スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

スイス・アーミー・マン2016年製作の映画)

Swiss Army Man

上映日:2017年09月22日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.6

あらすじ

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しよ…

無人島で助けを求める孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。いくら待てども助けが来ず、絶望の淵で自ら命を絶とうとしたまさにその時、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。ハンクは、その死体からガスが出ており、浮力を持っていることに気付く。まさかと思ったが、その力は次第に強まり、死体が勢いよく沖へと動きだす。ハンクは意を決してその死体にまたがるとジェットスキーのように発進。無人島を脱出しようと試みるのだが…。果たして2人は無事に家へとたどり着くことができるのか―!?

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

3.8
友だちから「すっごくおすすめ!」と言われ観に行って、なんか思ってたんと違う…!ってなったけど(笑)
これ前知識なしで観てたら、絶賛してたと思う!

ダニエル・ラドクリフはこんな役までやるのね。
いやはや、すごい役者さんやで(笑)
hiroyuki

hiroyukiの感想・評価

3.0
なんでそうなるん!って突っ込みたくなるくらいよくわからん新感覚なファンタジー映画。笑
葵拓海

葵拓海の感想・評価

3.5
下ネタ満載ギャグ満載

ところが唐突に深い話や現実の非情を突きつけてくる

ジャケットのインパクトだけで借りたけど良い作品だと思う

ただし観る人を選ぶ作品ではある
usagi

usagiの感想・評価

4.5
ポールダノもダニエル(ハリーポッター)も別人過ぎて衝撃だったw 奇天烈な話過ぎてついていけない…と思っていたけど最後まで観てネタバレも観て、ようやく理解出来た。というか、内容どうこうより、こんな映画観たこと無さ過ぎて、どうやって撮ってるの…?ハリー、仕事選んで…となったけどB級ではない謎の完成度によりカルトファンタジーに仕上がっているこの映画が本当奇跡だったw ネタバレを分かってからもう一回観ると、全然違って見えそうなのでもう一回見たい w
田上

田上の感想・評価

4.2
こんな映画見たことない…笑

笑って泣ける良い映画だったと思う。
下ネタ満載で、終始汚くて下品だけど、とても便利な死体と不思議な友情が生まれていく過程が不思議で新鮮だった。

下品なとこも意気地なしなとこもブサイクで惨めなやつでも全部肯定してくれる人が1人でもいたら生きていける。
そういう絆がどれだけの勇気と希望をくれるのかを描いてる。

孤独になったときにはやっぱり肯定してくれる誰かが必要で、僕も他の誰かには肯定的でありたい。
そんなふうに思えるとても不思議な映画だった。素晴らしい。
凛太朗

凛太朗の感想・評価

4.3
孤独に死す、故に孤独。

無人島に漂着し、孤独と絶望に耐えられなくなって首を吊ろうとした男ハンク(ポール・ダノ)と、そんなハンクが発見してしまった屁をこく多機能型土左衛門メニー(ダニエル・ラドクリフ)が織り成す、摩訶不思議青春サバイバルアドベンチャーコメディ。

多機能型水死体。
色んな用途に使えるツールナイフであるスイス・アーミーナイフからこのタイトルが付けられているわけですが、そもそも多機能な死体って何やねんと。またそれを演じるのが『ハリー・ポッター』のダニエル・ラドクリフって、もう最初から色々と発想が突飛すぎんだろと。物凄くシュール&下ネタ満載故、観る人を物凄く選びそうですが…。

個人的には謎の感動をありがとう!って感じで、凄く楽しむことができました。下ネタすらも美しく、或いは芸術的に見えてしまう不思議。
屁をこいたり、屁をこいた勢いでジェットスキー化したり、屁に引火したり、屁で高々と舞い上がったり、クソを踏みつけたり、ビンビンの男性器が行く先を指し示したり、マスがどーのこーのとか言ったりするわけです。それもダニエル・ラドクリフ演じる死体ことメニーと、孤独に苛まれ絶望に打ちひしがれるというか絶望が似合うポール・ダノ演じるハンクが。
一体何を見せられているのだろう?と思う間も無く、気がついたら魅せられてましたね。監督及び脚本の通称ダニエルズは天才か?と思いました。ポール・ダノ&ダニエル・ラドクリフの演技も凄いですけど。

これは一つの哲学的な映画だと思います。
大きなコンプレックスを抱え、自分に自信が持てず孤独に苛むハンク。
そこに現れたあり得な死体のメニーは、ハンクの願望の現れみたいなもんでしょう。
抑圧され鬱屈して溜まりに溜まった絶望はガスとなりオナラとなって解き放つ。
オナラは社会的には恥ずかしいことですから、オナラをするという行為は恥ずかしい自分を曝け出すという世間に対するカウンターなんだと思います。
密かに想いを寄せる女性に扮したハンクに対し、メニーがかける先っちょだけどーのこーとなどという言葉も、ハンクの願望でしょう。
そもそも何故にメニーは死体なのか。ハンクが心の底に押し殺してた感情だからじゃないですかね。

冒頭、孤独に死にたくないという文字が流れますけど、つまり首吊ろうとしたものの死にたくなかったからメニーは出てきたんじゃないかな。

終盤も大概ぶっ飛んでますけど、そこには謎の感動があり、恥を捨てたことによって孤独とおさらばしたんやなと思いました。

mannyという言葉はmale nannyの合成語で子守をする男の人という意味があるらしです。納得。
あと、単純にmany=多くのって意味とも掛けとんかなぁ。
frOm

frOmの感想・評価

3.1
ダニエルラドクリフじゃーん!てだけで借りた、適当
死体の演技がまじで死体
鼻歌が蚊の鳴くぷーーんて音にしか聞こえなくて耳塞いじゃう
どんな話かはまあまあ知ってたけどこんな下ネタ満載だらけとは知らんかった、あとまあまあ汚い
メニーにもしっかり心があった、嘘つかれるんは嫌よな、嘘ついた理由しょうもない
まじよく故郷帰れたな
まじめにオナラが鍵になりすぎてて笑う、人前でオナラすることを恥ずかしがるなというメッセージ性、そしてそれが人を笑顔にするならいいじゃないかというメッセージ性、、笑う、最後は達成してたけど
ミッ3PO

ミッ3POの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

良かったし何だこれ映画なんだけれどもそれ以上に引っかかる点がある。
それはハンクが街に戻っても独りぼっちだった点と以外と始まりの場所と街が近かった点だ。
余りにも引っかかる点が多いので以下の点を注意してまた近日中に観てみようと思う
例えばハンクがメニーを殺してしまって気が狂って街から森で生活をしていたら。
例えば出てくるアイテム全てハンクが用意したものだったら。
例えばハンクの本当の名前がメニーでメニーの本当の名前がハンクだったら。
メニーは下半身不随だが死んでいなかったら。
かめ

かめの感想・評価

4.0
ダニエルの新境地。死体役に違和感がないってすごくない??でもやっぱりちょいちょいハリー要素出てきて、途中からハンクがロンに見えてきて、あーもうダメだと思ったw
なんかすごいすごい、大切なこと言ってるんだと思うけど、オナラで全てが消え去るよね。二人だけの世界観にのめり込んでるシーンがすごく印象的。
bigson

bigsonの感想・評価

2.5
もうめちゃくちゃで笑えた(^w^)
ダニエル・ラドクリフの使い方ね‼️笑
ハリー・ポッターファン泣くぜ❗
結局何が伝えたかったの?友情?愛?オナラ?笑
>|