スイス・アーミー・マンの作品情報・感想・評価

「スイス・アーミー・マン」に投稿された感想・評価

motomi

motomiの感想・評価

4.0
これ面白いし、ラドクリフがこの映画出演を選ぶことも最高!!
ぐ

ぐの感想・評価

3.1
もっとアーミーナイフな話なのかと思いきや、葛藤や喜び、親との確執のような悩みに焦点がおかれていて、コメディよりもドラマ。

なんでもやるなぁダニエルラドクリフ、というのが率直な感想で尺に比べると、もう少しやりようがあったような。

ただ、映像、音楽についてはきっちりとテイストに合致。
下品な会話にファンタジー溢れる映像の対比もいいけど、もう少し壊れた感じがあったらよかったかも。
かず

かずの感想・評価

3.1
なんかよく分かんないけど圧倒された。
f

fの感想・評価

4.4
ダニエルの怪演が光る
chisa

chisaの感想・評価

3.4
無人島にひとり
孤独の極限
同じシチュエーションで
バスケットボールを
人の顔にして
語りかけ心の支えにしてた映画思い出したけどね
なんやこの映画…
おなら!
pero

peroの感想・評価

3.2
おばか映画と思ってら違った・・・
まさかの哲学系映画だった!!
人生とは常識とは何か的な。
まめこ

まめこの感想・評価

3.5
物言わないメニーにハンクが自らを仮託している事は、終盤ハンクが間違って「メニーさん」と呼びかけられているシーンを挿入してる事からも明らかですが。
メニーというもう1人の自分を立ててのひとりグループセラピーというか、認知行動療法の様相を呈し始めて、監督の心理状態が少し心配になりました。
しかも終盤の周囲の人々の蔑む視線のシークエンスはすごいですね。監督さんは露悪趣味というか、ドMかな。

歌でも小説でも映画でも、表現者が生み出した創作物はおしなべて彼らの中の澱なんだと思ってるので(喜劇悲劇問わず)、あそこまで直截に澱を吐き出してるスイスアーミーマン、私は好き。
あ、劇伴のセンスも素晴らしいし(ジュラシックパーク含め)、光のゆらぎの表現が美しいし、完全な出オチ設定かと思ったら最後までちゃんと引っ張る物語構成力もあるし、よくできてました。
何よりポールダノ子ちゃんすげぇ可愛い。
>|