スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

スイス・アーミー・マン2016年製作の映画)

Swiss Army Man

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:97分

3.6

あらすじ

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しよ…

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しようと試みるのだが…。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか―!?

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

恥とか世間の目とか気にせず生きていけたらいいな。音楽も良かったけど、やはりポールダノ!萌えまくりの1時半だった。
無人島で遭難した主人公が十徳ナイフならぬ十徳死体のダニエル・ラドクリフを使って脱出を試みる映画。ハリーポッターのイメージが大きいダニエル・ラドクリフだが生尻(意外と毛が濃い)やゲロなど体を張った演技を見せてくれる。ポールダノとのエモい友情やオナラの推進力でジェットスキーになり口から日を吐き水を吐きあまりの便利死体っぷりに笑ってしまう。終盤の展開もよかった
タビ

タビの感想・評価

-
あかん😖
死体を便利グッズにしてしまう。
(違うかも知れないけど)
最初の場面で自分的にはアウトでした。乗り物ってなぁ。
この発想がもうダメ。
下ネタ大嫌いです😑
全くもって合わない🤷‍♀️
早送りでみたのでスコアつけれず😓
好き嫌いが分かれる映画なのかなぁ。
荒唐無稽な愛と友情の冒険劇。
ラドクリフくんの死に顔が素晴らしい。
イケダ

イケダの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ハンクが現実に戻ってきて他人のせいにして目を背けたきたことと向き合いはじめたところ、そして自分の住んでる圏内でメニーとファンタジー溢れるサバイバルをしていたことがわかった瞬間が1番苦しかった
サバ

サバの感想・評価

3.2
なんとも不思議な物語。
どこまでが本当でどこまでが妄想なのか?

途中まで、ファンタジー?コメディ?
な感じだったんだけど、終わりに近づいてくるとシリアスでなんだか考えさせられる。どう感想を書いていいのやら‥。

何があっても生きるということなのかな?
and

andの感想・評価

3.5
はじめてのジャンル!!笑
正直、観た直後に☆付けてたら4.5ぐらいだった笑笑
衝撃と爆笑でした(涙はない)
美大生も驚く主人公のスキルの高さ

こんな話初めて見た!この映画すごい!!!!

無人島に一つだけ持っていけるなら
ラドクリフ!十得ナイフよりも。

色んな解釈ができる。
精神疾患?って解釈じゃなくて夢のある冒険話として解釈したい!!

ありえない話すぎて初めは拒絶あるかもしれないがすぐ慣れる。そこから少しずつ
感動する方向に持っていかれる。
二回は見ないけど、いやーおもしろかった!
ラストは人生とかの真理をついてる発言があって痛いとこもあった。
これは映画って感じ!
この話作った人イカれてる!!他の作品も見てみたい。
シュールとしか言葉がでてこない、意味不明ながら深みのある一作。広義のゾンビ映画と言えなくもなし。

映画で聴く一生分のおならの99%をここで、しかもラドクリフ君で受信し候。
gaku

gakuの感想・評価

3.3
万能過ぎる死体とのサバイバル。


こういうぶっとんだ設定の映画って観終わった後なんとも言えない気持ちになるんだけど、今回はわかりやすかった。


無人島から家に帰る。目的がほぼこの一点で終わるから。


後は死体の無駄なスキルであったり、それとなく生まれる友情であったり、、、



おもしろかったけど、予想の範疇を出ない映画でした。
>|