲気とダニエルラドクリフの演技は流石。

海や島の映像は綺麗だし時折ハッとさせられる台詞回しもあったけれど今ひとつハマらなかった。期待し過ぎたか。
笑えるけど
下ネタに疲れてくる
ルビースパークスを観てポールダノ繋がりで観た作品。色々突っ込みどころ満載の下ネタ満載映画。二人の友情にちょっと感動もする。
鑑賞済み
お な ら ??(笑)ん??
てな、感じで始まって、、
なんだかアートな感じに、そして切なく、不思議な映画でした。
役者さんが、すごい!
hiroyuki

hiroyukiの感想・評価

3.0
なんでそうなるん!って突っ込みたくなるくらいよくわからん新感覚なファンタジー映画。笑
葵拓海

葵拓海の感想・評価

3.5
下ネタ満載ギャグ満載

ところが唐突に深い話や現実の非情を突きつけてくる

ジャケットのインパクトだけで借りたけど良い作品だと思う

ただし観る人を選ぶ作品ではある
usagi

usagiの感想・評価

4.5
ポールダノもダニエル(ハリーポッター)も別人過ぎて衝撃だったw 奇天烈な話過ぎてついていけない…と思っていたけど最後まで観てネタバレも観て、ようやく理解出来た。というか、内容どうこうより、こんな映画観たこと無さ過ぎて、どうやって撮ってるの…?ハリー、仕事選んで…となったけどB級ではない謎の完成度によりカルトファンタジーに仕上がっているこの映画が本当奇跡だったw ネタバレを分かってからもう一回観ると、全然違って見えそうなのでもう一回見たい w
田上

田上の感想・評価

4.2
こんな映画見たことない…笑

笑って泣ける良い映画だったと思う。
下ネタ満載で、終始汚くて下品だけど、とても便利な死体と不思議な友情が生まれていく過程が新鮮だった。

下品なとこも意気地なしなとこもブサイクで惨めなやつでも全部肯定してくれる人が1人でもいたら生きていける。
そういう絆がどれだけの勇気と希望をくれるのかを描いてる。

孤独になったときにはやっぱり肯定してくれる誰かが必要で、僕も他の誰かには肯定的でありたい。
そんなふうに思えるとても不思議な映画だった。素晴らしい。
>|